【元ライザップのトレーナーが解説】

【カロリーだけを見る】のも【糖質量をただ制限する】のも、どちらも無意味なので、
【どちらが優れているか?】を論じるのも無駄なことです。

糖質制限とカロリー制限は、
【双方の中身を分解して考え、それぞれの人の状況によって、良い部分を組み合わせて取り入れる】というのが、痩せるための正しい姿勢です。

ひとことで言えば、どちらがより効果があるかは【人による】ので、【双方の良い所どりをしましょう】ということです。

そして、それぞれの中身を正しく分解して考えることが大事です。

私の経歴は、↓こちらをご覧ください。

カロリーだけを見ても無意味な理由

同じカロリーの食事でも、↓これらの要因で、太るか痩せるかが変わってきます。

栄養バランスやNCレート、食べる時間と3食の割合、食べる順番、よく噛むこと、など。

↓この画像を見れば【カロリーだけを見るのは無意味】ということがわかりますよね?

最も大事なことは、カロリーの質と栄養バランスです。

また食べる時間と3食の比率や、よく噛むことと食べる順番も大事です。

朝食後と夕食後のインスリンの働きには、明らかな差があります↓

よく噛んで食べると、インスリンの働きや血糖値に良い変化があります↓

ベジファーストならぬ「おかずファースト」をするのも、同じカロリーでも良い影響があります↓

おかずを5分以上かけて、先に食べると良いとも紹介していました。↑

これらのことから、どう見ても【カロリーだけを見るのは無意味】ということがわかりますよね?

より詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

単なる糖質制限も無意味!

糖質制限も、糖質の質・中身が大事で、制限のレベルも人それぞれで幅が広すぎます。

それなので、ひとくちに「糖質制限」を論じるのも、やはり無意味です。

分解して考えてみましょう。


●糖質の質・中身が大事

例えば、同じ【糖質100g】だとしても、甘いジュースで【糖質100g分】と、玄米で【糖質100g分】とでは、太りやすさは全く違いますよね?

穀物など複合炭水化物から糖質を摂るのと、精製された甘い物から摂るのとでは、含まれている栄養素も体への影響もまるで違ってきます。


●タンパク質と脂質も大事

【同じ150gの白米】を食べるにしても、一緒に食べるおかずの【タンパク質や脂質の量や質】によって、太りやすさが変わってきます。

もちろん【ビタミンやミネラル、その他の栄養素がどのくらい含まれているか?】の影響も大きいです。

糖質だけを見るのは、本当に無意味ですね。


●糖質制限のレベルも人それぞれ違う

1日の糖質量を20g以下にするなどの極端な糖質制限から、緩やかな糖質制限まで、様々な方法が提唱されています。

しかし、まず極端な糖質制限はお勧めしません。

最新の研究では、糖質の割合が50%~55%だと、死亡率が最も低いとのことです。↓

またロカボが提唱している、↓こちらの量も1つの目安になります。

【1日の摂取糖質量の目安は、70g~130g】

内訳↓

朝食で20g~40g
昼食も20g~40g
夕食も20g~40g
間食で10g

先ほどの「糖質の割合が50%~55%だと死亡率が最も低い」という研究結果があるので、↑この量は、最低限の量とするのが良いと思います。

糖質減か脂質減か状況別の改善方法

糖質制限とカロリー制限の【どちらが優れているか?】を論じるのは無意味なので、

【双方の中身を分解して考え、それぞれの人の状況によって、良い部分を組み合わせて取り入れる】というのが答えです。



↓いくつかのパターンでの例を挙げておきます。


●パンだけ、おにぎりだけ、カップラーメンだけ、などという糖質メインの食事が多い人は、

おかずを増やして、タンパク質や食物繊維、良質な脂質を摂るなど栄養バランスを整える必要があります。

↓参考の記事です。

●元々、ラーメン&チャーハンセットや、焼きそばパン、お好み焼き定食など、糖質を多く摂っている人は、
栄養バランスを良くすることに加えて、糖質量を減らすのが有効です。


●揚げ物や脂質が多いスイーツなどが好きな人は、オメガ6の脂質を減らして、オメガ3の脂質を増やすのが良いです。

「オメガ3」と「オメガ6」の割合を
【1:1】~【1:2】 にするのが理想なのですが、

日本人の多くは【1:10 以上】となるほど、オメガ6を摂りすぎているそうです。

やはりポテトチップスやドーナツなどのお菓子には、オメガ6が多く含まれていますね。↓

↓参考の記事です。

●甘い物も脂っこい物も、両方とも好きな人は【デブ味覚】になっているので、

よく噛んで、しっかりと味わい、ゆっくり食べることから始めるのが良いですね。

↓参考の記事です。

まとめ

・同じカロリーでも、中身の栄養素が大事
・同じカロリーでも、食べ方やタイミングが大事
・単なる糖質制限も無意味
・糖質の質が大事
・複合炭水化物からか精製された甘い物からか
・極端な低糖質は死亡率が高いという研究結果がある

などがこの記事のまとめです。


リバウンドせずに健康的に痩せるには、今回の記事でお伝えしたように、正しい情報を知ることが重要です。

そして本当のダイエットは【一時的にだけ頑張って体重を減らすこと】ではなく【太っている生活習慣】を【痩せたままでいる生活習慣】に変えることです。

そのためには、↓こちらの『7週間ダイエット』がお勧めです。

あまり手間をかけずに、個別に教わりたいという方には、オンラインダイエットがお勧めです。

↓こちらは、私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。


ダイエットのためには【食事9割、運動1割】という程、食事の方がずっと重要なので、オンライン指導だけでも痩せることが出来ます。

↓このようなタイトルの本もあり、私がライザップで指導してきた経験からも、食事の方がずっと重要だと断言出来ます。


またオンラインダイエットでは、大手パーソナルジムの1割~2割の費用で、痩せるための方法を実践しながら学ぶことが出来ます。

オンラインダイエットの詳細や、費用、申込み方法などは、↓こちらの記事をご覧ください。

-10kg以上の成功も続出!LINEで受けるNo.1ダイエット指導─プレズ<Plez>