【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年10月3日にBS朝日の『たけしの家庭の医学』で紹介された

↓【筆記表現法】について、私の見解を加えて紹介します。


今回は再放送で、元々は2018年6月に放送されたものです。


筆記表現法は、不眠解消やストレス改善の効果が期待でき、

更にはダイエットへの効果も考えられます。


↓私の経歴です。

不眠は健康寿命に大きな影響を与える

・寝付けない

・夜中に目が覚める

・早朝に起きてしまう

など様々な不眠の症状に悩まされている人が増えています。↓


↑十分な睡眠がとれていないと

・心臓病などによる死亡の危険性2.4倍

・がん細胞の増殖率約2倍

などと、健康寿命に大きな影響を与える恐れがあります。

不眠の原因はストレス

中高年に最も多い不眠の原因は、

ストレスとのことです。↓


ストレスの影響で不眠になり、

不眠が酷くなると、それがまたストレス増加になる・・・

という悪循環におちいる人も多いです。


不眠を解決する方法で、紙とペンを使うだけで出来る

【筆記表現法】を紹介していました。


グーグルで検索すると、このように出てきました。↓

筆記表現法のやり方

ストレスと感じたことを寝る前に書くことで、ストレスが軽減されます。


注意点として、

「精神疾患などがある方は、必ず実施前に医師や臨床心理士にご相談ください」とのことです。↓


↑イギリスのオックスフォード大学で行われた研究では、

不眠に悩む14名が3日間で、寝つきが良くなったそうです。


寝つきに入る時間が、検証前は40分だったのが、

検証後は14分になりました。


ちなみに【入眠時間は、早いほど良い】ということでもありません。


「私はいつも一瞬で、どこでも眠れる」

などと自慢げに話す人もいますが、

これは睡眠負債がたまっていて、

逆に健康状態が良くない、という可能性もあります。


↓関連記事です。


筆記表現法のコツは、

ストレスを客観的に見つめ直すことです。↓


↑ストレスを感じた出来事を思い出すだけでなく、

心の中で整理し、15分ほどかけてじっくり書くのが良いそうです。


もちろん15分というのは、あくまで目安で、

その日によっては、もっと短くて良いでしょうけどね。


また、書いた紙を破ったり、丸めて捨てたりしても良いとのことです。↑

なぜ筆記表現法はダイエットにも良いのか?

ストレスも睡眠不足も、ダイエットの大敵だからです。

↓ストレスホルモンと呼ばれる物質がいくつかあります。


代表的なストレスホルモンは、↓コルチゾールです。


↑「代謝が制御される」と書かれていますね。

またストレスによって、食事量が増えてしまう人も多いです。


睡眠時間が短いと太っている人が多い、という統計データもあります。↓


そして睡眠不足は、食欲を増します。↓


ストレスを軽減したり、

睡眠不足の改善や、睡眠の質を上げることによって、

食事量が減ったり、代謝が活性化(正常化)されて、

ダイエットに良い影響が出ます。

代謝を活性化すると消費カロリーが増える

ダイエットのために重要な、

1日の消費カロリーの大部分は、基礎代謝が占めています。↓


↑運動の割合は、わずかなものです。


そして基礎代謝の内訳で多いのは、↓内臓です。


↑筋肉(骨格筋)の割合は、わずか22%です。


【ダイエットには運動が最重要】

と思っている人が多いですが、これは間違いです。


食事改善や、代謝を活性化させることの方がずっと重要です。


それなので、睡眠やストレスの改善が

ダイエットに繋がるということです。

まとめ

・睡眠の不具合は健康寿命を縮める

・ストレスが睡眠の不具合をもたらす

・筆記表現法でどちらも改善できる

・睡眠やストレスの不具合は太りやすい

・改善すると代謝が活性化されて痩せやすくなる

などというのが、この記事のまとめです。


↓関連記事です。


最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず食事改善も運動も、

【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



この記事の中で、睡眠とストレスの改善が大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。