ストレスで食欲が暴発するのは、甘さを感じる味覚が鈍るから!

【元ライザップのトレーナーが解説】

NHK『BS世界のドキュメンタリー』で、

2019年~2020年に何度か放送されている

「ストレスの真実」という番組があります。↓

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=190114


ストレスのコントロールは、ダイエットにも重要であり、

番組でもダイエットに関連する情報が多かったので、

私の見解を加えて紹介します。


↓私の経歴です。

ストレスで食欲が爆発する仕組み

元々は、2017年にイギリスで制作された番組です。↓


↑ストレスの原因は、日本と共通する点が多いですね。↓


↑イギリスの有名プレゼンターの方だそうです。


「原始的なストレス反応」とは、例えば狩猟採集時代に、

危険な動物に遭遇した時に、心拍数を上げることです。↓


これにより、脳や四肢に血液が増して、

逃げ足が速くなったり、戦闘体勢になったりします。


現代人は、あまりにストレスが多過ぎると、

脳の理性を司る部分が、原始的な部分に乗っ取られ、

理論的に考える能力が、感情的な反応に圧倒されます。↓


↑その結果、感情が爆発し、

自暴自棄になったり、暴飲暴食になったりもします。

呼吸と姿勢でストレスホルモンを減らせる

ストレスホルモンの1つが、ノルアドレナリンです。↓


これは、血中の二酸化炭素の量に反応するので、

ゆっくり呼吸することで、ノルアドレナリンの量を調整出来ます。↓


↑猫背では無く、胸を張る良い姿勢をすることで、

深い呼吸がしやすくなります。


ストレスホルモンは、少なすぎても脳の働きが落ちるそうです。↓


腹式呼吸は、以前、私が書いた

↓「食欲を抑える7つの方法」の一番最初に紹介していました。

ストレスがたまると、より悪い生活習慣の悪循環に!

慢性的なストレスは、健康に重大な影響を与えます。↓


・免疫機能が弱まり、病気にかかりやすくなる。

・心臓病のリスクが高まる。

・不安神経症やうつ病などの精神疾患にも繋がる。


↑更には、ストレスによって、より悪い生活習慣に陥りがちになり、

益々、健康を害することにもなります。


より悪い生活習慣の一つが、甘い物や脂っこい物などの、

明らかに健康に良くない食べ物に、癒しを求めることです。↓

ストレスがあると甘さを感じにくくなる

イギリスには、熱心なサッカーファンが多く、

負けたチームのファンのストレスは、かなり高い状態になります。↓


↑試合終了後に、両チームのファンに、

レモンクリームのドーナツを食べもらいます。


味覚は、ストレスの度合いによって変化する、という研究があります。↓


↑レモンクリームドーナツは、甘味も酸味もあることがポイントですね。


実験結果は、

・負けたチームのファンは、より酸味を感じ、

・勝ったチームのファンは、より甘さを感じていました。↓


↑人はストレスを感じると、食べ物の甘さに鈍感になるようです。


その為、甘さが控えめな物を食べても、

あまり、美味しいと感じなくなります。↓


そして、もっと甘い物を欲するようになり、暴食にも繋がります。↑

ストレスがある時に美味しい物を食べるのは、もったいない!

この実験結果から、

せっかく、美味しい物を食べるのなら、

ストレスが無い時に食べる方が、より美味しく感じるので、

ストレスがある時に食べるのは、もったいない!

と思いました。


このように思うと、【ストレスによる暴食を防ぐこと】

に繋がるかなとも思います。


また例えば、

ダイエット中に、行きたくない飲み会などに行って、

罪悪感を持ちながら食べることも、非常にもったいないし、

健康やメンタルにも悪いです。


そのような時は、チートデイとして、

罪悪感を持たずに食べるようにしましょう。↓



それと、番組では触れていませんでしたが、

脂っこい物や味が濃い物が好きな人が、ストレス過多の時に食べても、

やはり味覚が鈍くなると思います。


更に、ストレスによって胃腸の働きが鈍くなるので、

胃もたれや消化不良という、マイナス要素が増えると思われます。


ストレスがある時ほど、

【腸が喜ぶもの】を意識して食べるのが良いと思います。↓

ストレスがある時にお勧めの食べ物とは?

心を癒し、ストレスも軽くする

「一挙両得の食べ物」があるそうです。↓


番組で、栄養士の方が勧めていたのは、ブルーベリーです。↑


↓抗酸化作用が高く、甘味もあり、砂糖への欲求が抑えられます。


↑他に、お勧めのおやつとして、

カボチャの種、アーモンド、クルミなどを挙げています。


私もこれらは、とても良いと思います。


↑マグネシウムも大事だし、手軽に持ち歩けるのも便利で良いですね。


亜鉛を摂ることと、加工食品を摂りすぎない事も、

↓味覚と関連があります。


またブルーベリーのことを、「血糖値を上昇させることもありません」

と話していましたが、補足しておきます。


「フルーツや果糖は太る」、と思っている人が多いですが

ジュースは太っても、果物そのものは、一般的な量であれば太りません。


【果糖ブドウ糖液糖】という、お菓子やジュース、

ジャンクフードなどに多く入っている物が、太る真犯人です。


↓参考記事です。

コーヒーよりもお茶を飲む

ストレスがたまっている時に、カフェィンを摂り過ぎると、

気分はさらに悪くなります。

過剰なカフェインは、不眠やイライラ、心拍数の上昇を引き起こします。


いずれも【ストレスを感じた時に現れる症状】です。

濃さや量によりますが、【コーヒーは1日に3杯くらいまで】が良い、

という意見が多いです。

もちろん砂糖入りは、論外です笑


番組では被験者に、コーヒーを減らし、

緑茶を飲むことを勧めていました。↓


↑Lテアニンというアミノ酸の一種が、集中力を高め、

【心を落ち着かせる働き】を持っているとのことです。

朝食、水分量、柑橘類も大事

↓朝食抜きはNGです。


↑日常的に、こまめな水分補給も大事です。


↑オレンジやベリー類も、ビタミンCが豊富で、

免疫機能の向上に繋がって、お勧めとのことです。


↓朝食に関する記事です。


歩行や階段など手軽な運動やマインドフルネスも良い

↓ジムに行く必要はなく、歩行や階段で充分です。


↑定期的な運動は、幸せホルモンを分泌させ、

マイナスな感情や不安を和らげます。


↓普段より早足で歩くのも良いことです。


↑階段の上り下りや、ストレッチ、縄跳びなど、

手軽にできる物でも効果があります。


部屋の中で、何も持たずにやるエアー縄跳びでも良いですね。


「不定期のジム通いよりも日常の階段の方が痩せる」

という研究結果もあります。↓


↓関連記事です。


↓日本でも広まってきている「マインドフルネス」も勧めていました。


『無理なくやせる“脳科学ダイエット”』という、

マインドフルネスを活かしたダイエットに関する本があって、なかなか良かったです。↓

まとめ

・ストレスが強いと感情的な反応が優勢になる

・呼吸と姿勢でストレスホルモンを減らせる

・ストレスがたまると、より悪い生活習慣の悪循環に!

・ストレスがあると甘さを感じにくくなる

・ストレスがある時にお勧めは、ベリー系、ナッツ類、緑茶など

・歩行や階段など手軽な運動や、マインドフルネスも良い

などが、この記事のまとめです。


ストレスを感じた時に、

番組で紹介していたブルーベリーやナッツ、緑茶なども良いのですが、

食事以外のことで、解消する方法を把握しておくことが、より大事ですね。


運動やマインドフルネス・瞑想だけでなく、一般的な趣味で構いません。


読書、音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケ、絵を描く、など、

熱中・没頭できることであれば、どんなことでも良いですね。


↓ストレスや水分補給に関する記事です。


最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、

その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

ストレス過多で長続きせず、更には【筋肉が減る】ので、

リバウンドした時に、同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



この記事の中で、ストレス管理や水分摂取などの習慣化が大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。