バターコーヒーダイエットは痩せない!やつれる危険性大!

【元ライザップのトレーナーが解説】

バターコーヒーダイエットは、2015年9月に発行された『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』がきっかけで広まりました。

よくあるダイエット法と同じく一時的な流行で終わったのですが、未だに「バターコーヒーって良いのですか?」と質問されるので、記事を書くことにしました。

結論はタイトルの通りで、痩せるどころか、やつれる可能性が高いので、やらない方が良いです。

↓私の経歴です。

もしバターコーヒーダイエットで痩せるなら、私が勤務していたライザップは閉店ラッシュですよね?(笑)

バターコーヒーダイエットとは?

バターコーヒーとは、コーヒーにグラスフェッドバターやMCTオイルを入れた物です。

グラスフェッドバターとは、牧草だけで飼育した牛から作られるバターのことです。

ちなみに最近は、グラスフェッドのプロテインもありますね。

またMCTオイルは、ココナッツやパームに含まれる「中鎖脂肪酸油(Medium Chain Triglcerides)」だけを取り出した食用油のことです。

このバターコーヒーを朝食に置き換えて飲むのが、一般的なバターコーヒーダイエットのやり方です。

なおMCTオイルも近年、広まってきてますが、魚に多く含まれるオメガ3の方が痩せるためにも健康にも大切です。

バターコーヒーダイエットの危険性とは?

一食を置き換えることによって、確かに1日の総カロリーは減るかもしれません。

しかしタンパク質やビタミン、ミネラルなど様々な栄養素が不足します。

その結果、筋肉量や代謝が減ったり、様々な体調不良や病気になるリスクが高まってしまいます。

タンパク質は1日に、少なくても「体重×1g」は摂取する必要があります。

しかし朝食がバターコーヒーだけで、実質1日2食となると、1日に必要なタンパク質量を摂ることが難しくなります。

そして特に朝にタンパク質が無いと、筋肉が減りやすく、睡眠の質も下がりやすいです。

↓「朝にタンパク質を摂ると筋肉を増やせる」ということは、「朝食でタンパク質が足りないと筋肉が減る」ということです。

筋肉が減るのは、代謝が減るだけでなく、寿命が短くなることにも繋がってしまいます。

16時間断食が良くない理由と共通していますね。

タンパク質と同じように、ビタミンやミネラルなども昼食と夕食だけでカバーするのは困難です。

これは、まさしく「現代型栄養失調」と呼ばれる状態ですね。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』 よりも、↓これらの本の方が、ダイエットに有益です。

バターコーヒーダイエットで痩せる人もいる理由は?

確かに、実際に痩せる人もいます。

しかし、”痩せた”というよりも、”やつれた”という方が適切です。

なぜなら、”体脂肪”だけでなく、”筋肉”が大幅に減るからです。

本来、”痩せる”とは、”体重”が減ることではなく、”体脂肪”が減ることを言います。

サウナで汗をかけば、短時間で体重が1㎏減ることもあります。

しかしこれは一時的に水分で減っただけで、体脂肪は、ほぼ減らないので、痩せたのではないですよね?

ダイエット全般で言えることですが、【体重の増減だけを見ても無意味】ということです。

↓関連記事です。

また「バターコーヒーで痩せた(やつれた)」という人は、大抵、元々の食事がかなり酷いです。

例えば、朝食にパンだけとか、カップラーメンとおにぎり、などというものですね。

バターコーヒーダイエットは、置き換えダイエットの一種ですが、一食を何らかの単品に置き換える方法は、どれもやらない方が良いです。

バターコーヒーと同じで、栄養失調になるだけですね。

プロテインに置き換えるのは、バターコーヒーよりはまだ良いですが、それでもやはり栄養バランスが悪いです。

バターコーヒーを勧める人が多い理由はアフィリエイトや企業案件

ネットやSNSでは、「バターコーヒーで痩せた」とか、「正しいバターコーヒーダイエットのやり方」などと書いている人が多いです。

これらは大抵、アフィリエイトや企業案件で、収入を得るために書かれています。

「飲むだけで痩せるサプリ!」などという嘘の情報が、ブログやインスタグラム、YouTubeなどに多いですよね?

収入を得るために、嘘の体験談を書く人が後を絶たないのが現状です。

バターコーヒーに限らず、あらゆるダイエット系の商品・サービスにあることですね。

嘘のダイエット情報を見分ける方法は?

まず「〇〇だけ」で痩せる、というダイエット法は、99%以上は痩せません。

特に、何らかのダイエット食品やサプリ、グッズなどを使用するものは、お金を無駄にするだけなので要注意です。

唯一お勧めの「〇〇だけダイエット」は、「噛むだけダイエット」ですね。

また「レコーディングダイエット」も適切にやれば、お勧めです。

またダイエット本の場合は、Amazonのレビューを見ることでも、情報の真偽を見分けることが出来ます。

レビューの中でも、失敗談や批判的なものを見ることがポイントです。

わらにもすがる、という状態の人は肯定的なレビューに目が行きがちですが、要注意です。

嘘のレビューも多いし、そもそも生活習慣や趣味嗜好などで個人差があるので、たった一つのことで万人が痩せることはありません。

もちろん失敗談にも嘘のレビューがありますが、実体験が書かれていることが多いと思われます。

↓バターコーヒーダイエットが広まるきっかけになった『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の否定的なレビューの一部です。

興味がある方は、↓こちらからじっくり読んでみてください。

https://www.amazon.co.jp/dp/4478039674#customerReviews

まとめ

・バターコーヒーダイエットの危険性とは?
→現代型栄養失調になる。

・バターコーヒーダイエットで痩せる人もいる理由は?
→痩せるというより、やつれただけ。
→又、置き換えダイエットはNGです。

・バターコーヒーを勧める記事が多い理由はアフィリエイト
→あと企業案件もですね。

・嘘のダイエット情報を見分ける方法は?
→「〇〇だけ」では痩せない。
→Amazonのレビューを読み込む。

などが、この記事のまとめです。

そもそも、↑この「毎日0.5キロ痩せて~」というのが、明らかに嘘ですね。

最初の数日は水分で減ったとしても、ずっと続くことはあり得ないし、体脂肪もそんな短期間では減りません。

フルマラソンの42.195kmを走っても、体脂肪は最大で0.3kg程度しか減りません。


最後に、健康的に痩せてリバウンドしないために大事な【習慣化】についてお伝えします。

食事改善も運動も【一時的にだけ】やっても、その後にやめれば無意味です。

ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。

リバウンドしないためには、食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。

この記事の中で、朝食をたべる習慣が大事だと伝えましたが、ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。

↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。

また、もしライザップやパーソナルジムなどを検討している場合は、オンラインダイエットがお勧めです。

↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

費用は、大手パーソナルジムの1割~2割程度です。

大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、リバウンドがしにくく、きつくなくて習慣化もされやすいと思います。

↓詳細は、こちらをご覧ください。

↓Twitterでもダイエット情報を日々発信しているので、フォローしてもらうと真実のダイエット情報を得ることが出来ます。

-10kg以上の成功も続出!LINEで受けるNo.1ダイエット指導─プレズ<Plez>