秋野暢子さんの呼吸筋ストレッチで代謝アップして痩せる! 林修の今でしょ講座

【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年12月8日の『林修の今でしょ!講座』で、

「冬の体調管理に欠かせない呼吸筋ストレッチ」

を紹介していました。↓


講師は、【あなたのからだに風が吹く!10カウントブレスヨガ】

の著者で、女優の秋野暢子さんです。


マスクや口呼吸の影響で、呼吸が浅くなると、

頭痛、めまい、体がだるい、肩こり、疲れやすい

など、様々な体調不良・デメリットに繋がってしまいます。↓


↑そして代謝が下がり、ダイエットにも悪影響となってしまいます。


逆に言えば、現在の呼吸が不適切な人は、

正しい呼吸の習慣を身につけると、痩せやすくなる、

ということです。


番組の内容に、私の見解も加えて、

ダイエットや、健康関連の情報をお伝えします。


↓私の経歴です。

マスク生活で、危険な口呼吸が増えている

コロナの影響で、マスク生活の時間が増えました。


↑現代人の約5割程度が口呼吸ですが、

マスクをすることで、口呼吸のクセがつく可能性もあるそうです。


口呼吸だと、鼻呼吸よりも、速く浅い呼吸となってしまい、

空気を数量が、10%~20%も減ってようですね。


これが、様々な体調不良や、代謝低下に繋がってしまいます。


2020年10月4日放送の『健康カプセル!ゲンキの時間』でも

「不調が改善する!?呼吸法」というテーマで、

呼吸の大切さを紹介していました。↓

肺を動かす呼吸筋の強化

呼吸筋が肺を動かしています。↓


↑息を吸う時は、肺を膨らませる吸息筋が、

息を吐く時は、肺を縮ませる呼息筋が使われています。


それぞれ、多くの筋肉が関わっていることがわかります。

呼吸筋が硬くなると様々な体調不良が起こる!

呼吸筋が弱まると、

新鮮な空気を取り込めなくなってしまいます。↓


呼吸筋が硬くなると、正しい呼吸が出来なくなります。↓


すると酸素が不足し、頭痛、めまい、体のダルさなど、

様々な体調不良に繋がります。


更には、感染症にかかった時の、重症化リスクも上がるとのことです。


↓こちらは、秋野さんに呼吸の大切さを教えたという本間先生です。


姿勢を保っている筋肉は、全て呼吸筋とのことです。


スマホ首など、姿勢が悪い現代人は、特に注意が必要ですね。

正しい呼吸で代謝アップや美容、肩こり改善効果も!

しかし、正しい呼吸を行えば、

↓このように体が暖かくなり、代謝がアップします。


↑手足の冷えや、肌のくすみの改善にも期待できるとのことで、

美容にも関連するそうです。


更には、肩こり改善や、

人によっては、頭痛の改善も期待できます。↓


なお肩こり改善には、

↓ひじまる体操が、簡単で効果絶大でお勧めです。


代謝アップや、疲れにくくなる、

脳や思考もすっきりリフレッシュする、ということも起こり得ます。↓

鼻から4秒息を吸い、口から6秒吐く! 10カウント呼吸法

10カウント呼吸法の、基本的なやり方を紹介していました。

↓鼻から4秒かけて息を吸いながら、肩をゆっくり上げます。


肩甲骨を寄せながら、6秒かけて口から吐きます。↑


↓次に、4秒で息を吸いながら首を横に向けます。


6秒かけて、首を正面に戻しながら、口から吐きます。↑


↑普段から、鼻呼吸を意識して、習慣づけるのを目指すのが良いですね。

日々の呼吸を良い呼吸にする

「1日に何回も呼吸をするので、正しい呼吸か、いい加減な呼吸かで、日々の差が積み重なっていく」

と林先生が話していました。↓


↑秋野さんに褒められていました。


まずは、気が付いたらやるとか、

毎日、同じ時間にやる、

1時間ごとにやる、

などをしていき、

将来的には、意識しなくても、常に

鼻呼吸で、深い呼吸になることを目指すのが良いと思います。


この他の呼吸筋ストレッチは、番組で紹介していた通り、

公式動画をご覧ください。


動画、はじめてみました【テレビ朝日公式】

【林修の今でしょ!講座】秋野暢子×斎藤アナ呼吸筋ストレッチ応用編

まとめ

・マスク生活で、危険な口呼吸が増えている

・口呼吸・浅い呼吸は、様々な体調不良に!

・呼吸筋が硬くならないようにストレッチをする

・鼻から4秒息を吸い、口から6秒吐く、10カウント呼吸法


などが、この記事のまとめです。


また深い呼吸は、偽物の食欲を抑える方法としても、お勧めです。↓


最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まずダイエットには、食事改善が最重要です。

食事制限ではなく、改善です。


そして食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、

その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



この記事の中で、正しい呼吸も習慣化することが大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。