【元ライザップのトレーナーが解説】

代表的な「〇〇ダイエット」の1つに、バナナダイエットがあります。

『朝バナナダイエット』の本が出版されたのは、2008年3月です。↓

↑私が実際に読んだ本の画像です。


バナナダイエットは、

【大昔に流行ったもので、今でもやってる人はいない】というイメージでしたが、

調べてみると、未だに多くの人が実践しているようで驚きました。↓


確かに痩せる人も一定数はいますが、基本的にお勧めのダイエットではありません。


この記事のポイントは、↓これらです。

・元々の食事が酷い人は痩せる

・具体的には、夕食が多く、朝食抜きの人

・夕食を早めにして減らし、朝に何かを食べると痩せる

・バナナである必要は無い

・タンパク質も摂るのが良い

・バナナだけだとリバウンドする


↓私の経歴です。

朝バナナダイエットとは?

出版のきっかけは当時、流行っていたSNSミクシィです。

(日本でFacebookが流行る前です。)


2006年7月にミクシィ内に「朝バナナダイエット」のコミュニティが開設されました。


朝バナナダイエットの3つのコンセプトは、↓こちらです。

・我慢しない

・お金をかけない

・時間をかけない


ダイエットは、歯を食いしばって頑張ってもリバウンドするだけなので、

コンセプト自体は悪くないですね。


↓参考の記事です。


バナナダイエットのやり方は、↓こちらです。

・朝食にバナナを食べる

・本数は何本でもOK(よく噛んで、よく味わう)

・バナナの気分でない時は、他の果物でもOK(でも1種類にする)


驚いたことに、バナナでなくて構わないとのことです!!

バナナダイエットに、バナナは関係ない!

よくあるバナナダイエットの記事には、

「バナナには、ビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維・・・などが豊富なのでダイエットに良い・・・」

などと書かれています。


しかしこれは、完全に的外れで、本質を見抜けていません。


本で、バナナ以外のことで推奨しているのは、↓こちらです。

・飲み物は水。こまめに飲む。

・昼食は、普通に食べてOK。

・夕食は早めに食べる。出来れば18時など。遅くても20時まで。

・スイーツは、夕食後のデザートよりも3時のおやつで食べる。

・日付が変わるまでに寝る。


↑この中で特に、↓この2点が重要です。

・夕食を早めに食べること

・スイーツは、夕食後に食べない


朝バナナダイエットで痩せる人もいる【本当の要因】は、↑これです!

朝バナナで痩せるのは、元々の食事が酷い人

私は、ライザップ勤務時代に100人以上を指導し、

その後も、オンラインでダイエット指導を200人ほどにしてきました。


ダイエット指導を受ける前の多く人の食事には、

↓このような特徴があります。

・夕食の時間が遅い・量が多い

・朝食抜き、又は少ない

・早食い


これを改善するだけでも、かなり多くの人が痩せて健康になり、睡眠の質も上がります。


もし、元々【夕食の時間が早くて量が少なく、朝食をバランスよく食べている人】が、

朝バナナダイエットをしたら、逆に太るだけです。


↓関連記事です。

朝食で果物単品だけなのは危険

本にも書いてあった通りで、バナナである必要はありません。


ただ、朝バナナダイエットの本では、

【朝は単品だけ】食べることを勧めています。


理由は、

・消化吸収の時間を短くしたいから

・午前中は胃腸を休めたいから

とのことです。


これは誤った考え方です。


胃腸を休ませるには、

夕食を就寝3時間~4時間前くらいに終えて、よく噛んで食べていれば充分です。


これで、夕食~翌朝の食事まで、10時間~12時間くらい空きます。


なお、これ以上空けると、デメリットが大きいです。↓

朝バナナは、現代型栄養失調になる!

確かに、単品だけでも食べるのは、朝食抜きよりは良いです。

でも朝食が果物単品だけだと、現代型栄養失調になる可能性が高いです。


2020年9月の放送された『健康カプセル』という番組では、

タンパク質不足によって、

・筋肉量低下

・要介護状態になりやすい

などのリスクが起こることを指摘していました。


筋肉が減ると、基礎代謝量も減り、

益々、太りやすく・痩せにくい体になるので、ダイエットにも良くないです。


元々の食事が酷い人や、肥満度が高い人は、

確かに、朝バナナダイエットで、ある程度は痩せます。


しかし続けていると、徐々に筋肉も減ってしまい、

結局はリバウンドに繋がります。


↓関連記事です。

朝にタンパク質も摂ることが重要

タンパク質が不足すると、先ほどの筋肉量低下だけでなく、

↓これらのデメリットも起こり得ます。


・爪がもろくなる

・抜け毛が多くなる

・お肌のツヤやハリが無くなる

・トレーニングを頑張っても効果が出にくい

・体内に水が溜まりむくみやすくなる

・貧血

・免疫力低下

・疲れやすくなる


朝バナナダイエットは、やらない方が良いですね。


↓関連記事です。


なお【月曜断食】というダイエット(もどき)をしている人もいますが、

これもお勧めできない方法です。


月曜断食の特徴は、↓これらです。

・毎週、断食をする

・毎日の朝食は、フルーツとヨーグルトだけ


毎週の断食も必要ないですし、朝食でタンパク質や栄養不足になります。

これでは、朝バナナダイエットと同様に、筋肉が減り、

現代型栄養失調になり、リバウンドするだけです。

まとめ

冒頭にも、ある程度は書きましたが、

↓これらがポイントです。


・元々の食事が酷い人はバナナダイエットで痩せる

・具体的には、夕食が多く、朝食抜きの人

・バナナである必要は無い

・夕食を早めにして減らし、朝に何かを食べることが最重要

・朝にタンパク質を摂らないと、筋肉が減り、結局リバウンドする

・現代型栄養失調で、病気にもなりやすい


あと、朝バナナダイエットの本で推奨していて、

ダイエット全般的に良い点は、↓これらです。

・よく噛んで、よく味わって食べる

・水をこまめに飲む

・我慢しない

・食事を記録する


なお糖質を減らし過ぎるのは良くないので、バナナを時々食べることはOKです。

また旬の時期の野菜を食べるのも良いことです。

バナナばかりを食べるより、栄養バランス的にずっと良いですね。



最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば、ほとんど無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

バナナダイエット以上に、【筋肉が減る】ので、

リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



この記事の中で、【よく噛んで食べること】が大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、


オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。