【元ライザップのトレーナーが解説】

「こたつ記事」とは、テレビやネットの情報だけで作られた記事のことです。


取材に行かず、こたつに入っていても書けることから、このように呼ばれています。


2021年1月13日のNHK・Eテレ『ねほりんぱほりん』では、

「あるこたつ記事ライター」という内容が放送されました。


確かに最近は、テレビでの芸能人の発言が、

よくネット記事になっていますね。


ダイエット情報でも、

明らかに価値が無い「こたつ記事」をよく見ます。


これらの記事を参考にしても、ダイエットは上手くいかず、

逆に体調を崩したり、リバウンドしてしまうだけです。


この記事では、正しいダイエット情報の【見分け方】

について、お伝えします。


↓私の経歴です。

こたつ記事の問題点

特に問題なのは、↓この2点の場合です。

①その分野の知識が無い人が書いている

②収入目的で嘘や、根拠が無いことを書いている

①ダイエットの知識が無い人が書いている

例えば芸能人が、正しくないダイエットをした時に、

ダイエットの正しい知識が無い人が、記事にすることが多いです。


元ライザップのトレーナーである私から見て、

正しいダイエットをしている芸能人の割合は、1割以下だと思います。

正しいダイエットの3要素とは?

正しいダイエットとは、

・健康を損なわないこと
・極力、筋肉を減らさず、体脂肪を減らしていること
・永続的に出来ること

の3点を兼ね備えていることです。


※この3点はダイエットにおいて、非常に重要です!

かまいたち山内さんのダイエットを、きんに君が警告!

山内さんがダイエットしたことを書いた記事が、

2020年12月のヤフーニュースにも載りました。↓

↑この記事だけを読むと、ダイエットが成功したような印象を受けます。


しかし実際には、フォロワーから「健康に悪いダイエットだ」

というコメントが、かなり多く書かれています。


そして2021年1月には、

正しい知識がある筋肉芸人・なかやまきんに君が、

かまいたち山内さんのダイエットに、強烈なダメ出しをしました。↓


私から見ても、山内さんのダイエットは、かなり酷いです。


真似すると、高確率で病気になるか、

リバウンドするか、又は両方か、となると思われます。

芸能人のダイエット情報は、こたつ記事が多い

そもそも芸能人のダイエットは、撮影や仕事のためなど、一時的な減量で、

リバウンド前提のことが多く、一般人には参考になりにくいです。


例えば、北川景子さんが産後ダイエットをしたのも、

【妊娠前に撮影していた映画】の公開があって、

【その場に出ていかなきゃいけないこと】が決まっていたからです。↓

2021「新春さんまのまんま」から

また芸能人のダイエットは、仕事や収入に直結しやすいです。↓


一般人で、

・一時的な撮影がある
・仕事や収入に直結する

などの理由でダイエットが必要な人は、ごく少数です。


それなので、芸能人のダイエットを真似しても、

高確率で、リバウンドして当然です。


「様々な芸能人のダイエット法」

をまとめた「こたつ記事」も多いですね。↓


やはり、これらも内容が薄く、

「読む価値が無い記事」がほとんどです。

そして収入狙いであることが多いです。

②収入目的で嘘や、根拠が無いことを書いている

SNSやYouTubeで、「飲むだけで痩せる」という

嘘のダイエットサプリの広告を、よく見ますよね?


またこのような商品を「実際に試したら、本当に痩せた」

などというサイトも多いですが、嘘の体験談であることが多いです。


なぜ嘘が多いのか、というと、

アフィリエイトという仕組みを、悪用しているからです。↓


嘘の体験談でも、そのサイトを介して、何らかの商品を購入すると、

そのサイトを書いた人が、手数料収入をもらえます。


もちろん、本当に良い商品を、本当に体験した人が広めることが多いので、

アフィリエイトの仕組み自体は、悪いことではありません。


ただ、ダイエット関連の商品に関しては、アフィリエイトの仕組みが、

悪用されていることが多いので、気を付ける必要があります。


↓関連記事です。

「○○だけ」で、本当に痩せるダイエットは無い!

そもそも、↓このようなダイエット商品だけで痩せることは、出来ません。

・飲むだけで痩せるサプリ
・着るだけで痩せる加圧シャツ・レギンス
・巻いて電気を流すだけで痩せるEMSパッド
・振動ブルブルの台に乗るだけでダイエット

↑これらの価格は、高くても数万円です。


もし本当に痩せるなら、

・最低でも34万8千円かかるライザップ
・もっと高額な痩身エステ

などは、とっくに閉店・倒産していますよね?

SNSやYouTubeの情報は、特に要注意

以前、大手医療系サイトに、

医師の監修のない、デタラメな「こたつ記事」が載っていて、

この記事を信じた結果、健康被害が出た、という事件が起きました。↓


↑デタラメな情報とは、

「ムカデに噛まれたときは、傷口に熱湯をかけるとよい」

というものです。


そのため、検索サイトでは、

医療や健康など、命に関わる分野などで検索した時に、

デタラメな記事が、上位表示されにくくなるよう、改善されてきています。↓


↑しかし誤った情報が、無くなったわけではなく、

まだ発展途上の段階です。


そして、検索サイトではなく、

SNSやYouTubeでの【ダイエットや健康の情報】は、

野放し状態なので、特に嘘の情報が多いです。


また既に紹介した、かまいたち山内さんの例のように、

芸能人が直接発信するダイエット情報も、要注意です。


更には、芸能人の画像が「無断使用」される

「フェイク広告」も多いです。↓

NHK「クローズアップ現代」から

なお芸能人のダイエットが、もし本当だったとしても、

ただ真似しても、痩せないことが多いです。


なぜなら、ダイエットに必要な要素は、個人差が大きいからです。

個人差とは、身長、体重、年齢、筋肉量、趣味嗜好、生活習慣などです。


また、実は一時的に体重が減っただけだったり、

不健康になっていたりと、永続的な成功でない場合も多いですね。

テレビのダイエット情報も要注意

実際のところ、私もテレビやネット情報から、

ダイエット関連の記事を書くこともあります。


ただ私は、

・元ライザップのトレーナー
・ライザップとは別の機関のダイエット指導の資格を保有している

などという立場であり、

テレビの情報を、そのまま紹介することは、

ほとんどありません。


また様々な記事が、検索で上位表示されていて、

一定の評価は、受けているようです。


なおテレビの情報を、ただ紹介しないのは、

本当に役立つ情報が、かなり少ないからです。


例えば、『それって!?実際どうなの課』という番組での、

【「ゆでたまご」は食べても摂取カロリーゼロ?】という検証実験や、


メンタリストDaiGoさんがYouTubeで、

【朝ゆで卵ダイエット】を推奨していましたが、

私は、↓この記事で、↑これらを否定しています。


また『この差って何ですか?』という番組で

【二郎系ラーメンダイエットで痩せた!】と放送していた時も、

私は、あくまで条件付きである、と本質を紹介しました。↓


テレビのダイエット情報は、NHKは民放の番組よりも、

信ぴょう性が高い傾向があります。


理由は、

・スポンサーに忖度しなくて良い
・視聴率に、こだわりすぎなくて良い?
・「正確な情報を伝える」という意識が民放局よりも高い

などからだと思います。


あくまで傾向があるだけなので、NHKの番組の情報が

「全て正しい」とまでは、思っていないですけどね。


それでも、総合的に見れば、SNSやYouTubeの情報よりは、

まだテレビのダイエット情報の方が、信頼できるものが多いとは思います。

情報を見極める鍵「4つのスイッチ」

2021年1月24日のNHK『おはよう日本』で

情報を見極める鍵「4つのスイッチ」

を紹介していました。↓

1 まだ分からないよね
2 事実かな 印象かな
3 他の見方もないかな
4 何が隠れているかな


この考え方は、ネットやテレビなど、

【あらゆるダイエット情報の見極め】にも役立つと思います。

↓こちらが、元ネタです。

「想像力のスイッチを入れよう」筆者・下村健一

まとめ

・問題がある「こたつ記事」の2つのパターン↓

①その分野の知識が無い人が書いている
②収入目的で嘘や、根拠が無いことを書いている

・芸能人のダイエット情報は大抵、一般人には役立たない
・「○○だけ」で本当に痩せるダイエットは無い!
・アフィリエイトの仕組みを悪用した「こたつ記事」も多い
・検索サイトは、改善されつつあるが、まだ発展途上中
・SNSやYouTubeの情報は、野放し状態
・テレビの情報も、ネットほどではないが嘘もある

などが、この記事のまとめです。


ここまで触れなかったですが、ダイエット本もピンキリですね。


傾向としては、

①制限が厳しいダイエット
②「〇〇だけダイエット」

などは、結局リバウンドするだけなので、お勧めしません。


①の具体例は、

・月曜断食
・金森式 断糖高脂質食ダイエット
・16時間ダイエット

などです。



②の「〇〇だけダイエット」は、バナナダイエットや、

運動系の本など、沢山ありすぎますね。


運動だけで痩せることも、ほぼ不可能と言えるほど難しいです。

運動は、健康のためには大事ですけどね。


最後に、健康的に痩せて、リバウンドしないために大事な、

【習慣化】について、お伝えします。


食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、

その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。