ベジファーストは小鉢程度では効果なし!250gも必要!

【元ライザップのトレーナーが解説】

2021年1月27日に日本テレビ系列『それって!?実際どうなの課』で

【野菜を先に食べると太りづらいのか検証】という企画を放送していました。

この番組では、以前も

「ゆでたまご」は食べても摂取カロリーゼロ?

「3日間、肉だけを食べ続けると実際どうなる!?」

などという【ダイエット関連の企画】を紹介していました。

ただこの2件は、栄養バランスが悪く、不健康や病気になるだけなので、あまり価値が無い企画でした。

でも【今回のベジファースト】は、価値がある企画だったので、私の見解も加えて、紹介します。

↓この記事のポイントです。

・【体重増加を抑える効果】が期待できる。
・ベジファーストは【小鉢程度】では、効果は無い
・250gくらいの野菜、海藻類、キノコ類などが必要
・短期的な結果を求める人は、ダイエットが上手くいかない

↓私の経歴です。

双子で野菜を先に食べるベジファースト検証実験

・検証対象は、双子女優のMIOYAE(MIO、YAE)さん
・一方は、野菜・海藻類・キノコなどを先に食べる
・一方は、野菜を自由に食べる

などの条件で、どれだけ体重差が出るかの検証です。

2人の生活リズムは、ほぼ同じで、開始時の体重も38.4kgで一緒でした。

ベジファーストは【小鉢程度】では、効果は無い

番組では、専門家に監修してもらい、今回の食事に必要な【野菜の量】を250gと設定していました。↓


そして、【小鉢程度の量では、効果はない】と紹介していました。

ここが重要なポイントです。

以前、 NHK『ガッテン』でも
「ベジファーストは【5分以上かけて】よく噛んで食べると効果的!」と紹介していました。

小鉢程度の量で、1分もかからないで食べるのだと、【ベジファーストの効果は無い】ということです。

250gあれば、よく噛むと5分以上はかかるので、効果が期待できますね。

ちなみに、野菜ジュースではベジファースト効果は期待できないし、そもそも野菜ジュースは、ダイエットのためにマイナスな物です。

酵素ドリンクで痩せる効果が期待できないのと同じです。↓

ベジファースト生活2日目と3日目

1日目は3食とも、生野菜250gが出されていました。↓


↑2日目、朝の体重は【野菜ファースト】をしたYAEさんの方が、体重が【0.1kg多く】増えていました。

なお双子女優のMIOYAE(MIO、YAE)さんは、普段は1日2食とのことで、検証では3食しっかり食べるので二人とも増えています。

2日目は海藻サラダや、とんかつのキャベツが250gでした。↓


変則的だったのは、お昼が焼きそばで、サラダが別にあるのではなく、焼きそばに【含まれている野菜】を先に食べる、というちょっと嫌がらせ?のような方法をしていました。

3日目、朝の測定では【野菜ファースト】をしたYAEさんの方が、0.3kg少なくなっていました。↓

キノコも、野菜や海藻類と同じく、食物繊維が豊富で、お勧めの食材です。

3日間の双子ベジファーストの検証結果は?

最終的な結果は、0.4kgの差でした。↓


この結果を受けて、専門家の話を聞いていました。↓


「たった0.4kg」と思う人が、多いかもしれないですが、

・【継続していけば、この差がもっと広がる可能性が高い。】
・【体重増加を抑える効果があります。】

などと話していました。


これには、私も同意です。

私がライザップのトレーナーをしていた時も、現在、オンラインダイエット指導をしていても、

野菜など、食物繊維の物の摂取量が少ない人や早食いの人は、痩せにくいという実感があります。

なお最近では、野菜だけでなく、【タンパク質の物も、最初の方に食べるのが大事】とも言われています。

それなので、【おかずファースト】と覚えておくのがお勧めです。↓

ベジファーストは長く続ければ効果がある

番組の出演者は、

・「あれくらいしか変わらないなら、自由に食べたい」
・「もっと差が出ると思ってた」

などと、あまり良い反応ではありませんでした。↓

↑「牛丼の生姜を食べれば、ベジファーストになると思ってた」というのは、世の中の多くの人が思っていることですね。

このような反応になった原因として、

焼きそばで、先に野菜だけを食べさせるような、あまり現実的ではない検証をしたせい、というのもあると思います。


また、たった3日で0.4kgの差は、物凄いことなのですが、一般の人だとこの凄さが理解しにくいのかなとも思いました。


専門家の方も【継続していけば、この差がもっと広がる可能性が高い。】と話していた通りで、もしこの検証を1ヵ月くらい続ければ、1kg以上の差が出ると思われます。


ちなみに、この検証自体が、たった一組の双子でやったものなので、あくまで参考程度と、とらえるのが良いですけどね。

もし数十組、数百組の双子で、このような検証をすれば、かなり有意義な情報が得られると思います。

短期的な結果を求める人は、ダイエットが上手くいかない

世の中の【ダイエットが上手くいかない人】の共通点で、「短期的な結果を求めすぎる」という傾向があります。

多くの人は、1ヵ月で5kgなどと、大幅な減量をしたがるので、

【1ヵ月で1kg減】と聞くと、「たったそれだけ」と思う人も多いです。

でもこの考え方が、ダイエットが上手くいかない要因です。

短期間で大幅に減らすほど、筋肉や代謝が減り、リバウンドする可能性が高くなります。


【1ヵ月で3kg以上減ったら、そのダイエットは失敗】というくらいで、認識しておくのが良いですね。

ダイエット開始時は、体内水分が減るので、1ヵ月で2~3kg以上減ることもありますが、体脂肪はそんなに早くは減りません。

そして2ヶ月目以降は、毎月1kg減でも、かなり素晴らしい成果です。

1年間続けば、12kg減ですからね。

また、フルマラソンの42.195kmを走っても、脂肪が燃焼するのは、最大で0.3kgだけです。↓

きつくなく、健康的に痩せるには、【1ヵ月に1kg減くらい】を目安にするのがお勧めです。

既に標準体型以下の人は、1ヵ月に0.5kgくらいが目安でも良いですね。

まとめ

・【体重増加を抑える効果】が期待できる。
・ベジファーストは【小鉢程度】では、効果は無い
・250gくらいの野菜、海藻類、キノコ類などが必要
・短期的な結果を求める人は、ダイエットが上手くいかない
・フルマラソン42kmを走って、【脂肪燃焼は最大0.3kg】
・健康的に体脂肪を減らすには、【1ヵ月で1kg減】くらいがお勧め

などが、この記事のまとめです。

2021年4月21日放送の『それって!?実際どうなの課』では、「よく噛んで食べると痩せるのか?」をザ・たっちが検証していました。


最後に、健康的に痩せて、リバウンドしないために大事な、【習慣化】について、お伝えします。

食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、以前より体脂肪が増えていることにもなります。

ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。

リバウンドしないためには、食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。


この記事の中で、おかずファーストとよく噛んで食べることの習慣化が大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。

↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。

【7週間(習慣)ダイエット。一生リバウンドしない7つの習慣とは?】


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、オンラインダイエットがお勧めです。

↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用です。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。

↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。

-10kg以上の成功も続出!LINEで受けるNo.1ダイエット指導─プレズ<Plez>