肉だけダイエットは効果なし! 結局リバウンドする! チャンありがとう

【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年10月14日の『それって!?実際どうなの課』で、

「3日間、肉だけを食べ続けると実際どうなる!?」

という企画を紹介していました。↓


また12月の放送では、【豚肉だけ】【鶏肉だけ】でも、

同様の検証をしていました。


ちなみに8月には、

【ゆでたまごは、食べても摂取カロリーゼロ?】

というネット上の噂を検証しています。↓


結論から言うと

毎回、体重は減っていますが、これは単に、

・水分
・体内に貯蔵されていた糖質
・胃腸の残留物

などで減っただけです。


つまり体脂肪は、ほぼ減っていないので、

【痩せた】のでは、ありません。


もし長期間続けると、病気になるだけなので、やってはいけません。

そして、やめると体重は、すぐ元に戻るだけです。


↓私の経歴です。

「肉はいくら食べても太らない」は嘘!

「肉はいくら食べても太らない」

と思っている人も多いようですが、これは間違いです。


私がライザップでトレーナーを始めた、2013年頃でも、

「肉などに含まれるタンパク質も、食べ過ぎたら太る」

と話していました。


よほど運動量が多い人でなければ、1日のタンパク質量は、多くても

「体重 × 1.5g」 くらいまで、にしておくのが良いですね。


60㎏の人なら90g くらいが上限ということです。

↓詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

3日間 肉をいくら食べても太らないか検証

今回の番組では、

「3日間 毎日肉を2kgずつ食べても太らないのか?」

を検証していました。


サーロイン2kgを、3食に分けて食べます。↓


↑運動でエネルギーを消費しないように、

出来るだけ、じっとしていたそうです。


ちなみに、「ダイエットのためには、ササミが良い」

というイメージを持っている人が多いですが、

ササミばかりを食べるのは、やらない方が良いです。


肉によって、含まれているビタミンの種類が違うなど、

栄養に違いがあります。


それなので、ひとくちに肉と言っても、

牛、豚、鶏など、様々な肉を食べる方が良いです。


そして例えば、牛肉を食べるにしても、

様々な部位を食べる方が良いです。


↓関連記事です。

毎日2kgの肉だけを食べた検証結果は?

体重は、94.3kgから93.4kgになり、

3日間で0.9kg減りました。↓


しかしこれは、【痩せた】のではありません。

「痩せる」の正しい意味は、体脂肪が減ること

冒頭にも書いたように、体重が減ったのは、

ほぼ【水分】によって、一時的に減っただけです。


本来の『痩せる』の意味は、【体脂肪が減ること】なので、

今回、水分減少で体重が減ったことを

【痩せた】というのは間違いです。


500mlのペットボトルを飲んだら、体重は0.5kg増えます。

「これを0.5kg太った」とは、言わないですよね?


また、就寝前に体重を測っておき、

起床後にお手洗いに行って、体重を測れば、

0.5kg~1kgくらい減っています。


これを痩せたと言わないですよね?


番組では、体重が減った原因は、不明と紹介していました。↓


しかし減った理由は、ごく簡単な原理によるものです。

減った体重は、糖質と水分!

詳しく言えば、水分だけでなく、

【体内に貯蔵されていた糖質】も減っています。


【糖質1gと水分3gは、くっついて体内から出入りする】

という性質があります。


個人差がありますが、

体格が良い人なら、500gくらいの糖質を体内に蓄えています。


ということは、500gの糖質が体内から無くなると、

付随して1.5kgの水分も体外に出ていきます。


これだけで2kgの体重が減りますが、

体脂肪は減っていないので、痩せたのではありません。

また糖質と水分をとれば、すぐ元の体重に戻ります。


詳しくは、↓こちらをどうぞ。

テレビのダイエット企画は、ほぼ参考にならない

ほとんどのダイエット企画では、

被験者は、標準体重より大幅に太っています。


このような人達は、普段から糖質を大量にとっているので、

体内糖質が満杯まで蓄えられていることが多いです。


その状態で、今回のような、

糖質を摂らない(又は少ない)食事をすれば、

体内の糖質と水分で、2kg~3kgくらいは簡単に減ります。


つまり、【被験者が太っていれば、ほぼ何をしても痩せる】と言えます。

↓関連記事です。


よくある「〇〇ダイエット」で、

〇〇に単品の食べ物が入るダイエットは、

どれも長期的には痩せません。


しかし太った人がやれば、

一時的には、体重が減ることはあります。

極端なダイエット方法は危険

ダイエット目的の断食、炭水化物カット、断糖など、

極端な方法がいくつもありますが、

これらを安易にやってはいけません。


今回の番組でも、↓このように注意を促しています。


↑ここにある通り、栄養が偏るため、

結局はダイエットにも、健康にも良くありません。


今回の実験は、肉しか食べないという極端なもので、

不健康になるリスクが高いことは、誰でも容易に想像できると思います。


ちなみに、もしこの実験を更に継続すると、

すぐに体重の減りは止まり、停滞すると思います。


チャンさんは肥満体型で、おそらく日常の食事が太りやすい内容なので、

もしかしたら、もう少し緩やかに減り続けるかもしれません。


でもその後も続けたら、栄養の偏りで、

体調不良や、何らかの病気になるでしょうね。


なお「金森式 断糖高脂質食」というダイエット(もどき)では、

糖質を摂らず、牛脂を食べることを勧めています。


確かに、一時的には体重が減っている人もいますが、

ほとんどの人は長期的に続けることは出来ず、リバウンドします。


またTwitterで体験者を見ていると、

体調不良になって、やめている人も多いです。


↓参考記事です。

リバウンドするたびに筋肉が減り、健康寿命が縮む

世の中にあふれている極端なダイエットも、

今回の肉だけを食べるのと、同じ結果になりやすいです。


一旦は体重が減る

   ↓

筋肉も減り、体調の不具合が出てくる

   ↓

元の食事に戻す

   ↓

リバウンドして同じ体重になるが、以前より筋肉や代謝量が減り、体脂肪が増えている

   ↓

将来寝たきりになるのが早まる

・・・というのが、リバウンドの恐怖です。


このような間違ったダイエットを繰り返している人は、

↓これらのデメリットが起こります。


・痩せることが益々難しくなっていく

・骨粗鬆症のリスクもドンドン高まる

・健康寿命が短くなっていく


詳しくは、↓こちらをご覧ください。

痩せるために最重要なのは栄養バランス

ダイエットが上手くいくためのキーワードは、

・栄養バランス

・食材の多様性

・食物繊維

などです。


栄養バランスを良くするために、わかりやすくてお勧めなのは

「まごわやさしい」の食材を意識して食べることです。↓


ま:豆類

ご:ゴマ類、ナッツ類も

わ:わかめなど海藻類

や:野菜

さ:魚など魚介類

し:しいたけなどキノコ類

い:いも類


↓関連記事です。

豚肉でも、鶏肉でも同じ!

その後、

12月2日の放送では、【豚肉だけ】を、

12月23日の放送では、【鶏肉だけ】で、

同じような検証をしていました。↓


↑どちらも、牛肉の時と同じく、

体重は、【一時的にだけ】減っていますが、

ほとんどが【水分と体内糖質】で減ったものです。


体脂肪は減っていないので、すぐ元の体重に戻り、

永続的で健康的なダイエットしては、意味がありません。

まとめ

・肉だけを大量に食べると、肥満者なら体重は一時的には減る
・体重が減ったのは、体内の糖質と水分が減っただけ
・体脂肪が減らなければ、「痩せた」とは言わない
・偏った食事は、一時的には体重が減っても体脂肪は減らない
・栄養バランスが崩れると筋肉や代謝が減る
・リバウンドして痩せにくい体質になっていく

などというのが、この記事のまとめです。



最後に、効率良く痩せて、更にリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。