元ライザップのトレーナーが解説します。

「これを飲むだけで痩せた!」とか、「これを着るだけで痩せる!」などという広告がSNSやネット上で氾濫していますが、これらは99%以上、嘘の広告です。

2019年~2020年に、虚偽広告で行政処分を受けた実例など6件 + 2つの情報を紹介します。



※その後、2020年に破産した
「金剛筋シャツ」の会社の情報なども追加してあります。


実例を見れば、ダイエット業界がいかに嘘の情報であふれているか、がわかります。


あなたやあなたの周りの人が、嘘のダイエット情報に騙されて、

お金を失わないために役立てば幸いです。


【追記】

2020年3月31日に、EMS機器の販売事業者4社に対し消費者庁が措置命令を出しました。↓


なおシックスパッドの会社は、4社には含まれていません。



SNSのダイエット広告は、1ヵ月目は500円などで安くても、解約が出来ないトラブルが相次いでいます。↓




↓3万以上請求されるようです。




■目次

↓こちらの通り、サプリ3件、グッズ3件、その他の情報2件を紹介します。

●1 ダイエットサプリで行政処分を受けた例
・「酵素で痩せる」根拠なし=消費者庁、販売5社に措置命令
・ビーボ「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】
・ダイエット食品で下痢=夏以降に被害訴え急増



●2 ダイエットグッズ行政処分を受けた例

・加圧シャツ「筋肉付く」根拠なし 課徴金4800万円
・「はくだけで痩せる」根拠なし=通販会社に措置命令
・「体に貼るだけでやせる」根拠なし 販売3社に措置命令


●3 その他の行政処分などの例
・「やせプログラム」「全国1位」根拠なし 接骨院MJG
・インターネットで購入した「ダイエット商品」を試したが、まったく効果がない

●4 まとめ
・そもそも効果的なダイエットサプリやダイエットグッズはあるのか?
・あるとすれば、どのようなものか?

・健康的に痩せる方法は?

著者の自己紹介


ライザップの元トレーナーで、六本木店やシンガポール店(立ち上げメンバーで駐在)などで約3年間勤務しました。


●現在は、↓これらの活動をしています。
・オンラインダイエットの指導
・豪華客船の中にあるフィットネスジムでのトレーナー
・法人・自治体・団体向けのダイエット・健康セミナー&トレーニング体験


●また、↓このようなスポーツの実績があります。
・筋肉番付の腕立て伏せ全国大会で準優勝。記録は1055回
・アームレスリング(腕相撲)の体重別の全日本大会で優勝
・『世界版SASUKE』こと、Netflixの『アルティメットビーストマスター』に日本代表メンバーとして出場


その他の詳しい経歴は、↓こちらの記事をどうぞ。



尚、↓こちらは、2019年の1月にグアムで撮った写真です。

もちろん、怪しいダイエットグッズだけでなく、サプリも使用していません笑


このあと本題に入ります。

タイトルだけで内容がわかりにくいものには、概要を引用しておきます。

1 ダイエットサプリで行政処分を受けた例

3例を紹介します。

1-1 「酵素で痩せる」根拠なし=消費者庁、販売5社に措置命令

2019年3月29日 時事ドットコムニュース

https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2019032900950&g=soc


酵素を含むサプリメントやドリンクを飲むだけで簡単に痩せられるような広告を出し、健康商品を販売したとして、消費者庁は29日、ジェイフロンティア(東京都渋谷区)など5社に景品表示法違反(優良誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。



酵素に関しては、以前、林先生の番組でも紹介していたことがあるので、

私も、↓このような記事を書いています。

1-2 ビーボ「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】

2019年4月18日:公表 独立行政法人 国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/recall/data/s-20190418_1.html


「本気でダイエットなら ベルタ酵素ドリンク 99%が、痩せています」、

「食べたい!でも太りたくない!そんなあなたにオススメ!」

などと記載することにより、本商品を摂取するだけで、本商品に含まれる成分の作用により、容易に痩身効果が得られると一般消費者が誤認するおそれのある表示を行っていました。


しかし、本商品は、毎日の食事を本商品に置き換えて摂取カロリーを抑えることでダイエット効果を得ることを目的としたものであり、本商品の成分が痩身を促す効果を有するものではありません。



これも酵素ですね。

当時はブームだったのでしょうね。

今でもまだ見かけますが。

1-3 ダイエット食品で下痢=夏以降に被害訴え急増

 2019年09月10日 時事ドットコムニュース

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091000133&g=soc


「脂肪をエネルギーに変えて痩せる」などとうたったカプセル状の健康食品「ケトジェンヌ」について、「下痢になった」などの健康被害が相次いでいるとして、消費者庁は9日までに、消費者安全法に基づき販売元の「e.Cycle」(東京都渋谷区)の業者名を公表し、注意喚起した。

全国の消費生活センターなどに4月以降、計89件の相談が寄せられた。特に7月から急増したという。



ただ痩せないだけならまだしも、

お金も騙されて、更に健康への被害にもあるというのは、

恐ろしいことですね。



※【追記】2020年3月19日のFNN PRIMEの記事↓

「飲めばやせる」で処分 消費者から相談相次ぐ

https://www.fnn.jp/posts/00434197CX/202003191942_CX_CX


「飲めばやせる」は根拠がないとして行政処分。

消費者庁は、「ダイエットをサポート」、「中性脂肪を分解」などと、あたかも痩身(そうしん)効果があるように表示していたサプリメント「ケトジェンヌ」について、合理的な根拠はなく、景品表示法違反にあたるとして、再発防止などを求める措置命令を出した。

「下痢になった」などの相談が、700件以上寄せられていた。



以前は、【注意喚起】だったのが、

今回は、【措置命令】という行政処分になったようです。


相談件数が大幅に増えていますね。

2 ダイエットグッズ行政処分を受けた例

こちらも3例を紹介します。

2ー1 加圧シャツ「筋肉付く」根拠なし 課徴金4800万円(金剛筋シャツ)

 2019/8/28 共同通信社

https://this.kiji.is/539364268638782561

シャツを着るだけで圧力によって体が「痩せる」「筋肉が付く」とうたう広告は科学的根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たると指摘していた。





※追記。2020年3月。

破産して、ヤフーニュースに載りました↓


【続報】痩身効果等を標榜する「金剛筋シャツ」を販売していたGLANd、破産

3/25(水) 10:30配信  帝国データバンク




2ー2 「はくだけで痩せる」根拠なし=通販会社に措置命令

2019年09月20日 時事ドットコムニュース

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092001058&g=soc


着用するだけで著しい痩身(そうしん)効果が得られるかのようにうたった女性用下着には根拠がないとして、消費者庁は20日、通信販売業「トラスト」(東京都新宿区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。


2018年5月の発売以降、全国の消費生活センターなどに約300件の苦情が寄せられたという。



苦情の電話をした人だけで300件ということは、

実際にお金をだまし取られた人は、軽く1000人以上いて、

もしかしたら、1万人以上もいたかもしれないですね。

2ー3 「体に貼るだけでやせる」根拠なし 販売3社に措置命令

2019年11月29日 朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASMCY5Q7GMCYUTIL03H.html


3社は遅くとも今年4月以降、パッチ型のダイエット用品に関し「貼るだけカンタン」「へそに貼るだけでくびれが出現!」などと自社のホームページに掲載し、短期間で著しい痩身(そうしん)効果があるかのような表示をした。

消費者庁は3社に表示の裏付けとなる資料の提出を求め、提出された資料を調べたが、合理的な根拠がないと判断したという。



こんなもので痩せるわけがないのですけどね(^^;)

3 その他の行政処分などの例

2例を紹介します。

3ー1 「やせプログラム」「全国1位」根拠なし 接骨院MJG

2019年11月18日 19時34分 朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASMCL5W4GMCLUTNB00X.html?iref=pc_rellink_01


全国で接骨院を展開する「MJG」(東京都、木崎優太社長)が自社ホームページで説明した「やせプログラム」の施術効果などに根拠がないとして、埼玉県は18日、景品表示法違反(優良誤認)で違反の事実を公表し、同社に取り消すよう命じた。





芸能人が広告に使われているからと言って、

簡単に信用してはいけないですよね。


↓こちらは、以前私が書いた参考記事です。




【※追記】

この会社は、2020年4月10日に約44億円の負債を抱えて破産し、

4月22日には、↓このような記事がありました。(niftyニュース)

【44億円破産のMJG、社長の金銭感覚に問題か】


コロナの影響は、あまり関係無さそうですね。

3ー2 インターネットで購入した「ダイエット商品」を試したが、まったく効果がない

独立行政法人 国民生活センター 身近な消費者トラブルQ&A

http://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2014_34.html



もし、騙されてしまった人がいたら、

独立行政法人 国民生活センターのサイトを見たり、

問い合わせてみるのも良いと思います。



ダイエットサプリやダイエットグッズで、嘘の情報が多い理由は、↓アフィリエイトの功罪です。

4 まとめ

4-1 そもそも効果的なダイエットサプリやダイエットグッズはあるのか?

「これだけ飲めば痩せる!」 というサプリや、

「装着するだけで痩せる!」

なんていうダイエットグッズは、

現時点では?、存在しないですね。



もし存在したら、ライザップやコナミ、カーブスなど

世の中のスポーツジムが軒並み、閉店していきます笑




もちろん、ダイエット目的ではなく、運動が目的の人も一定数はいますが、

それでも半分以上の店舗は、閉店するでしょうね(^^;)




よくSNS広告であるような数百円~数千円で、

飲むだけや、装着するだけで痩せる物が登場したら、


これだけSNSやインターネットが発達しているので、

広告ではなく口コミだけで、爆発的に短期間で広まります。



そして肥満や、肥満から来る様々な生活習慣病による医療費の高騰は、世界的な大問題なので、

もし登場したら、大ニュースになるでしょうね。



もちろん、「お腹に巻くだけで痩せる」などと一部で思われている
EMSの電気の機械だけでシックスパックにもなりません。


↓他の、飲むだけ、乗るだけ、着るだけ、なども、やはり痩せません。

4-2 あるとすれば、どのようなものか?

あえて効果があるサプリを挙げるなら、

【運動することによって体脂肪燃焼が促進されるサプリ】

くらいですね。


具体的には、アミノ酸やBCAA、プレワークアウトという物などです。

でも、もちろんこれらも、【ただ飲むだけで運動をしなければ】、

ほぼ無意味ですけどね。

健康的に痩せる方法は?

きつくなく痩せたい人は、

↓この3点を実践すれば、結構な確率で痩せることが出来ますよ。



1 食べたものを全てと、毎日の体重と体脂肪率を、紙かスマホに記録する。


2 食事の時に、毎回食べ物を口に入れるたびに、箸を置く。

そして、口の中に入れたものが、かなり小さくなり自然に飲み込めるようになるまでよく噛んで、しっかりと味わって食べる。


3 食べること以外のストレス発散になる趣味を見つける・把握する。
食べることでのストレス発散をやらない。



↓こちらに、より詳しいやり方を書いています。



あと大事なことは、食事そのものの栄養バランスです。


↓この記事を読むと、健康・ダイエットのための栄養バランスが良い食事がわかります。




もしこれらをやっても、自分1人で痩せられないなら、

あとは、プロの手を借りるのが良いと思います。



パーソナルジムだと数十万円もしますが、


令和の最新ダイエットである、オンラインダイエットなら、↑この1割以下で済むこともあります。


↓私が指導したオンラインダイエットで痩せた方のビフォア・アフターです。




詳しくは、↓こちらをどうぞ。