【元ライザップのトレーナーが解説】

内村航平選手は、2020年12月13日に開催された

全日本種目別選手権の鉄棒で、高得点をだし優勝し、

東京オリンピックでの金メダルへ一歩、前進しました。↓

 

日刊スポーツ


2017年12月22日に放送された『アナザースカイ』は、

「1時間SP 体操 内村航平…初の金メダルの地で見えた絶対王者の夢」

というタイトルで、初の金メダルを取った地であるロンドンをアナザースカイに選んでいました。


この番組から、内村選手や体操選手の体づくりの方法や、

一般の人にも参考になる情報を紹介します。


↓私の経歴です。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介

世界で「KING」と呼ばれる唯一の日本人

内村選手といえば、2016年のリオオリンピックでの個人総合2連覇をはじめ、

数々の記録を打ち立てている、生きる伝説とも言える選手です。


そして世界で「KING」と呼ばれる、

唯一の日本人だそうです。


「KING」と呼ばれるゆえんは、体操競技の2大トップの大会である、

オリンピックと世界体操の個人総合種目で、


内村選手が出てくる前は、3連覇が2人いただけだったのが、



なんと内村選手は、8連覇もしたからです!



↓とにかく記録が凄すぎますね!(番組放送の時点での記録)


・オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。

・世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。

・国内大会ではNHK杯個人総合では9連覇中、全日本選手権個人総合では10連覇中。

・日本で最初のプロ体操選手

内村選手はジムで筋トレをしない

突然ですが、↓これらは私の経歴です。

・元ライザップのトレーナー
・筋肉番付の腕立て伏せ全国大会で、1055回準優勝
・体重別 全日本 腕相撲選手権大会で優勝
・アルティメットビーストマスターの日本代表


こんな私から見て、

番組で、最も興味深かったのは

【内村選手は、「基本的にジムで筋トレはしない」

と、言っていたことです。


これまでにも、いくつかの番組で、

やはり、「ジムでの筋トレはしていない」と話していたようです。


「体操選手がジムで筋トレをしない」

ということは、なんとなくは知っていました。


私が通っていた体育大学の仙台大学には、立派なジムがあるのですが、

体操部の人達をジムで見ることは、一切なかったでね。


ジムで筋トレをしなくても、体操選手はみんな物凄い身体をしていますね。

究極の自重トレーニング【プリズナートレーニング】とは?

【自重トレーニングだけで、体操選手のような物凄い身体になれる】

ということは、

最近、私も何度かブログに書いている

『プリズナートレーニング』という本、↓とも関連し、

また、この本の説得力を増す情報でもありますね。

自宅トレーニングの決定版『プリズナートレーニング』をライザップの元トレーナーが解説! 究極の自重トレ? 片手懸垂&片足スクワットの実践動画!


↓トレーニング系の本コーナーで、ドンドン専有面積が拡大して、更に人気が高まっていることがうかがえます。



私は本を読む時に、

気になった箇所や大事だと思った部分に、付箋を貼るようにしてるのですが、

読み終わったら、付箋だらけになっていました。↓

細マッチョになりたいなら自重トレーニングで充分!?

私は以前、ライザップで働いていた時にも思っていましたが、

世の中の男性が、最もなりたいという体型は【細マッチョ】だと思います。


でも一口に、【細マッチョ】と言っても、

イメージする体型は人によってかなり違いますけどね。


しかし体操選手の例を見ていると、

適切なトレーニングを行えば、自宅でのトレーニングだけでも、

世間一般の人がなりたいくらいの【細マッチョ】

になら簡単になれると思います。


ちなみに、『アナザースカイ』での、

↓このジムでの風景は、非常に珍しいものです。

  ↑『重っ!!』 と言ってたようです笑


なぜなら内村選手はこの時、足を怪我していて、

体操の実践練習があまり出来なかったのと、


撮影でロンドンにいるけど、筋力を衰えさせたくないということで、

普段は行かないジムに行ったからです。


↓こちらは、【自宅で出来る効果的な腕立て伏せのやり方】を、

私が紹介している記事です。

腕立て伏せの効果的なやり方を筋肉番付の腕立て準優勝者(記録1055回)が解説。ベンチプレスよりプッシュアップバーがお勧め!

細マッチョになるには食事も大切!

『プリズナートレーニング』の本で自重トレーニングのことを学んで、

更に元ライザップのトレーナーで、シンガポール店や六本木店で勤務していた私が提供している、


↓こちらの【7週間(習慣)ダイエット】で、適切な食事や生活習慣を学べば、

ジムに通わなくても、細マッチョになることも可能です。

 

7週間(習慣)ダイエット。一生リバウンドしない7つの習慣とは?


ちなみに内村選手は、

「1日1食のみ」とか、

「偏食」 などという話もありますね。

1日1食と言っても、間食を全くしないというわけではないと思いますが。


また医者の中でも、1日に3食以上を食べることを推奨する人もいれば、

1日1食を推奨する人もいますね。

そしてトップアスリートで、ベジタリアン食の人も時々いるようですね。


筋肉の付け方やダイエットの仕方は、

ある程度、多くの人に共通することもありますが、

かといって内村選手のように、

1日1食で理想的な体を作ることが出来る人は、

かなりレアなケースです。


この点は一般の人は、安易に真似しない方が良いですね。

↓関連記事です。

朝食抜き&1日2食は太り、寿命も短くなる理由とは? ダイエットには間食も良い!


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。