ライザップの元トレーナーで、筋肉番付の腕立て準優勝者(記録1055回)が効果的な腕立て伏せのやり方を解説します。

↓1055回の腕立て伏せをした筋肉番付からの画像です。



筋肉番付3

以前は、↓この【3種類の腕立て伏せ】を紹介しました。

・ジャンプ腕立て伏せ
・拍手腕立て伏せ
・バック拍手腕立て伏せ。

普通の腕立て伏せが出来る人向けの【3種類の腕立て伏せ】ジャンプ腕立て伏せ・拍手腕立て伏せ・バック拍手腕立て伏せ。ダイソーのプッシュアップバーもお勧め!



今回は、↓この2つを紹介します。

・効果的な腕立て伏せのやり方。回数の増やし方。

・プッシュアップバーでの腕立て伏せ

自己紹介

ライザップの元トレーナーで、六本木店やシンガポール店(立ち上げメンバーで8ヵ月間の駐在)などで、約3年間勤務しました。


●現在は、↓これらの活動をしています。
・オンラインダイエットの指導
・豪華客船の中にあるフィットネスジムでのトレーナー
・法人・自治体・団体向けのダイエット・健康セミナー&トレーニング体験
・仙台で出張パーソナルトレーニング

●また、↓これらの経歴があります。
・筋肉番付の腕立て伏せ全国大会で準優勝。記録は1055回。
・アームレスリング(腕相撲)の体重別の全日本大会で優勝。

・『世界版SASUKE』こと、Netflixの『アルティメットビーストマスター』に日本代表メンバーとして出場。

その他の詳しい経歴は、↓こちらの記事をどうぞ。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介



尚、↓こちらは、2018年8月末に自撮りした写真です。

効果的な腕立て伏せのやり方。回数の増やし方。




腕立て伏せの効果的なやり方。

1 フォームは可能な範囲で、身体が最も低くなるまで下げる。

2 時計を見ながら、2秒に1回など一定のペースで、限界までやる。
(もしくは3秒に1回などもOKです。)

というのを毎回、記録をつけておきます。

そして週に2~3回など、時々やって、

体調が良ければ、自己記録を1回だけでも更新を狙う、

というのを続けていくと、どんどん回数が増えていきます。

一応、軽くウォームアップをした後にやるのが良いですね。

2秒に1回ペースなら、普通の人は1分~2分で限界になると思うので、

短時間でも充分なトレーニングになります。

ちなみに、この一定のペースで限界までやるやり方は、

腕立て伏せに限らず、他の種目でも有効です。

↓ダイソーの400円のプッシュアップバーです。

プッシュアップバーでの腕立て伏せ



大事なことは、顔や顎だけでなく、

胸や身体全体を、床すれすれまで深く下げることですね。

ベンチプレスは、必要ない! 怪我をする?

ベンチプレスで、

自分の体重と同じ重さで出来ない人は、

ジムに行ってベンチプレスをやるのは、はっきり言って無駄です!

無駄と言うか、必要がないし、効率が悪いですね。

プッシュアップバーを使えば、

自宅でもどこでも、いつでも手軽にトレーニングが出来ます。

またベンチプレスは、怪我のリスクがかなり高いです。

特に肩を痛める人が多いですね。

プッシュアップバーの種類

スポーツ用品店やドン・キホーテなどに行けば、

ダイソーのプッシュアップバーよりも、高さがあって、

より深く体を沈めることが出来て、

もっと効果があるプッシュアップバーもあります。

↓手前のオレンジ色の物の方が、高さがありますね。



青色の物など、ちょっと変わった形のプッシュアップバーもあります↓






でもダイソーの物だけでも、しっかりとトレーニングをすれば、

充分な負荷を与えることができます。

また椅子を二つとか、何かの台を二つとか、

雑誌を積み重ねるなど、工夫すれば、

家の中にある物をプッシュアップバーと同じように使うこともできますね。