【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年7月8日にテレビ東京系列『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』で、

【いま注目! 四大ダイエット擬人化比較】という企画を紹介していました。


四大ダイエットは、↓こちらです。

①‎おからパウダー

②‎脚裏伸ばし

③だしパック

④1日1食


先に結論を書いておくと、↓この3点です。

・何か1つの方法だけで、劇的なダイエットは出来ない

・①~③は、好みによって取り入れるのも良い

・④は逆に太りやすく、病気にもなりやすい


この記事では、番組の内容に、私の見解を付け加えて紹介していきます。


↓私の経歴です。

おからパウダーダイエット

おからを乾燥させパウダー状にしたものが、おからパウダーです。

・運動や食事制限なし

・毎食の料理に、おからパウダー1杯をかけるだけ

などと紹介しています。


↑「これを食べとけば、他は何を食べても良い」

などという「〇〇だけダイエット」でよくある文言は、あてにならない、

とMCの芸能人達が話していました。


これは本当にその通りです。


・糖質カットをすれば、他は何を食べても良い

・1日で食べる時間を8時間以内にすれば、何を食べても良い

(16時間ダイエット)


など、【〇〇さえすれば、他は何をどれだけ食べても良い】

というダイエット法はダメです。


【誰でも痩せるダイエット法は無い】という研究結果もあります。↓

おからパウダーの良い点とは?

話を戻します。


↓これらが、おからパウダーが良い理由です。

・食物繊維

・痩せホルモンアディポネクチン

・大豆イソフラボン

↑ヨーグルトやコーヒーに入れることを紹介していました。


また、摂取しすぎるのもデメリットがあるので、

適切な量を見極めることが重要です。↓


おからパウダーは無味無臭なので、色々なものに入れてみるのも良いですね。


そして「効果が出るまで毎日続けることが大事」とも紹介していました。


・ダイエットは短期的にだけやっても無意味

・ずっと続けられないダイエットは、リバウンドするだけ

‎ということは、全てのダイエット法について言えることです。


なお納豆や、枝豆、大豆を使った料理を日常的に食べている人なら、

おからパウダーを取り入れる必要はないですね。


豆腐や豆乳も良い物ですが、食物繊維が取り除かれているのはデメリットでもあります。

https://daizu-days.com/dic/soy-food/


理想は、大豆そのものを食べることなので、

大豆ドライ缶という便利なものを活用するのもお勧めです。↓


そして、おからパウダーダイエットの結論としては、

冒頭で書いた通り、【何か1つの方法だけで、劇的なダイエットは出来ない】なので、

食事全体を見なければ、意味がありません。

脚裏伸ばしダイエット

筋肉の約60%が下半身にあるので、

血流・リンパの流れを改善すると代謝が上がる、とのことです。


4ステップの動作を紹介していました。


↑ステップ2は「カーフレイズ」と呼ばれる、昔からある種目です。



無理して一気に4つ全てをやろうとせず、

体調や体力に合わせて徐々にやっていきましょう。


運動も、食事と同じで、
長期間にわたって継続しなければ意味がないですからね。↓


もちろん、運動しない期間が、ちょっとあるくらいなら構わないですけどね。


また脚裏伸ばしだけでなく

・日常に階段を使う

・自宅でも出来るスクワット

などがお勧めです。



だしパックダイエット

お笑いコンビ、はんにゃの川島さんは、これで痩せたと話しています。


このメリットは、↓これらです。

・食物繊維

・ビタミンB群

・ミネラル/カリウム


断糖など、極端なダイエットと違って、家族で同じものを食べられるというのも良いですね。


↑おからパウダーの時と同じように、「地道に続けるのが大事」とのことで、これは良いことですね。


だしパックダイエットの結論も、おからパウダーと同じく、

食事全体を見ずにこれだけやっても、あまり意味はない、となります。

1日1食ダイエット(もどき)は危険!

これは、私のブログでいつも言ってる通り、やってはいけません。

体重が一時的には落ちても、リバウンドします。


理由は、代謝が下がるからです。

そしてリバウンドして、体重は同じに戻っても、

体脂肪が増えて、筋肉が減って、

以前より、痩せにくい身体になることが多いです。


滝沢カレンさんも、以前やったことがあるようですが、

デメリットばかりだったようで、

「絶対にもうやらない」と話していました。↓


短期的な結果を求めるダイエットほど、リバウンドしやすいです。



ダイエットは、少なくても1年~2年以上かけて、じっくり取り組まないと意味がありません。

1年~2年やっても、生活や食事を戻せば、体型も戻っていくので、

結局は、一生続かないダイエットは無意味、とも言えます。

部分痩せは出来ない

番組で、4つのダイエットの他に出てきていた話題も紹介します。


部分痩せが出来ないことは、トレーナーの間では当然のことですが、

まだまだ一般的には、知られていません。


それなので、腹筋を鍛えることは、お腹回りの脂肪を減らす目的だと効率が悪いです。

↓この記事の中でも、「腹筋運動は意味が無い」などと紹介しています。

グルテンフリーはダイエットに関係無い?

滝沢カレンさんは、グルテンフリーが良かったと話していました。↓


しかし番組では、グルテン自体は、ダイエットや肥満にほとんど関係ないと紹介していました。


私の見解では、

・セリアック病や小麦アレルギーの人がグルテンフリーの食事をするのは、もちろん良い

・元々、小麦粉が含まれている食品を沢山食べている人なら、結果的に痩せることに繋がる


だと思います。


結構多くの日本人に、ダイエットの効果も期待できると思います。

フラフープダイエット

雛形あきこさんのご主人が、フラフープが欲しいと言ってたそうで、

番組では、運動自体は良いと言っていました。


私の考えでは、好みの運動は個人差があるので、

・やっていて楽しいと思う運動

・継続しやすい運動

などという判断基準で、運動を選ぶのが良いと思います。


また番組では、

・「運動は最強のダイエット法」

・「最終的には運動というのは納得」

という意見を紹介していました。


これに関して私は、

・運動が好きな人にはとても良い

・肥満の度合いが高い人や、膝など痛みがある人は、まずは食事改善だけが良い

・食事改善の方が効果が高い

・標準体型に近づいてきたら、運動の重要性が高まる

などと考えています。


15万部以上売れているダイエット本で、

『 運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』というタイトルの本があります。↓


私は元ライザップのトレーナーですが、私も、この本のタイトル通りだと思います。


標準体型に近づくほど、運動の重要度が高まっていきますが、

最大でも【運動5割、食事5割】くらいまでしか、いかないと思います。


また体脂肪1kgを運動で減らすには、フルマラソンを5回~6回走る必要があります。↓


それだけ、運動だけで体脂肪を減らすのは時間がかかり、

食事が重要だということです。


でもダイエットだけでなく、長期的に健康全般のことを考えると、

日常生活で活動量を増やしたり、よほど嫌いでなければ、何らかの運動をすることはとても重要です。

まとめ

冒頭でも書いた通りですが、

・何か1つの方法だけで、劇的なダイエットは出来ない

・①~③は、好みによって取り入れるのも良い

・④は逆に太りやすく、病気にもなりやすい

などがポイントです。


ダイエット全般に関して、食事で最重要なのは、栄養バランスです。

「〇〇だけダイエット」では、長期的に痩せた状態をキープすることは難しいです。


ちなみにカロリーだけを見るのは、無意味です。


そして【④の1日1食ダイエット】ように、

やってはいけないダイエットは、極端なダイエットです。

断糖高脂質食や、月曜断食なども、筋肉が減ってリバウンドする可能性が非常に高いです。




最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず、この記事でもお伝えした通り、

食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば、ほとんど無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


この記事の中で、運動の習慣化の記事のリンクを紹介しましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、


オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。