痩せない「〇〇だけダイエット」(飲む、巻く、乗る、着る、履く、塗る、単品)痩せない理由とは?

【元ライザップのトレーナーが解説】

2021年6月22日に「肌に塗るだけで痩せる」と宣伝していたボディクリームの販売会社が措置命令を受けました。

↑TBS系列のNスタで紹介していました。

朝日新聞DIGITALでも取り上げました。↓
『塗るだけで痩せる、根拠なし 消費者庁が措置命令』2021年6月22日18時

このクリームは1本6000円だったそうですが、騙されて買ってしまう人も一定数いるものなんですね。

「塗るだけ」で痩せないのは当然なのですが、他にも数多くある1つの「〇〇だけ」で痩せない主な理由は、↓この3点です。

・ダイエットは総合評価
・ダイエットには【食事9割、運動1割】
・ダイエットは結局、栄養バランス

私の経歴は、↓こちらをどうぞ。

誰にでも効くダイエット法は存在しない

ダイエットは総合評価であり、人によって状況や痩せるポイントが全く違います。

総合評価とは、複数の要素が関係しているということですね。

食事に関してだけでも、内容、量、食べるタイミング、食べ方、など全てが大事なので、
ただ単に「食べなければ良い・量を減らせば良い」というものではありません。

そしてダイエットに効果がある要素は【食事9割、運動1割】なので、特に運動系の「〇〇だけダイエット」で痩せることは、困難で効率が悪いです。
(運動自体は、健康のためにはコツコツと継続することは、とても有意義です)

また食事と運動以外でも、睡眠、ストレス、水分、入浴、NEAT(非運動性熱産生)などの様々な要素も重要です。

「〇〇だけダイエット」という一見、簡単そうに見える方法にすがる、その思考がある限り痩せることは出来ません。

↓まさしく、この漫画の通りですね。

もし「〇〇だけダイエット」の良い部分を、いくつも組み合わせるのなら、痩せることは可能です。

極端なことでなく、良い習慣を組み合わせてまとめたものが、↓こちらです。

2020年8月3日付のヤフーニュースで、
【誰にでも効くダイエット法が存在しないことが明らかに!】という記事が配信されました。(記事は既に削除されてます)

記事のポイントは、↓この4点だと思います。

・学術誌『ネイチャー・メディシン』に掲載された研究によって、完璧なダイエットは存在しないことが明らかになった。

食べ物に対する反応は人それぞれなので、自分に合った食事プランを立てる必要がある。

ある人にとってヘルシーな食生活の構成要素となっている食べ物が、他の人にとっては不健康な要素になり得る。

・個人に合わせた栄養学はまだ比較的新しい概念であり、さらなる研究が必要

飲むだけで痩せるサプリは無い

少し前によく見た「飲むだけで痩せる」と宣伝している代表的な物は、鍛神HMB、ファイラ、王妃のめぐみ、酵水素などでしょうか。
(入れ替わりが激しいので、既に存在しない物もあるかもしれません。)

SNS広告や、未だにテレビCMでも見ますが、どれも「飲むだけ」では痩せません。

一応テレビCMでは、↓このように【飲むだけでは痩せない】という主旨の説明文を載せていますが、物凄く小さな文字ですね。

↓別の商品のCMですが、やはり拡大しないと読めないですね(笑)

YouTubeやSNSの広告ではこれさえも無く、詐欺(まがい?)の物が非常に多いです。

飲むだけで痩せる、という嘘で行政処分を受けているサプリや、ダイエットグッズは、どんどん増えています。↓

↓この画像は、消費者庁のサイト内にある景品表示法というページの『消費者の皆様へ(健康食品の表示について)(平成26年6月)[PDF:714KB]』からの一部です。

「飲むだけで痩せる」などという嘘の宣伝をしているサプリによる被害(金銭的にも、健康面でも)が多いので、消費者庁が注意喚起をしています。

○○だけで痩せる方法・物が登場したら?

もし本当に登場したら、↓これらのような世の中の動きが出てくると思われます。

・他の「〇〇だけダイエット」が消滅する。

・ライザップをはじめとするパーソナルトレーニングジムも、一般のジムも閉店が相次ぐ。
(どちらもダイエット目的ではなく、筋肉増量や運動自体が目的の人もいるので、一定数は残ります。)

・病院の肥満外来が無くなる。
・世界の、肥満による医療費の問題が解消される。

肥満による医療費は、世界的な問題です。

これらのように世界的に社会への影響が大きくて、ノーベル賞ものの大発明ですね。

また、もし登場したら最初は、おそらく高額な費用になると思うので、まずメタボの社長さん達が皆痩せてきたら、他の人も期待を持ち始めて良いと思います(笑)

ちなみに私がライザップに入社したのは、1号店がオープンした2012年の約1年後ですが、当時、通っていた方は経営者が多かったですね。

嘘の〇〇だけダイエットが次々登場する理由

それはダイエットグッズやサプリを製造、販売する企業が儲かるからです。

また特にインターネットで嘘のダイエット商品が多い理由は、アフィリエイトや企業案件による収入が目的で、企業以外にも実際に稼いでいる人がいるからです。

↓この図がわかりやすいですね。

↓この画像は、先ほども紹介した消費者庁のサイト内にある景品表示法というページの「その話、本当? アフィリエイト広告ってなに?」[PDF:2.7MB]に載っているものです。

「飲むだけで痩せる」などという嘘の宣伝をしているサプリによる被害(金銭的にも、健康面でも)が多いので、消費者庁が注意喚起をしています。


サプリだけでなく多くの「〇〇だけダイエット」も、このアフィリエイトの仕組みによって検索で上位表示されるようにしています。

より詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

1ヵ月に3kg以上減るダイエットは失敗?

体脂肪が減る速度は、世の中の人が思っているよりもずっと遅いです。

短期間の体重増減は、ほぼ水分によるもので、体脂肪は減っていません。

アスリートのように毎日、数時間の運動でもしていなければ、1ヵ月で体脂肪が減るのは1kg程度で、良くても2kgくらいです。

それなのに多くの人は、1食抜いたり、少し運動したくらいで、1日で1kg減などを求めますが、とんでもない大間違いです。

もし1日に0.1kgの体脂肪が減ると、1ヶ月で3kg減なので、これはかなり良いペースです。

また3日に0.1gの減少でも、1ヵ月で1kg減です。

これが1年続くと12kgの減少なので、これも凄いことです。

この事実を知っていれば、「これを飲むだけで、1ヵ月で●㎏も痩せた!」という、嘘の広告に騙されることはありません。

なおアミノ酸など、運動前に飲むと減量効果が、ほんの少し?増加する期待が持てるサプリもありますが、まずは、栄養バランスが良い食事をすることの方が最重要です。

その次に、運動する習慣や、日ごろの活動代謝を高めることの方が重要です。

「ダイエットにはまず運動」 は間違い

「明日からダイエットする! だからジムに通う! 」
もしくは、
「毎日ランニングする!」

などという人は、その前にまず食事改善をする方が良いです。

例えば、音楽大学の受験勉強で、最重要なのは音楽の勉強ですよね?

「ダイエットのためにまず運動!」という人は、
「音大受験のために、まず数学! とか、
「まず体育!」というのと同じことです(笑)

そもそも【巻くだけ、乗るだけ、着る(履く)】だけのインチキ【三大〇〇だけダイエット】は、どれも「何もせずに運動したことになる」とうたっている物ですね。

しかしこれらのグッズを使うことで、実際に運動することの健康効果を得る事は出来ません。

しかも、そもそもダイエットには【食事9割、運動1割】というほど、ダイエットにおいて運動の重要度は低いです。

↓この本のタイトルの通りです。

私がライザップで約3年間トレーナーをしていた経験などからも、ダイエットには【食事9割、運動1割】と断言できます。

ランニングやウォーキングで体脂肪1kgを燃やすには、フルマラソン5~6回分の距離を走る(歩く)必要があります。↓

※なお健康のためには運動は、とても重要です。

エセ運動の【三大〇〇だけダイエット】

効果が無い、エセ運動「三大〇〇だけダイエット」は、【食事9割、運動1割】の、
たった1割の部分に焦点をあてていて、そもそも痩せることが期待できないし、更に誇大表現が酷過ぎます。

例えば、ダイエットに必要な要素100%のうち、運動というだけで「10分の1」の10%に減り、

嘘の運動グッズ「〇〇だけ」によって、更に「10分の1」の1%になるようなものですね。
(実際の運動の10分の1の効果も無いですが)

これでは、痩せるわけがありません。

「三大〇〇だけ」は、怪我や病気で運動出来ない人がやるなら無意味ではないですが、
運動できる人は、実際に運動する方がずっと効果が高いです。

でも【食事9割、運動1割】ですけどね。

なお体脂肪率やBMIが低い人ほど、更に良い体型にするためには、運動の重要度が高まっていきます。

それでも最大で【食事5割、運動5割】くらいまでだと思います。

↓体脂肪率の目安です。

出典:pokonpokon.com

また体脂肪率やBMIが標準より大幅に多い人なら、膝を痛める恐れなど運動に支障をきたすこともあるので、
まずは【食事10割】だけで、動きやすい体を目指すのが良いですね。

巻くだけダイエット

いわゆるEMSというもので、代表的な物は何といってもシックスパッドですね。
(EMSは、「Electrical Muscle Stimulation(電気筋肉刺激)」の略)

ライバル商品?のスレンダートーンや、バタフライアブスなどは、2020年3月に措置命令を受けています。

シックスパッドも、怪我や病気で運動が出来ない人でなければ、実際に運動する方が100倍くらい?の効果があると思われます。

詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

乗るだけダイエット

巻くだけと同じで、怪我や病気で運動出来ない人でなければ、実際に運動する方が、100倍くらい?の効果があります。

もし乗りながら運動するのだったら、良いですけどね。

詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

着る(履く)だけダイエット

「〇〇だけ」の中でも、これは特に効果が低いですね。

これまで同様、実際に運動するのが良いです。

ちょっと前にSNS広告でよく見た【金剛金シャツ】は、既に行政処分を受け、業者も破産しています。

最近の広告でよく見るのは、ボクサープレス、SASUKE、マッスルプレスなどですね。

なお加圧シャツだけでなく、着圧(加圧)レギンスも、同様に痩せません。

詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

「〇〇だけ」の単品ダイエットは栄養が偏る

バナナダイエットやリンゴダイエットなど、様々な単品ダイエットがありましたが、一食を単品だけにするのは栄養バランスが崩れるのでやらない方が良いです。

元々、栄養価が低い物を大量に食べていた人が、一食を単品に置き換えれば、ある程度は体重が減っていきます。

でも筋肉も落ちる可能性が高いです。

そして食べる量を減らすだけのダイエットは、食事を元に戻せば体重も戻っていきます。

しかも体重は同じでも、以前より筋肉が少なく体脂肪が多い、という痩せにくい身体・体質になることが多いです。

↓関連記事です。

「ダイエットは、結局食べなければ痩せる」とか「ダイエットは、結局カロリー収支だよね」というのは、浅はかで間違った考えです。

「ダイエットは結局、栄養バランス」 が正解です。

「カロリーだけを見るのは無意味」というのは、↓これを見ると一目瞭然ですよね。

詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧ください。

まとめ

SNSやテレビの広告で「〇〇だけダイエット」を見て、購入を検討していた人は、無駄な出費をせずに済みそうでしょうか?(笑)

参考まで、数少ない効果がある「〇〇だけダイエット」も紹介しておきます。

効果がある「〇〇だけダイエット」とは?

それは、「噛むだけ」と「測るだけ」です。

噛むだけダイエットは、満足感、満腹感を高め、食後の血糖値にも影響します。

その結果、食べる量が減り、また味覚が正常化されるメリットもあるなど、効果が高くてお勧めです。

「測るだけ」のレコーディングダイエットも、正しくやれば食事内容を見直すことになり、結果的にダイエット効果があります。

詳しくは、↓こちらをどうぞ。

↑この2つの効果がある「〇〇だけダイエット」を含めた、7つの痩せる為の習慣をまとめたものが、記事の最初の方にも紹介した↓こちらです。

●世界中どこでも出来るオンラインダイエット

私は2017年から、オンラインダイエットの指導をしています。

↓こちらは、私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

大手パーソナルジムの1割~2割の費用で、毎日、食事などの指導を受けて、実践しながら痩せていくことが出来ます。

オンラインダイエットの詳細や、具体的な費用などは、↓こちらをご覧ください。

↓Twitterでもダイエット情報を日々発信しているので、フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。

-10kg以上の成功も続出!LINEで受けるNo.1ダイエット指導─プレズ<Plez>