【元ライザップのトレーナーが解説】

ダイエットが目的で、日々、腹筋のトレーニングをしている人が多いですが、

効率が悪すぎるので、一刻も早くやめることをお勧めします。


以前、林先生の番組でも、

【腹筋の効果が低いこと】を紹介していました。↓


私の経歴は、↓こちらをどうぞ。


尚、↓こちらは、2019年の1月にグアムで撮った写真です。


この時も私は、腹筋のトレーニングを、ほとんどしていません。

腹筋運動で痩せない理由は?

主な2つの理由は、↓こちらです。

1 部分痩せが無いこと

2 ダイエットには【食事9割、運動1割】


以前、林先生の番組で、

【多くの人がやっている腹筋運動は、意味が無い】

と紹介していたこともあります。↓

部分痩せは無い

・【お腹だけ】痩せる

・【顔だけ】痩せる

などということは、

残念ながら、不可能です。


腹筋運動をいくらやっても、

【お腹の周りの脂肪が、優先的に燃えて減る】

ということは、一切ありません。


基本的に、体脂肪が減るのは、全身万遍なく減っていきます。


「腹筋をすればお腹がへっこむ」

勘違いをしている人の多くは、

筋肉と体脂肪の性質を理解していなくて、

ごちゃ混ぜに考えています。

体脂肪は筋肉に変化しない

「使った部分の体脂肪が優先的に減る」

ということは無いですが、

使った部分の筋肉は、発達します。


私はアームレスリングをしていたので、

アームレスラーの例を紹介します。

↓これは極端な例ですが、基本的にアームレスラーは左右の腕の太さに差がある人が多いです。



テニスやバドミントンの経験者も

左右の腕の太さが違う人が多いですね。


理由は、左右の腕を使う頻度が違い過ぎて、

よく使う方だけの筋肉が発達するからです。




そして、「筋肉が体脂肪に変わる」とか

逆に、「体脂肪が筋肉に変わる」

ということもありません。


筋肉は筋肉で、大きくなったり小さくなったりして、

体脂肪は体脂肪で、増えたり減ったりするだけです。

多少の引き締め効果はあるが、部位による!

細かい話をすると、

身体の部位によっては、

そこの筋肉を鍛えることによって、

重力に逆らって、体脂肪を引き締めて見える箇所もあります。


二の腕やお尻、大胸筋などがわかりやすいですね。


しかし、多くの人がやっている腹筋運動で鍛えられる場所は、

腹直筋という筋肉で、筋肉の構造上、

ここを鍛えても筋肉厚くなるだけで、引き締め効果はありません。


腹横筋という筋肉を鍛えると、引き締め効果が、ややありますが、

そこまで大きな効果は出ません。


YouTubeで、「〇日でお腹が凹む腹筋運動!」

などというタイトルの動画は、完全に嘘ということです。↓

効率が良いのは、腹筋運動よりもスクワット!

理由は、スクワットの方が

沢山の大きな筋肉を使うからです。


スクワットは、数ある筋トレ種目の中で、

キング・オブ・トレーニングと呼ばれる程、

効果が高い種目です。


↓私が【片足スクワット】をしている動画も載せています。


部分痩せが無いので、大きな筋肉を使う種目の方が、

結果的には、お腹の周りの体脂肪を減らす効果が高いのです。


しかし、そもそも運動だけで体脂肪を減らすには、

かなりの時間がかかり、とても困難なことです。


詳しく知りたい方は、↓こちらをご覧ください。


そこで出てくるのが、

ダイエットには、【食事9割、運動1割】 という考え方です。

ダイエットには食事9割、運動1割

『ダイエットは運動1割、食事9割』

という本が15万部以上も売れています。↓


ライザップが登場する前からも、

フィットネスジムはいくらでもありましたが、

「ジムに行って痩せた」という人は、

10人中で1人もいれば、良い方だと思います。


ライザップで、痩せる結果が出る人が続出したのは、

徹底した食事指導
によるものです。


詳しくは、↓こちらをご覧ください。


私はライザップで、トレーナーを約3年間していましたが、

トレーナー目線で見ても、

結果が出ているのは、圧倒的に、

【食事改善の方が運動よりも重要】だと実感していました。


【シックスパックは台所でつくる】

とも言われている程、食事が大事ということです。

痩せたいなら食事改善が最大の近道!

これまで述べてきたように、

お腹の脂肪を減らすことが目的であれば、

腹筋運動よりも、スクワットの方がずっと効果的です。


しかし、そもそも

運動よりも食事改善の方が、圧倒的に効果的です。

ただ単に、量を減らす食事制限ではなく、改善です。


パーソナルジムに通う価値は、

この食事改善の方法を、学びながら実践することにあります。


でも、トレーナーに言われたことを、ただやっているだけだと、

卒業後にリバウンドする可能性が高いです。


大事なことは、正しい知識を身につけて、

自分で食事管理が出来るようになることです。

まとめ

・部分痩せは無い
・腹筋運動をしても、お腹の脂肪は減らない
・スクワットなど全身運動の方が、まだ良い
・でも結局、ダイエットには食事9割、運動1割
・痩せたいなら食事改善が最大の近道

などが、この記事のまとめです。


最後に、効率良く痩せてリバウンドしないための

【食事改善】について、お伝えします。


まず食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、

その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


ライザップの費用は最短の2ヵ月コースでも、税別で34万8000円ですが、

オンラインダイエットは、1割~2割程度の費用で、食事改善が出来ます。


↓こちらは、オンライン指導だけで痩せた方の変化です。


詳細は、↓こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。