【元ライザップのトレーナーが解説】

SNSなどのネット広告で、

【GLP-1ダイエット】、【痩せホルモン】、【メディカルダイエット】

などと出てきて、気になっている方も多いと思います。


結論を先に言うと、タイトルの通りお勧めしません。

勧めない理由は、↓これらです。

・危険
・高い
・他の方法で楽に痩せられる
・各種医学会も否定している


↓私の経歴です。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介


尚、↓こちらは、2019年1月にグアムで撮影した私の写真です。


もちろん私は、

【GLP-1ダイエット】、【メディカルダイエット】

などは、一切していません笑

日本医師会がGLP-1ダイエットに注意喚起!

2020年6月17日にヤフーニュースで、

【糖尿病治療薬で「ダイエット注射」、医師会が注意喚起】 

という記事が配信されたので、追記しておきます。


冒頭部分を引用します↓


糖尿病治療薬のGLP―1受容体作動薬が、一部の医療機関で「ダイエット注射」などと適応外のやせ薬として使われているとして日本医師会が17日、注意喚起した。今村聡副会長は「治療の目的から外れた使い方は医の倫理からも外れる」と批判し、厚生労働省など関係省庁に対応を求めることを検討するという。



↑【GLP―1】としっかり書かれていて、

私のこの記事と同じ主旨です。


↑このヤフーの記事自体は、既に削除されましたが、

↓同じ時期に、同じ趣旨の記事は、他にいくつもあります。

GLP-1で痩せなかった体験談

上記のヤフーの記事をFacebookで紹介したところ、私の知人が

「GLPー1ダイエットを実践したけど、結果が出なかった」

ということも判明しました。↓


日本糖尿病学会もGLP-1ダイエットを警告

更に2020年7月9日には、日本糖尿病学会も、↓このような見解を発表しました。

『GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解』
http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?content_id=191


↓このような記事も出ていました。


この

『GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解』

のスクリーンショットも載せておきます。↓


重要なポイントは、↓これらですね。

・安全性と有効性は確認されていません。
・不適切な薬物療法によって患者さんの健康を脅かす危険を常に念頭に置き、誤解を招きかねない不適切な広告表示を厳に戒める。
・本学会として認められるものでないことを警告する。



これまで書いてきた理由だけでも、

GLP-1をやらないのが良いことがわかりますね。


2020年10月15日の『ホンマでっか!?TV』では、

【GLP-1オンラインダイエットで、未承認薬が送られてくる】

というトラブルが増えていると、紹介していました。↓


GLP-1に関する悪い情報が、次々と新しく出てくるので、

やっとこれから元々、私が書いていた記事が出てきます(笑)↓

理由1 副作用が怖い!

とあるGLP-1ダイエットのサイトには、

↓このような「注意書き」があります。


効果には個人差がございます。
治療初期に、感受性の高い人は、吐き気や頭痛を感じることがありますが、ほとんどの場合、続けてゆくうちに自然に消えてゆきます。
効き過ぎによる症状ですので、通常、適切な用量調整により解決します。
症状が強い場合は、医師にご相談ください。



とのことです。

吐き気や頭痛が、しばらくの間(ずっと?)

続くこともあるそうです。

恐ろしいことですね。

オンライン美容診療トラブル注意

2020年9月3日に、NHKのニュースサイトで

【オンライン美容診療トラブル注意】という記事がありました。↓


https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200903/1000053468.html


【薬の詳しい副作用について説明されなかったケースや、吐き気などの症状が出てオンラインで相談しても、医師が対応してくれなかったケースなどがあったということです。】

と書いてあります。


グーグルで、「副作用 危険」 などと検索すると、

↓このような恐ろしい情報が、いくらでも出てきます。


薬には副作用があると考えた方がよい 「市販薬飲んで死亡」5年間15件

薬局やドラッグストアで販売されている薬による副作用が、5年間で1225例に上った。死亡例や後遺症が残った症例も報告されている。




こんな危険(リスク)をおかすよりも、

安全で健康的なダイエットの方法を、学ぶ方が絶対に良いです。


ちなみに私がライザップでトレーナーをしていた時も

現在のオンラインダイエットの指導でも、

痩せて健康になったことによって

薬を飲む量が減って喜んでいる方も多いです。

↓実際のLINEのやり取りです。

理由2 ダイエットも病気も予防が大事!

【病気になってから薬を飲む】よりも、

【病気にならない生活を続ける】方が良いですよね?

ということです。

日々、不健康で、体調不良のことが多く、

すぐ病気になって、大金をかけて、薬を飲んだり治療をする。

一時的には回復したように見えても、

生活習慣が変わらず、また体調不良の生活が続き

酷くなったらまた薬を飲む。

こんな生活を、ずっと繰り返すのですか?

生活習慣や、食事の習慣を変えなければ、

その状態が、一生続きます。

だから【生活習慣病】と言うのです。

生活習慣を変えれば、

常日頃から、健康的に過ごすことが出来ます。


ダイエットも同じです。

不摂生をして、体調不良が続く日常生活。

太ってきたから、無理な食事制限や一時的な運動をする。

瞬間的には痩せるけど、すぐにリバウンド。

ただでさえ、年齢を重ねるほど、

痩せることが難しくなります。

そしてリバウンドを繰り返していると、

筋肉量が減って、益々、痩せるのが難しくなっていきます。



しかも治療費や薬代は、結構な高額ですよね。


一人当たりの医療費は、

40代を過ぎると年間平均で10万円を越えています。↓


↑こちらは2011年のものです。


↓現在、そして今後は更に増えていきます。


健康もダイエットも、

普段から予防にお金をかける方が、

病気になってからかかる費用や、

高額なダイエットにかける費用よりも、安く済みますよ。

理由3 高額すぎる!

とあるGLP-1ダイエットのサイトを見ると、

↓このような値段設定になっています。


●オンライン診療
・2週間コース 49,800円
・1ヵ月コース 130,000円
・3ヶ月コース 298,000円
・6カ月コース 550,000円

●対面診療
・1ヵ月コース 150,000円
・3カ月コース 330,000円

なぜ期間に幅があるのか?

オンライン診療だと

2週間コース ~ 6カ月コースと、

幅広いコースがあるようです。

もし万人に効果があって、

薬をやめても、リバウンドしないのであれば、

誰でも、1ヶ月間など、

一定の期間だけで、済むと思いますが、

そうではないようですね。

ということは、もし仮に、

本当に痩せる効果があったとしても、

2週間や1ヵ月で成果が出ても、

薬の投与をやめれば、また太る】

ということですね。

6ヵ月コースでも、また数ヵ月すれば、

元に戻ってしまうのでしょうかね。

仮に、元に戻るまで6ヶ月かかるとしても、

毎年、55万円もかかる、ということになりますね。

しかも文字通り、

【一生、クスリ漬けの生活】をする、ということですね。


※追記 2019年12月に追記です。↓

↑こちらによると、

【医療機関でGLP-1だけ打っても痩せるのは一瞬⁉】


【GLP-1を使用しなくなった後のリバウンドが懸念】


とのことです。

やはり、GLP-1は文字通り、

一生【クスリ漬け】にされる、ということですね。

薬を使わずに痩せホルモンを出す方法とは?

数年前に放送された、

朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で、

・食物繊維が多く含まれた食事

・サバの水煮缶

などを食べると、やせホルモンを出すために良い!

と紹介していました。

そこで、食物繊維を多く含む食材として、紹介されていたのは

アボカド、ひじき、カボチャなどです。


またサバ缶には、

「GLP-1」と呼ばれる、消化管ホルモンの分泌を促進させる成分が含まれており、糖尿病治療などに活用されている

と紹介されました。




2019年4月23日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は、

『平成最後の大発見!心臓若返り(秘)物質』

というテーマで、GLP-1を紹介していました。

(上記とは、また別の回です。)

GLP-1の分泌を増やすポイントは、↓この2点とのことです。

1 食べ物の種類
2 食べる時間


【1 食べ物の種類】で、大事なことは、適度な糖質と不溶性食物繊維です。


不溶性食物繊維が多い食材として、↓根菜類とナッツ類を紹介していました。


結局は、栄養バランスの「まごわやさしい」を意識するのが良いですね。↓

ダイエットに大切な栄養バランスの良い食事の鍵は「まごわやさしい」と「一汁三菜」


そして極端な糖質制限は良くない、ということですね。

私は以前、↓こちらの記事でも、極端な糖質制限を注意しています。

低糖質ダイエットの注意点とは? GL値、超加工食品、果糖ぶどう糖液糖とは?


また【2 食べる時間】のポイントは、

【毎日の三食を決まった時間に食べること】です。


ちなみに朝食抜きの1日2食は、太りやすく、健康へのダメージも強烈です↓

朝食抜きの16時間ダイエットは危険!安易な断食も逆に太ります。



GLP-1は、2010年から糖尿病の治療薬として既に使われているそうです。



冒頭に紹介した、【糖尿病治療薬で「ダイエット注射」、医師会が注意喚起】の記事で、確かに↓このように書いてありましたね。



糖尿病治療薬のGLP―1受容体作動薬が、一部の医療機関で「ダイエット注射」などと適応外のやせ薬として使われているとして日本医師会が17日、注意喚起した。今村聡副会長は「治療の目的から外れた使い方は医の倫理からも外れる」と批判し、厚生労働省など関係省庁に対応を求めることを検討するという。




なんにせよ、

栄養バランスを良くすることで、GLPー1の恩恵を受けることが出来るので、

わざわざ高額な費用を支払い、

医師会の警鐘に逆らい、副作用リスクを背負ってまで、

【GLP-1注射をうつ必要は一切無い】と強く思います。

なぜ【嘘のダイエット情報】が、次から次に出てくるのか?

次から次にダイエット情報が出てくる理由は、

【誰にでも効果があるダイエット方法】が無いから

とも言えます。

↓2020年8月3日の記事です。


でも、実際にはありますけどね。

それは、【良い食事&生活習慣】をすることです。

特に食事が重要で、

運動だけで痩せる事は、相当難しいです。

痩せるため・太らないための食事方法を、

学んで身につけることが大事です。

次から次に出てくる

「〇〇ダイエット」 に騙されるのは、

短期間での結果を求めすぎることと、

「〇〇だけ」という手軽さを求めすぎるから、

です。

「バナナダイエット」や「リンゴダイエット」など、

「〇〇ダイエット」で、

【「○○」に、単品の食べ物が入るダイエット】

は、全てダメです。

栄養バランスが悪くなるだけです。

でも、元々かなり酷い食事で、

標準体重を大幅に越えているような人だったら、

どんなダイエットでも、一時的にだけは、体重は減りますけどね。



でも長期的には出来ず、リバウンドしてしまいます。


本来ならダイエット方法は、自分自身で試して検証するのが良いのでしょうが、

このような単品ダイエットは試す価値もありません。

もちろん、今回紹介している

「GLP-1 やせホルモン ダイエット」も

副作用が恐ろしいし、高額だしで、試そうとは一切思わないですね。

仮に無料だとしても、試そうとも思わないです。

もしお金をもらっても・・・・これは金額によりますかね(笑)

実は、世の中に

【怪しいダイエットや、効果が無いダイエット】

が出回っている理由が、これなのです。



●嘘の情報が出回る理由とは?

効果が無いサプリなどを、

アフィリエイトの販売手数料の収入を目的に、

サイトや記事を作る人がいるからです。


しかも、たちが悪いことに、

その人達にはスキルがあって、

そのサイトが、検索で上位に表示されています。

またタイトルをだけを見ると一見、

否定的な記事なのか? と思っても、


中身を見ると、結局は宣伝している、

というサイトが多いですね。


↓ダイエットサプリでは、フェイク広告も本当に多いです。


もっと詳しく知りたい方は、↓こちらをご覧ください。

ダイエット業界に嘘の情報が多い理由とは? アフィリエイトの功罪、真偽の見分け方は?

嘘の情報に騙されないためには?

あくまで一例ですが、

【商品やサービスの広告のリンク】が無いサイト

は、信憑性が高い傾向があります。

もちろん広告のリンクは、

全てがインチキ、ということではないですけどね。


特に、タイトルを見ると一見、否定的な内容だと思ったら、

実は推奨するもので、

最後に紹介のリンクが貼ってあるパターンには要注意です。

ちなみに、↓この記事では、低糖質の冷凍宅配弁当のサービスを私が実際に体験して良かったので、紹介しています。

低糖質の宅配弁当nosh(ナッシュ)を元ライザップのトレーナーが解説!ダイエットの評判、口コミは?


なお、危険な【痩せ薬】や

効果が無い【痩せるサプリ】などよりも、

この栄養バランスが良い、低糖質のお弁当の方が

痩せるためにも、健康のためにもずっと良いし、しかも安いです。


↓こちらは、GLP1ダイエットに限らず、「〇〇だけダイエット」では痩せない理由がわかる記事です。

「〇〇だけダイエット」(飲む、巻く、乗る、着る、履く、単品)で痩せない理由とは?

まとめ

最後は、ダイエット業界の不都合な真実の話?

まで書いてしまいましたが、

とにかく、

【ラクして痩せる系】のダイエットは、

基本的には、疑いの目で見るのが良いですね。


もし、安くて効果的なダイエット方法が登場したら、

【痩身エステや、スポーツジムの閉店】が相次ぎます。


そもそも、【ダイエットのためにジムに行くこと】は、

効率が悪いですけどね。

林修の今でしょ!講座で「不定期のジムよりも毎日の階段の方が痩せる!」と紹介。オンラインダイエットのすすめ。

アメリカでは認証されている? ではなぜ肥満率が高いままなのか?

もう一つの判断基準は

【アメリカの肥満率が大幅に下がるかどうか】です。


GLP-1ダイエットに限らずですが

よくあるうたい文句で、【アメリカで認証されている!】

というのがありますが、


それなら、なぜ、アメリカの肥満率は、

日本よりもずっと高いままなのでしょうかね?


本当に痩せ薬が良い物なら、大量生産されて値段も安くなり、

裕福ではない層にも広まって、肥満率が下がるはずですよね。



 

【GLP-1ダイエットよりも安く、副作用が無く痩せたい】のなら、

【オンラインダイエット】がお勧めです。

↓この画像は、私のオンライン指導で痩せた方のビフォア・アフターです。




もちろん、怪しいクスリやサプリメントは使っていません。

食事改善がメインで、ほとんどの人がジムにさえ行かず、

自宅での筋トレを時々しただけです。

詳しくは、↓こちらをご覧ください。

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザップの1割の費用でこの結果】とは?


 


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。


●最後に補足! ネット広告で、アフィリエイトとは別のグーグル広告もある。

誤解されないように、補足説明をしておきます。


アフィリエイトの広告は、

特定の広告を選んでサイトに載せるのですが、

グーグルの広告では、どんな広告が表示されるかは

サイト管理者にもわかりません。

おそらくは、

最近検索した物やサービスに関する広告が

何度も出てきた、という経験がありますよね?

あれが、グーグルの広告で

特定の狙った物・サービスを紹介する、

アフィリエイト広告とは別のものです。

それなので、この記事にも

痩せる薬やGLP-1ダイエットの広告が

表示されてしまう可能性があります。

決して、私が

痩せる薬などのアフィリエイト収入

を狙っているわけではないので、

誤解しないようにお願いします笑

↓これがその広告ですが、現在はどんな広告が表示されていますか?(^^)