多くのサイトは、アフィリエイト販売の手数料が目的で、「効果が無いのか?」と思わせておいてから、
実は効果があるから、シックスパッドの購入を促している、

というものですが、

この記事では、

ただシックスパッドをぶった切るだけで、

もちろん、購入を促すことも一切しません笑

でもグーグルアドセンスの広告の種類は、

私が選ぶことは出来ないので、

そこでシックスパッドの広告が出てくる可能性はありますけどね。

●この記事の目次は、↓こちらです。

1 なぜ痩せないのか?
2 シックスパッドの矛盾点1
3 シックスパッドの矛盾点2
4 シックスパッドを使うなら、どんな人?
5 まとめ


シックスパッドをぶった切る、と言っても、

別に、シックスパッドが嘘をついている、

というわけではありません。

実はシックスパッドでは、

「痩せる」

とは言ってないですからね。

そのようにミスリード(意図的に誤解させるようなこと)させようとは、してるんでしょうけどね。

シックスパッドだけで、シックスパックになるのは、

ほぼ不可能です。

シックスパックになるには、

腹筋を鍛えるよりも、体脂肪を減らすことの方が重要だからです。

残念ながら?、世間の人が、

勝手に?騙されている、

とも言えますね。

情報弱者とか、情報格差という言葉が生まれてしまっている通り、

情報が増えすぎたのと、商業主義の行き過ぎで、

正しい情報をつかむことが、難しい時代になってしまいましたね。

自己紹介

ライザップの元トレーナーで、六本木店やシンガポール店(立ち上げメンバーで8ヵ月間の駐在)などで、約3年間勤務しました。


●現在は、↓これらの活動をしています。
・オンラインダイエットの指導
・豪華客船の中にあるフィットネスジムでのトレーナー
・法人・自治体・団体向けのダイエット・健康セミナー&トレーニング体験
・仙台で出張パーソナルトレーニング

●また、↓これらの経歴があります。
・筋肉番付の腕立て伏せ全国大会で準優勝。記録は1055回。
・アームレスリング(腕相撲)の体重別の全日本大会で優勝。

・『世界版SASUKE』こと、Netflixの『アルティメットビーストマスター』に日本代表メンバーとして出場。

↑これは『アルティメットビーストマスター』の時の写真で、一緒に写っているのは日本版の司会をしていた元AKBの秋元さんです。

その他の詳しい経歴は、↓こちらの記事をどうぞ。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介



尚、↓こちらは、2019年1月にグアムで撮った私の写真です。

もちろん私は、

シックスパッドなどのEMSなどは、

一切、使っていません笑

また2019年10月に撮影した

腕立て伏せのやり方を紹介した動画も、

この記事の中で紹介しています。


では本題に入っていきます。

1 なぜ痩せないのか?

痩せるために大事なことは、食事と運動であることは、

多くの人に知られています。

ただその割合は、

食事9割、運動1割 くらいです。

↓そのようなタイトルの本も大ヒットしています。


多くのダイエット本は、

「〇〇だけ!」などと、

ほぼ効果も無く、

読む価値も無い本ばかりですが、

この本は、珍しくおススメのダイエット本です。

ライザップで痩せるのも食事によるもの!

世間的なイメージでは、ライザップで痩せるのは、

ハードな筋トレによるものだと、

勘違いしている人も多いようですが、

実は、ライザップでもやはり、

食事9割、運動1割 くらいの割合で、

食事の方がずっと重要です。

ライザップに通う多くの人は、

トレーニングは1週間に50分を2回やるだけです。

いくらパーソナルトレーニングでも、

これだけで痩せるわけがありません。

でも食事報告は、毎日、3食全てです。

ライザップで痩せるのは、食事改善によるものです。

そもそもトレーニングだけで痩せるなら、

ライザップが登場する以前も、

いくらでもフィットネスジムがありましたよね?

そもそも運動だけで痩せるのは、かなり困難です。

体脂肪1kgを落とすには、フルマラソンを5回~6回走る必要がある!

詳しくは、↓こちらの記事をご覧ください。

ランニングやウォーキングの消費カロリーは? 1kgの体脂肪を減らすためにはフルマラソンを5回分も走る必要がある?

フルマラソン5回分で、約200㎞ですね。

頑張ってコツコツやって、1回に10㎞を

3日に2日のペースでやれば

1ヶ月で、200㎞を走ることになりますが、

誰でも出来ることではないですよね。

最近は、メンタリストDAIGOさんも言ってる通り、

ランニングをすると、食事量が増える人も多いし、

とにかく、運動で痩せるのは非常に難しいことです。

2 シックスパッドの矛盾点1

シックスパッドの公式サイトを見ると、

プッシュアップバーや、ケトルベルなどの

トレーニング器具も扱っています。





ちなみにプッシュアップバーとは、

腕立て伏せを、より効率よくやるための器具です。

電気を流して、巻いているだけでトレーニングが出来る、

という、うたい文句のEMSは、

最近は、お腹に巻くタイプの物だけでなく、

胸の筋肉や、足の裏に電気を流すタイプも販売されています。

もし、この胸を鍛えるEMSの効果が高いなら、

なぜ、プッシュアップバーも販売しているのでしょうかね?

ちなみにプッシュアップバーで腕立て伏せをするのは、

とてもおススメで、

↓私もこのような記事を書いています。

腕立て伏せの効果的なやり方を筋肉番付の腕立て準優勝者(記録1055回)で、元ライザップのトレーナーが解説。ベンチプレスよりプッシュアップバーがお勧め!

3 シックスパッドの矛盾点2

シックスパッドでは、トレーニングジムも出店しています。

2019年11月に、国内3店舗目のジムが赤坂にオープン、

とのことです。

家でテレビを見ながら、お腹に巻いてEMSで電気を流すだけで、

トレーニングが出来るなら、

そもそもジムに行く必要が無いですよね?

おそらくは、

ジムに行ってトレーニングをする方が、より効率よく鍛えられる、

ということなのでしょうが、

矛盾を感じてしまいますよね。

↓ネットで、「矛盾」と検索したら出てきた、面白画像?です笑



4 シックスパッドを使うなら、どんな人?

そもそもEMSは、

運動出来ない人のために、リハビリ用として作られたものです。

健康で運動ができる人なら、

EMSに頼るよりも運動する方が良いですね。

日ごろから歩いている人は、

年齢を重ねても歩くことが出来ます。

歩くには、沢山の筋肉が複合的に使われています。

EMSで脚に電気を流しても、ほんの一部の筋肉に、

わずかの刺激があるだけです。

極端な話ですが、もし日頃から一切歩かずに

EMSで部分的に筋肉に刺激を与えていても、

年齢を重ねたら、歩くことが困難になってきますね。

歩くことや運動が可能な人は、

実際に運動する方が良いのは明らかですよね。

5 まとめ

結論は、

シックスパッドに限らずですが

EMSは、

怪我で運動出来ない人、などでなければ、

効率が悪いので、お勧めはしない、

ということになります。

ではどうするか? ダイエットや食事編

もしダイエットや、

シックスパックになることが目的なら、

まずはとにかく、

食事の方法を学びましょう。

お金に余裕があれば、

パーソナルトレーニングジムに通って、食事を学ぶのも良いですね。

でもコスパが良く、食事を学ぶなら、

↓オンラインダイエットがベストですね。

元ライザップのトレーナーから見た『各社オンラインダイエットの比較・効果・口コミ・おすすめ・ランキング』



もし費用を一切かけずに、

食事のことを学びたいのであれば、

↓私のブログの【ダイエットやトレーニング】のカテゴリーの、過去の記事を読み込むのも、お勧めです。

https://tabiarm.com/?cat=217

正しい食事の知識を身につければ、

下手なダイエット食品や、ダイエット器具に騙されなくなり、

無駄な出費をしなくて済むようになります。

では運動はどうすれば良いのか?

まずお勧めなのは、

↓忙しい人でも、自宅で器具なしでもトレーニングが出来る、プリズナートレーニングです。

『プリズナートレーニング』をライザップの元トレーナーが解説! 究極の自重トレ? キャリステニクスとは? 効果、感想、評価、口コミ、片手懸垂&片足スクワットの実践動画!



あとは、普段の生活で、

エレベーターやエスカレーター、車などを使わずに、

階段や、歩くこと、自転車を使う

などというのもお勧めです。

↓この記事にある通りですね。

林修の今でしょ!講座で「不定期のジムよりも毎日の階段!」そして『パーソナルトレーナーが教えるジムに行くのはおやめなさい』オンラインダイエットのすすめ



あとは食事と同じく、

私のブログの【ダイエットやトレーニング】のカテゴリーの、

↓過去の記事を読み込むだけでも、有益な情報が沢山出てきますよ。

https://tabiarm.com/?cat=217

他には、最近NHKでも推奨している、

↓【生活トレ】も、お勧めです。





これらの自重トレーニングの方法を学んで、

身につけることは、

EMSよりも効果が高いし、

コスパもずっと良いですよ。