多くのサイトは、「効果が無いのか?」と思わせておいてから、
「実は効果があるから、買うと良いですよ」

とシックスパッドなどEMSの購入を促していますが、

これは、アフィリエイトの販売手数料が目的の記事で、よく使われる手法です。


アフィリエイトの功罪を知りたい方は、↓この記事を読むとわかります。

ダイエット業界に嘘の情報が多い理由とは? アフィリエイトの功罪、真偽の見分け方は?



今回の記事では、

シックスパッドなどのEMSをぶった切るだけで、

購入を促すことは、一切しません笑

でもグーグルの広告の種類は、

私が選ぶことは出来ないので、

そこでシックスパッドの広告が出てくる可能性はありますが笑



シックスパッドをぶった切ると言っても、

シックスパッドが嘘をついている、というわけではありません。

実はシックスパッドでは、

「痩せる」

とは言ってないですからね。

そのようにミスリード(意図的に誤解させること)は、

しているのでしょうけどね。

シックスパッドだけで、シックスパックになるのは、

不可能です。

なぜなら、シックスパックになるには、

腹筋を鍛えるよりも、

体脂肪を減らすことの方が重要だからです。

腹筋を鍛えても、

【お腹の周りの脂肪が、優先的に燃える】

という部分痩せは、ありません。


詳しく知りたい方は、↓こちらをご覧ください。

痩せるために腹筋をするのは無意味!ダイエットで部分痩せはできない!



【追記】

2020年3月31日に、EMS機器の販売事業者4社に対し消費者庁が措置命令を出しました。↓

スレンダートーンやバタフライアブスの会社に行政指導。EMS販売事業4社に「根拠なし」と消費者庁が措置命令。


なおシックスパッドの会社は、↑この4社には含まれていませんが、
だからと言って、「痩せる」ということではありません。



後述しますが、

体脂肪を減らすために最も重要なことは、

食事改善です。


残念ながら世間の人が、

勝手に?騙されている、

とも言えますね。

「情報弱者」や「情報格差」などという言葉が生まれてしまっている通り、

情報の増えすぎと、商業主義の行き過ぎで、

「正しい情報をつかむことが難しい時代」になってしまいましたが、

シックスパッドが、その代表例とも言えます。

著者の自己紹介

私はライザップの元トレーナーで

六本木店や、

シンガポール店(立ち上げメンバーで8ヵ月間の駐在)

などで、約3年間勤務しました。



●現在は、↓これらの活動をしています。
・オンラインダイエットの指導
・豪華客船の中にあるフィットネスジムでのトレーナー
・ダイエット・健康セミナーの講師

●また、↓これらの経歴があります。
・『筋肉番付』の腕立て伏せ全国大会で準優勝。記録は1055回。
・アームレスリング(腕相撲)の体重別の全日本大会で優勝。

・『世界版SASUKE』こと、Netflixの『アルティメットビーストマスター』に日本代表メンバーとして出場。

↑これは『アルティメットビーストマスター』の時の写真で、一緒に写っているのは日本版の司会をしていた元AKBの秋元さんです。

その他の詳しい経歴は、↓こちらの記事をどうぞ。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介


尚、↓こちらは、2019年1月にグアムで撮った私の写真です。

もちろん私は、

シックスパッドなどのEMSは一切、使っていません笑


では本題に入っていきます。

なぜシックスパッドで痩せないのか?

痩せるためには

食事と運動が大事なことは、

多くの人に知られています。

ただ、その重要度の割合が

食事9割、運動1割

くらいであることは、

ほとんど知られていません。

↓そのようなタイトルの本も大ヒットしています。


私は本を読む時に、↑このように大事な箇所に付箋を貼っています。




多くのダイエット本は、

「〇〇だけ!」などと煽っていますが、

ほぼ効果が無く、

読む価値も無い本ばかりです。

しかし、この本は数少ない、

おススメのダイエット本です。

ライザップで痩せるのも食事によるもの!

世間的なイメージでは、ライザップで痩せるのは、

ハードな筋トレによるもの

だと思っている人が多いようですが、

これは間違いです。

実は、ライザップで痩せる要因もやはり、

食事9割、運動1割 くらいの割合で、

食事の方がずっと重要です。

ライザップに通う多くの人は、

トレーニングを、1週間に50分×2回やるだけです。

いくらパーソナルトレーニングでも、

これだけで痩せるわけがありません。

でも食事報告は毎日、3食全てです。

ライザップで痩せるのは、食事改善によるものです。


そもそも、

もしトレーニングだけで痩せるなら、


ライザップが登場(2012年)する前から、

フィットネスジムは、いくらでもありましたが、

ジムだけで痩せた人は、かなり少ないですよね?


ジムで痩せなかった人も、ライザップでは痩せたので、

ライザップの登場から、わずか3年後頃には、


日本で知らない人がいないほど、

一気に有名になりましたね。


そもそも運動だけで痩せるのは、

かなり難しいことです。

体脂肪1kgを落とすにはフルマラソンを5回~6回!

フルマラソン5回分ということは、約200㎞です。

1ヶ月で200㎞なら、

毎日、約7kmを走るか、


3日に2回のペースで、

1回あたり10㎞を走れば達成ですが、

簡単ではないですよね。

しかも、最近メンタリストDAIGOさんも言っている通り、

ランニングをすると、食事量が増える人が多いです。


【運動で痩せるのは、非常に難しい】

ということが、わかってきたでしょうか?


もっと詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

ランニングやウォーキングの消費カロリーは? 体脂肪1kg減にはフルマラソン5回!?

シックスパッドの矛盾点1 運動器具

シックスパッドの公式サイトを見ると

実は、プッシュアップバーや、ケトルベルなどの

トレーニング器具も扱っています↓






ちなみにプッシュアップバーとは、

腕立て伏せを、より効率よくやるための器具です。

電気を流して、巻いているだけでトレーニングが出来る、

という、うたい文句のEMSは、

最近は、お腹に巻くタイプの物だけでなく、

足の裏に電気を流す物や、


胸の筋肉に電気を流すタイプも販売されています。↓



もし、この胸を鍛えるEMSの効果が高いなら、

なぜ、プッシュアップバーも販売しているのでしょうかね?

ちなみにプッシュアップバーでの腕立て伏せは

とてもおススメで、

↓私もこのような記事を書いています。

腕立て伏せの効果的なやり方を筋肉番付の腕立て準優勝者(記録1055回)で、元ライザップのトレーナーが解説。ベンチプレスよりプッシュアップバーがお勧め!


そして私も、

シックスパッドのプッシュアップバーを買いました↓


↑右下のパッケージの真似をしています笑


使い勝手は、とても良いですね(^^)

シックスパッドの矛盾点2 EMSのジム

実はシックスパッドの会社では、

トレーニングジムも出店しています。

2019年11月に

国内3店舗目のジムが赤坂にオープン、

とのことです。↓



もしシックスパッドだけで、

自宅にいながら、

テレビを見たりしているだけで

お腹が割れるなら、


ジムに行く必要は無いですよね?

矛盾を感じてしまいますよね。

↓ネットで「矛盾」と検索したら出てきた、おもしろ画像?です笑


↑同じ著者による本です。

何があったのか気になりますね笑



↑男性向けだと、売れ行きが良くなかったのでしょうかね



ちなみに、2018年3月5日に放送された『名医のTHE太鼓判』で、

EMSのジムが紹介されていました。


結論は、「実際に歩く方がメリットが多い」

ということです。


詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をどうぞ。

EMSやEMSジムの効果はある?元ライザップのトレーナーが解説

シックスパッドを使うなら、どんな人?

リハビリ用

そもそもEMSは、

運動が出来ない人のために、

リハビリ用として作られたものです。



とあるダイエットの本には、

「EMSで筋肉は疲労するけど、脂肪を落とすホルモンは分泌されない。」

と書かれています。


つまり、

健康で運動ができる人なら、

【EMSに頼るよりも、実際に運動する方が良い】

ということです。

実用的ではない?

日ごろから歩いている人は、

寝たきりになりにくく、

年齢を重ねても歩くことが出来ます。

実際に歩く時には、

沢山の筋肉複合的に使われています↓




実際に使われている筋肉は、

↑ここに書いてある種類だけでなく、


全身の80%以上の筋肉が使われています↓


↑日本ダイエット健康協会の資料です。


人間の筋肉は600以上もあります。


EMSで脚に電気を流しても、

ほんの一部の筋肉だけに

わずかの刺激があるだけです。

歩くことや運動が可能な人は、

実際に運動する方が良いということは、

明らかですよね。


先ほども紹介した番組でも、

EMSのジムに通ってはいるけど、


普段ほとんど歩かないバービーさんに対して、

↓医者が実際に歩くことを奨していましたね。

まとめ

結論は、

シックスパッドなどのEMSは、

怪我や病気で運動が出来ない人、

などでなければ、

効率が悪いので、お勧めはしない

ということになります。



↓こちらは2018年2月号の『家電批評』という雑誌の記事です。


【EMSはトレーニング機器ではなくリハビリ用。EMSでは痩せない。】

というコメントが載っていますね。


ちなみにこのコメントをしている人は、

藤田にこるさんや、ダレノガレ明美さんなど、

有名芸能人ご用達のジムの代表です。


そして私と同じく、元ライザップのトレーナーで、

面識もあります。



また2020年3月21日の『gooニュース』には、
RIZAPトレーナーの教育長の方が


「一定の効果はある」としたうえで、

↓このように解説しています。


EMSに頼りすぎず、自分の意思で筋肉を動かすということも大切です。
少し難しい話となりますが、脳から“身体を動かす”という指令が出ることで、ようやく筋肉は動きます。
この指令が高齢になると鈍ることがあります。



とのことですが、

実はライザップでもEMSを販売しているので、
忖度をして、このような言い方になっているのだと、
私は思っています。



記事がいつまでもあるとは限らないので、
↓スクリーンショットを載せておきます。




忖度せずにストレートに言えば、


・実際に運動する方が良い
・EMSだけでは効果がかなり低い

ということですね。

米国食品医薬品局(FDA)もEMSの効果を否定

FDAは、EMSがもたらす健康被害について注意を喚起する、

↓以下のようなメッセージを公表しています。


・正式な認可を受けた機器以外は、命にかかわる危険がある。

・認可された機器でも、痩せたり、お腹の筋肉がムキムキになったりすることを示すデータは存在しない。

・未認可の機器を使い、火傷、あざ、皮膚の痛みなどが生じたという訴えが多い



↓英語ですが、情報源です。

https://www.fda.gov/medical-devices/consumer-products/electronic-muscle-stimulators

最新版(2017年12月公表)



また2020年6月26日付けのプレスリリース(記事?)で、↓このようなものがありました。





【通常のEMSの48億倍のパワーで、は30分で「腹筋運動2万回」】とのことで、

2万を48億で割ると、

【通常のEMSは、30分で「腹筋運動0.00000417回」に相当する運動効果】

と判明しました笑


シックスパッドやスレンダートーンなど、

どのEMSがこの記事で指す【通常のEMS】に含まれるのかは、

私にはわからないですが、

誰かが嘘をついていることになりますね笑


あと記事のタイトルからすると、【過度ではない食事制限】は必要とのことで、ここは正直なんですね。


でもたった【3分で腹筋2千回分の運動】になるので、食事制限も一切いらないと思いますが笑


なお「GLP-1ダイエット」や「メディカルダイエット」と呼ばれる方法も、一切お勧めできません。↓

GLP-1ダイエットを元ライザップのトレーナーが勧めない理由とは? 医師会も注意喚起する痩せ薬、メディカルダイエット?

ではどうするか? ダイエットや食事編

もしダイエットや、

シックスパックになることが目的なら、

栄養の知識や、食事の方法を学びましょう。

お金に余裕があれば、

パーソナルトレーニングジムに通って、

学ぶのも良いですね。

前述の通り、

【ライザップは食事指導で痩せるジム】

であり、


他の多くのパーソナルトレーニングのジムで痩せるのも、

食事によるものです。


ただパーソナルトレーニングジムの費用は、

一般的な所で、20万円~40万円程です。


コスパが良く、食事を学ぶなら、

パーソナルジムの1割~2割の費用で済む

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導で痩せた方の画像です。


費用や内容など、詳しくは、

↓こちらをご覧ください。

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザップの1割の費用でこの結果】とは?



もし費用を一切かけずに、

痩せたいのであれば、


せめて時間と労力をかける必要はあります。


シックスパッドの例でわかる通り、

検索で上位表示されるサイトは、


アフィリエイトの販売手数料が目的のものが

大部分を占めていますからね。




無料で正しい食事の知識を段階的に学び、習慣化するには、

↓こちらの「7週間ダイエット」がお勧めです。

7週間(習慣)ダイエット。一生リバウンドしない7つの習慣とは?

運動はどうすれば良いのか?

まずお勧めなのは、

普段の生活で、

車や、エレベーター、エスカレーター

などを使うのを減らし、

歩く、階段を使う、自転車を使う

などを増やすことです。

不定期のジム通いよりも、毎日の階段の方が痩せる

という研究結果もあります↓

林修の今でしょ!講座で「不定期のジムよりも毎日の階段の方が痩せる!」と紹介。オンラインダイエットのすすめ。


また痩せるだけでなく、

鍛えたいという人には、

↓こちらのプリズナートレーニングがお勧めです。


忙しい人でも、自宅で器具なしでも、

効果が高いトレーニングが出来ます。

自宅トレーニングの決定版『プリズナートレーニング』をライザップの元トレーナーが解説! 究極の自重トレ? 片手懸垂&片足スクワットの実践動画!




この自重トレーニングの方法を学んで、

身につけることは、

EMSよりも効果が高いし、

コスパもずっと良いです。


↓私のTwitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

https://twitter.com/armsendai


↓もしここにシックスパッドの広告が出ていても、Googleの広告の内容は、私が選ぶことは出来ないので、あしからず笑