熊田曜子さんの体脂肪率一桁ダイエットで良い点と問題点は?ハーブ茶では痩せない。

【元ライザップのトレーナーが解説】

2021年1月26日のフジテレビ系「ノンストップ!」で、タレントの熊田曜子さんが、体型維持の秘訣を紹介しました。

しかし番組だけでは、熊田さんのダイエットの本質は、わからない内容でした。

熊田さんのインスタやブログ、YouTubeを見てわかった【本当の秘訣】を解説します。

【一般人でも参考になる】主な良い点は、↓こちらです。

・見た目がカラフルで、栄養バランスが良い食事
・よく噛んでゆっくり食べる。
・子供用スプーンやキッズプレートを活用。
・極端な制限はしない
・姿勢に気をつける&子供と遊ぶことで代謝アップ

●改善点や、【一般人が真似してはいけないポイント】↓もありました。

・短期間で、体重を落とし過ぎ
・体重を気にし過ぎ
・追い込みの時期は、1日の最初のご飯が11時(朝食抜き)

2021年6月9日の『今夜くらべてみました』でも熊田さんの体型維持の秘訣を紹介していました。

また2021年7月1日付で、【熊田曜子が広告塔の「ハーブ茶」が景品表示法違反 「カネになる仕事はリスクを考えずに受ける」】という記事がありました。

もちろん「飲むだけで痩せる」というお茶もサプリも存在しないので、熊田さんが良い体型を保っているのは、本人の食生活や姿勢のキープなどの成果によるものです。

↓私の経歴です。

奇跡の38歳・3人のママ・熊田曜子さん

熊田さんのインスタのプロフィールは、↓このように書かれています。

38歳。8歳、5歳、2歳の三姉妹のママ。
ジム、エステ、サプリなしで適度なボディメイクが趣味です。

「腹筋運動は、この20年くらいしていない」と話しています。

また「骨盤矯正は、人生で一度も行ってない」とも公言しています。

諸説ありますが、「骨盤矯正は必要無い」という意見もあります。

「信じられない」という人も、多いかもしれないですが、
食事管理と、日々の活動量を上げることなどで充分、可能なことです。

ただ、2歳~8歳の三姉妹のママで、芸能活動もしながらなので、もちろん、簡単なことではありません。

ある意味では、逆に【芸能活動をしているからこそ出来る】とも言えます。

3回目の出産から4ヶ月後に写真集撮影

2018年6月に、3回目の出産をして、10月には写真集のための撮影があったそうです。↓

SNSや「ノンストップ」でも、「ジムやエステに行ってない」と話しています。

以前、2回の「産後ダイエット」が上手くいったので、「今回も、このスケジュールになった」と、話していました。

また熊田さんが、2020/10/11にYouTubeに投稿した
【ダイエット】「ロンドンハーツ女性 芸能人スポーツテスト」に向けてのスタイル調整方法をご紹介!
という動画があります。

これらのことから【芸能活動をしているからこそ出来る】とも言えます。

【美ボディにすること・保つことが仕事】だからこそ、
「きついことがあっても出来る」、又は、「やらざるを得ない」と言えます。

北川景子さんが、産後ダイエットを頑張って成功させたのも、
「元々、映画の仕事が入っていたから」、と話していました。↓

また最近、大幅なダイエットをする女性芸人が増えたのも、
ある意味では、仕事と直結するから、と言えます。

一般人が、芸能人のダイエットを真似しても、結局失敗することが多いですが、最大の理由がこれです。

↓関連記事です。

ほとんどの一般人は、ダイエットが仕事や収入に直結しないので、

他に何か【ダイエットをやる明確な理由】が無いと、成功しにくいです。

ちなみに、芸能人のダイエット真似しても失敗する、2番目の理由は、
芸能人のダイエットは、【リバウンド前提の短期集中】のことが多いからです。

体脂肪率9.6%は正しくない一時的な数値

熊田さんの、ダイエット系のYouTubeを見ると、普段は起床後に【何も飲み食いする前で、お手洗い後】という【同じ条件】で、計測しているとのことです。

この条件は、私のライザップのトレーナー時代にも推奨していたのと同じです。

しかし今回、1月22日に9.6%だった時は、いつもと違って、

【お風呂上りの測定なので、普段より低かった】というのが真相です。

この件は、熊田さんも番組で、少し触れていました。

体脂肪率は、朝か夜かでも変わるし、【入浴・食事・運動】などの前後などでも、すぐに変動します。

熊田さんの2020/12/30投稿の動画
【たったそれだけ!?】1ヶ月マイナス4キロの方法

を見ると「165cm、46.65kg 13%は切ってる」と話しています。

このことから普段、朝に計測している時は、12%台くらいだと思われます。


また基本的に、家庭用の体組成計よりも、ジムなどにある業務用の体組成計の方が、正確性が高いです。

おそらくは、業務用の物で測れば、普段の12%台よりも、多く表示されると思います。

そもそも体脂肪率の数値は、あまり信ぴょう性が高くないので、同じ条件で測って、変動の傾向を把握することが重要です。

数値はコロコロ変動しますが、実際の体脂肪量は、そんな簡単に増減しません。

女性が一桁の体脂肪率になるのは危険

「熊田さんの体型が理想的」という女性も多いと思います。

しかし体脂肪率一桁は正しい数値ではないので、本当の一桁を目指すのは無謀で、危険です

無理なダイエットを続けると、体調を崩す可能性が高いです。

酷くなると、月経が止まったり、摂食障害になる恐れもあるし、骨粗しょう症のリスクも高くなります。

↓過激なダイエットを告白した、元アイドルの尾形さんです。

もし熊田さんのような体型を目指すなら、体重や体脂肪率の数値ではなく【見た目の体型】に近づけることを目指すのが良いですね。

体調が悪化していないかを、常にチェックしながら行うことが大事です。

健康を伴わないダイエットは、間違ったダイエットですからね。

秘訣① 正しい姿勢を常に意識!

ノンストップで紹介していた熊田さんが、座っている時の意識は、↓この3点です。

①椅子に10センチだけ腰かける
 (背もたれに寄りかからない)

②「ひざ」と「かかと」をくっつける
 (内ももが使われます)

③腹筋を意識して背筋を伸ばす
 (背筋も使われます)↓

↑また「立っている時」も、
「自分の中に1本の線があって、上から引っ張られている感じを意識する」
と話していました。

このように、常に姿勢を意識することは、不定期にジムに行くよりも、ダイエット効果が高いです。

人間の1日の消費エネルギーの内訳は、↓こちらです。

運動よりも、身体活動の方が多いですね。↑

正しい姿勢を意識することは、↑この身体活動の消費カロリーが増えるので、
ジムに行かなくても、ダイエットが可能だということです。



次に、自分で指の腹を使って行うというマッサージを紹介していました。↓

これは体型維持には、そこまで重要ではありません。

でも熊田さんはジムだけでなく、エステにも行ってないとのことです。


そして、番組では紹介していなかった、【普段の食事】が、体型維持のためにマッサージよりずっと重要です。

先ほどの【姿勢を意識すること】よりも重要なほどです。

秘訣②熊田さんの栄養バランスが良い食事

熊田さんは1~2ヵ月に1回くらいは、食事内容をインスタグラムに投稿しています。

↓1月24日と、2020年12月24日の食事です。

↓2020年11月と9月の食事です。

↑ここまでを見ると、特徴が見えてきますね。↓

・食材の種類が多い(特に野菜が多い)
・タンパク質も、しっかり摂っている
・魚、海藻類、キノコ、発酵食品なども食べている
・炭水化物の物や、果物なども適度に食べている

など、どれも素晴らしいことですね。

また【見た目がカラフルなこと】も、「良い栄養バランス」になりやすい特徴です。

↓2020年7月と4月の食事です。

↑右側の書き込みを見ると、見た目が茶色の物ばかりにならないように、気を付けていることがわかりますね。

↑左側の書き込みで、「キッズプレートで食べてる」というのも、とても良い点です。

キッズプレートや子供用スプーンが秘訣

小さな器で食べると、無理なく自然と、食事量が増えるのを、抑えることに繋がります。

YouTubeでも、「子供用のスプーンで食べている」と話していました。

一口を少なくして、よく噛んで、ゆっくり食べることもダイエットには、かなり大事な要素です。↓

夕食は18時。それ以降、食べないのは良い

2020/12/30の動画
熊田曜子ダイエット部【たったそれだけ!?】1ヶ月マイナス4キロの方法
から、良い点と改善点が読み取れます。

まず、動画から分かる点は、↓これらです。

・1ヵ月4kg減らした。自粛生活で太ったのを戻したもの。
・ジムにもエステにも行かず。(インスタによればサプリもとらず)
・目標は、仕事で水着を着ること


次に、良い点は↓こちらです。

・夕食が18時で、それ以降は食べない。
 歯を磨いて、マウスピースをつけて、食べることを防止している。

・夕食から、翌朝の朝食まで、食べない時間を12時間にしていた。
・減量ペースは、1ヵ月で2kg減が良さそう


夕食の時間が遅いことや、量が多いことは太りやすいので、↑これらは、とても良いことです。


ただ、問題点もありました。

・後半の追い込みの時期は、朝食の時間を午前11時まで遅くした。


11時まで、我慢して食べないことにしたそうです。

「あくまで個人的なやり方で自己流」と話していますが、この点は、お勧め出来ません。


●夕食から朝食まで16時間は空けすぎ

朝食が遅いと確かに体重は減りやすいですが、体脂肪だけでなく筋肉も減りやすいです。

朝食が「遅い」というより、もはや「朝食抜き」という方が適切ですね。

【夕食から朝食までは、12時間くらいがベスト】という説が多いです。

丁度、以前(普段)の熊田さんのスタイルですね。

2021年1月26日の【中田敦彦のYouTube大学】の動画でも、「半日断食・16時間ダイエット」を取り上げていますが、これを真似してはいけません。


また、お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ(コロチキ)」西野さんも、運動無しの【16時間プチ断食ダイエット】で痩せた、という動画を投稿しましたが、
これに対し、2021年1月21日に筋肉芸人の、なかやまきんに君が警鐘を鳴らしました。

熊田さんは水着を着る仕事のためにやっていますが、そんな状況が無い一般の人は真似してはいけません。


●食事に集中、間食、ドレッシングなどは良い

熊田さんの2020/10/11の動画
【ダイエット】「ロンドンハーツ女性 芸能人スポーツテスト」に向けてのスタイル調整方法をご紹介!
からも、良い点がいくつか判明しました。↓

・ドレッシングを直接かけるのではなく、別皿に入れている。
・食事に集中して姿勢を正しくして、よく噛んで食べる。
 (以前は、テレビを見ながら食べていた)

・普段は間食が多いから、ロンハーの撮影に向けて、やめる。
・それでも、もし何か食べたくなったら、翌朝に食べる。
・楽屋で、お菓子が視覚に入らないように【ハンカチをかぶせて隠す。】

↑これらは、一般の人にも参考になります。

好物を禁止するダイエットは失敗する

間食を【完全に禁止】にしていないのも、良い点と言えます。

ダイエットで、好物を禁止するのは、高確率でリバウンドするからです。

結婚式や何かのイベントのために、一時的にだけ禁止するなら良いですけどね。

また、一生食べなくてもストレスゼロなら、やはり禁止しても構わないです。

ダイエットは【短期的なイベント】ではなく【一生続く生活習慣】です。

それなので、一週間や一ヶ月単位で見て、
「70点」くらいをずっとキープすると、ダイエットは上手くいきます。

完璧主義を求めるダイエットは、高確率でリバウンドします。

熊田曜子さんの産後ダイエットのポイント

2020/04/24の動画からも、参考になる点がありました。
産後ダイエット・妊娠中の体重管理について質問を頂いたのでお答えします@ベランダでシーツを干しながら

↓これらは、良い点ですね。

・子供が食べ物を残すことを見込んで、あらかじめ食事の用意を少なくしておく。
・熊田さんの場合は、3人のお子さんが残したものだけで、丁度良い朝食の量になる。

また運動や美容に関しては、

・エステには、ここ2年は1度も行ってない。その前はプレゼントでもらって年に1回とか行くだけ。
・骨盤矯正は、人生で一度も行ってない
・ジムも行ってないし、腹筋や腕立てもしてない。
・ながらで出来ることを、細かくやってる。ちょっとしたエクササイズは、やってる
・妊娠中は、ダイエットは特にしなかった。

なども判明しました。

なお、2020-04-24のブログのタイトルは、
「産後ダイエット」で、↓このような記述がありました。

三回の妊娠で
第一子 16キロ
第二子 15キロ
第三子 17キロ
体重が増えました。

2020/02/22の動画では、子供と遊びながら出来る、ちょっとしたエクササイズを紹介しています。
【産後の体型を戻す! 日常の子育てエクササイズ】

床の物を取る時は、腰を曲げて取るのではなく、毎回しゃがむようにする、ということも紹介しています。

これらのように、

・日常生活でこまめに体を動かすこと
・既に紹介した、正しい姿勢をキープすること

などが、ジムに行かなくても、良い体型を保っている、運動に関する秘訣です。

もし定期的にジム通いや、運動をしている人でも、日常生活で、姿勢が悪かったり、活動量が低ければ、痩せることは難しいです。

ただ、ダイエットには、運動よりも食事改善の方が、ずっと重要です。

『運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』というタイトルの本の通りです。

肥満度が高い人ほど、↑このように食事の重要度が高くなります。

個人的な感覚では、BMIや体脂肪率が標準体型以下の人でも、『運動3割~5割、食事5割~7割』くらいの重要度だと思います。

それだけ【食事管理が重要】ということです。

10日間ダイエット企画から良い点と問題点

2020/03/20~3/29まで、
【目標ー3キロ!お金をかけずに10日間ダイエット】

というダイエット企画を、毎日YouTubeに投稿しています。

毎朝、同じ条件で測定した、体重と体脂肪率の推移は、↓こちらです。

1日目 51.65kg 19.8%
2日目 50.45kg 19.4%
3日目 50.45kg 18.6%
4日目 50.1kg 17.6%
5日目 49.95kg 17.9%
6日目 49.25kg 17.6%
7日目 49.2kg 16.7%
8日目 49.35kg 17.5%
9日目 49.4kg 16.7%
10日目 49.1kg 16.1%

目標は3kg減でしたが、結果は2.55kg減でした。

まず【一般の人にも参考になる点】を挙げます。

・甘い物を禁止はしない。ストレスで暴食になってしまうから。
 →子供が残したものをゆっくり食べたり、果物を食べたりする。

・麦茶を1年中飲んでいる。カフェイン無しだから。
 →こまめな水分補給は、とても良いです。

 カフェインは脱水や、睡眠の質が下がるデメリットもあるので、
午後2時くらい以降は、飲まないなら良いです。

・子ども一緒に遊ぶことが運動になってる
・電車を使う時は、駅で階段を使う
・ダイエットすることを宣言・公開すること
・モチベーションを上げるために、憧れの写真や、
 昔自分が太っていた写真を、スマホにいれて見返すようにしている。

●次に問題点(改善点)を挙げます。

・体重の数値を気にしすぎていること。
→短期的な体重の増減は、ほとんど水分によるもの。

・糖質を減らし過ぎ!?
→【糖質1gと水分3g】がセットになって出入りするので、
体重は減りやすいですが、糖質の減らし過ぎはデメリットが多いです。

・甘い物を食べるのが紛れるから、子どもの甘い歯磨き粉を使う
→ここまでやるのは、糖質制限をし過ぎだと思われます。

・目標設定に無理がある
→10日間で、体脂肪を3kg減らすのは、困難です。
 水分と筋肉で減らすのは、ダメです。

改善のためには、

↓この【糖質1gと水分3gの性質】を把握しておくのを強くお勧めします。

まとめ

【一般人でも参考になる良い点】は、↓こちらです。

・見た目がカラフルで、栄養バランスが良い食事
・よく噛んでゆっくり食べる。
・子供用スプーンやキッズプレートを活用。
・極端な制限はしない
・姿勢に気をつける&子供と遊ぶことで代謝アップ
・お菓子を視覚から隠す
・子供が食べ物を残すことを見込んで、あらかじめ食事の用意を少なくしておく。


【一般人が真似してはいけないポイント】は、↓こちらです。

・短期間で、体重を落とし過ぎ
・体重を気にし過ぎ
・追い込みの時期は、1日の最初のご飯が11時(朝食抜き)

全般的に、良い点が多いですね。

またジムやエステに行かないだけでなく、サプリも飲んでいないと公言しています。

これもあってか、熊田さんは(今は?)、ダイエット商品のイメージキャラクターをしていないようで、個人的に好感が持てると思います。

よく芸能人で、様々なダイエット商品のイメージキャラクターになる人がいますが、

大抵、【その商品では、痩せない】ので、本人のためにも消費者のためにも、やらない方が良いですからね。



最後に、健康的に痩せてリバウンドしないために大事な【習慣化】について、お伝えします。

食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。

もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、以前より体脂肪が増えていることにもなります。

ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。

リバウンドしないためには、食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。

大事な要素はいくつもあるので、次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。

この記事の中で、よく噛んで食べることが大事だと伝えましたが、ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。

↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。

また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討している場合は、オンラインダイエットがお勧めです。

↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

費用は大手パーソナルジムの1割~2割程度です。

大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。

↓詳細は、こちらをご覧ください。

↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。

-10kg以上の成功も続出!LINEで受けるNo.1ダイエット指導─プレズ<Plez>