スイングビートを乗せるだけの振動で痩せない理由とは?

【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年8月にBSの番組を見ていたら、「スイングビート」というダイエット商品のCMが放送されていました。

・‪「普段通り~」
・「乗せるだけ~」‬

などと、大きな文字で宣伝しています。↓


しかし、‪「適切な運動と食事管理を行った結果です」という大事な文章は、↓とてつもなく小さな文字で書いてあります。

↑左上の赤い線で囲った部分を拡大したものが、↓こちらです。

もし他に運動をせず、食事も普段と変わらないものにし、本当に【スイングビートだけ】で痩せたのなら、↑この注意書きを表示する必要はありません。

つまり、【スイングビートだけでは痩せない】ということです。

↓私の経歴です。

他のダイエット器具も同じく嘘!

他のダイエット商品や、ダイエットサプリメントでも、同様のやり方で宣伝している物が多いです。

↓こちらも2020年8月に見た、‪もぎたて生スムージーのCMです。

【本商品を用いて適切な食事管理と運動を併用した結果です】↑と、‬‪ ‬物凄く小さな文字で表記していますね。

行政処分を受けるダイエット商品が続出

様々な理由で、↓このように行政処分を受けているダイエット商品が沢山あります。


↑ネット広告だけでなく、テレビの通販番組で扱うダイエット商品でも、業務処分を受けることもあります。


2020年12月18日に措置命令が出た商品は、BS番組で紹介されたものでした。↓


詳しく知りたい方は、↓こちらをどうぞ。

ダイエットには【食事9割、運動1割】

『運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』というタイトルで、15万部以上も売れている本があります。


私はライザップで約3年間、トレーナーをしていましたが、私も同じことを断言できます。

ライザップで痩せる理由も、↑この本のタイトルの通りで【徹底した食事管理】によるものです。

決して【パーソナルトレーニングだから】ではありません。


痩せるために必要なことは【食事改善が9割】で、運動の重要度はたったの1割程度です。

しかも、スイングビートのような【受動的なダイエット器具】は、1割の運動効果の、更に1割程度の効果しかありません。

これらで痩せることは出来ません。

1000kcalを運動で消費するのと、食事で摂取するのはどちらが簡単?

1000kcalを運動で消費するには、体重60kgの人であれば、約17kmを歩く必要があります。

普段から運動していない人なら、3時間以上かかりますね。


しかし食べる方だと、早食いをすれば、1000kcal分の食事を5分~10分もあれば、食べることが出来ますよね?


そして計算上では、体脂肪を1kg減らすには、フルマラソン5~6回分の距離を歩いたり、走ったりする必要があります。


距離で言えば、200km~240kmくらいです。

毎日7km~8kmを1ヶ月間ずっと続けて、やっと体脂肪が1kg減る、ということです。


フルマラソンの42.195㎞を走って、【脂肪は最大0.3kg減少】と、↓この本に書かれています。


運動で体脂肪を減らすのは、とても時間がかかります。

もっと詳しく知りたい方は、↓こちらをご覧ください。

【〇〇だけ】のダイエットグッズで痩せない理由は?

今回のスイングビートだけでなく、

・巻くだけのシックスパッド
・乗るだけブルブルマシン
・着るだけの加圧シャツ
・履くだけの加圧レギンス

などは全て、【これらだけ】で痩せる効果は期待できません。

↓このようになるだけですね(笑)


昔から

「フラフープ」
「ぶら下がり健康器」
「ジョーバ」

など、様々なダイエットグッズが、出ては消えています。


そして、↑これらの【~だけ】のダイエットグッズは、高くても数万円です。


私が勤務していたライザップでは、最も短い2ヵ月でも、税抜きで34万8千円かかります。(2020年)

痩身エステも、やはり数十万円かかります。


もし2万円程度のスイングビートで、しかも在宅で痩せるなら、多くの人はライザップや痩身エステに通わないですよね?


スイングビートに限らず、数万円くらいのダイエットグッズで、本当に痩せるなら、SNSが発達した現代では情報が一気に拡散します。

そしてライザップなどは、すぐに倒産してしまいます。


つまり現時点で、【本当に効果があるダイエット商品は存在しない】ということです。


もちろん【飲むだけで痩せる】などと宣伝しているサプリメントも、同じく痩せません。

効果が無いダイエットグッズが次々と発売される理由は?

それは、騙されて買う消費者がいて、企業が儲かるからです。

また製造元だけでなく、インターネットを使って販売する個人や販売業者も儲けています。


それはアフィリエイトという仕組みによるものです。

アフィリエイトに関しては、↓この図を見ると、わかりやすいと思います。



↑この図は、2019年1月22日放送のNHK『クローズアップ現代+』の「ネット広告にニセ情報が氾濫!▽注意!インスタも標的に!」からの一コマです。


イメージとしては、↓このような例です。

近所に、あなたがお気に入りのラーメン屋があるとします。
友達にそのお店を紹介して、友達がお店で食べたら、お店からあなたに紹介料が入る。


・・・ということの【インターネット版】が、アフィリエイトという仕組みです。


アフィリエイトの全てが悪いわけではありませんが、「飲むだけで痩せる」などとうたっている、嘘のダイエットサプリ等が、この仕組みによって広まっている大きな要因です。


消費者側に、「楽して痩せよう」という考えがある限り、「今度こそは!?」と思い、騙され続けることになります。


1度くらいなら騙されても仕方ないかもしれないですが、「○○だけダイエット」では痩せることが出来ないことに、早く気づきましょう。

効果があるダイエットグッズとは?

今回のスイングビートと同様で、「乗るだけで痩せる」かのように思わせているブルブル振動マシンも、痩せません。


電気を流して、筋肉を受動的に動かすシックスパッドなどのEMSも痩せません。

これらの物は、「怪我や病気で身体を動かすことが出来ない人」なら、効果は小さいことを理解した上で、利用するのなら良いかもしれません。


「身体を動かすことが出来る人」なら、実際に身体を動かす方が、運動効果はずっと高いです。

ダイエットグッズで、効果があるかどうかの判断基準は、【自主的・能動的に体を動かすかどうか】です。


具体的には、エアロバイクや踏み台昇降などは、自宅でも手軽に出来て、運動効果が高いです。

もちろんトレッドミルや、クロストレーナーも運動効果が高いので、自宅に置くスペースがあれば、活用するのも良いですね。


ダイエットグッズでは、少し前に流行った、スクワットマジック、ワンダーコア、ゆらころんなども、一応は能動的に身体を動かすので、振動で動かすものよりは(少しは)運動効果があります。


・腹筋ローラー
・プッシュアップバーでの腕立て伏せ
・ぶら下がり健康器での懸垂

などの自重トレーニングのグッズは、使いこなせば、絶大なトレーニング効果があります。


と言っても、既に紹介した通り、ダイエットには【食事9割、運動1割】なので、筋肉を発達させたり、健康増進効果はありますが、脂肪燃焼効果は大きくはありません。


そして、一旦、筋肉をつければ【代謝が上がり、運動をやめても太らない】ということは、残念ながらありません。


これは幻想・都市伝説・嘘、というものです。

詳しくは、↓こちらをどうぞ。

ということはダイエット器具に、もし効果があるとしても、長期的に使い続ける必要がある、ということです。


スイングビートもメルカリで結構な数が出品されていますが、これは、

「スイングビートで痩せて、もう必要が無くなったから」ではなく、

「効果が無かったから出品されている」というのが自然な考え方ですね。


大事なことは、数年単位以上に渡って長期的に運動することです。

ジムに通って痩せるのは難しい

また器具が無くても、スクワットや腕立て伏せのやり方を工夫すれば、どんな体力レベルの人でも、自宅で効果的なトレーニングが出来ます。↓


「ジムに通えば痩せる」、ということもありません。↓

多くの人にとって、最も習慣化しやすい運動は、日常生活での歩行や階段です。

【不定期のジム通いより、毎日の階段の方が痩せる】という研究結果もあります。↓

まとめ

・ダイエットグッズだけで痩せることは、ほぼ不可能
・ダイエットには運動1割、食事9割
・受動的な運動系のダイエットグッズの運動効果は、限りなく小さい
・体を動かせる人は、実際に運動する方が良い
・もしスイングビートに痩せる効果があるなら、ライザップや痩身エステは閉店ラッシュ!
 → 痩せる効果が無い、ということ。

などというのが、この記事のまとめです。



最後に、効率良く痩せて、リバウンドしないために、どうすれば良いのかをお伝えします。


運動も食事改善も、【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば、ほとんど無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、以前より体脂肪が増えていることにもなります。

ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。


この記事の中で、日常の歩行や階段を利用する習慣が大事だと伝えましたが、ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。

『7週間(習慣)ダイエット。一生リバウンドしない7つの習慣とは?』


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用です。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。

-10kg以上の成功も続出!LINEで受けるNo.1ダイエット指導─プレズ<Plez>