EMSやEMSジムの効果はある?元ライザップのトレーナーが解説

EMSは、【筋肉を電気刺激によって収縮させる、運動器具】のことで、

最も有名なのは、シックスパッドですね。


自宅でも出来るEMSや、ジムで全身にEMSを装着するトレーニングは、

【健康で身体を動かせる人】には、効率が悪いのでお勧めしません。


怪我で運動が出来ない時だけ、使うなら、

ちょっとは利用価値がある、という程度です。


私の経歴は、↓こちらの記事をどうぞ。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周×3回。「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(マシト サトシ)の経歴・自己紹介

バービーさんの生活習慣では、EMSジムも無意味!?

2018年3月5日に放送された『名医のTHE太鼓判』のテーマは、

「足ドックでカラダ改善! 一生健康で歩ける足を作ろうSP」でした。

 


特にインパクトがあった、

タレント「バービーさん」の

・むくみの原因
・EMS全身バージョンの効果

などについて、まとめておきます。


●バービーさんの、むくみの原因は?

医師が、バービーさんの普段の生活を見て、

挙げた問題点は、↓こちらです!


VTRで、日常生活が紹介されます。


自宅を出て、すぐにタクシーに乗り込みます。


なんと、わずか1分で下車しました!


たったの500m弱の距離です。


着いた場所は、トレーニングジムです。

EMSのトレーニングジム

何かを体に装着するバービーさん。


何かを装着したままトレーニングをしています。


これはEMSです。


EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、

筋肉を電気刺激によって収縮させる、運動器具です。

Stimulation の意味は、刺激、興奮、などです。


シックスパッドや、スレンダートーンなどが有名ですね。

他のメーカーでも販売しているので、

テレビショッピングなどで見たことがある人も

多いのではないでしょうか?

EMSの全身バージョン

ほとんどの人がイメージするEMSは、

お腹に装着するものだと思いますが、

これは、全身バージョンとのことです。


↑カッコいい風なことを話していますが、実はたいした効果はありません。


最初の方は、

電気を流しながら、トレーニングをしていたのですが

↓これは明らかに、ただ寝ているだけですね。


●その後の食事は?

お寿司屋さんで、コースのおかわりをしています。


1食で4000kcal越えは、明らかに食べ過ぎですね。

むくみの原因は?

ここで再び、医師による解説がありました。

筋肉を動かさないことによって、

足などに水分が溜まることが、むくみの原因です。


このままの生活を続けていると、

【下肢静脈瘤】という

酷い状態になる可能性が、非常に高いとのことです。


●むくみ対策は?

【下肢静脈瘤】にならないためには、

自分で歩いて、ふくらはぎの筋肉を鍛えることが大事

と話していました。


ふくらはぎは、第2の心臓とも呼ばれていますね。


手軽に、ふくらはぎの筋肉を鍛える運動も紹介していました。

ただ、つま先立ちになるのを繰り返すだけの、

カーフレイズという種目です。

EMSの効果は無い? リハビリ用?

↓こちらは2018年2月号の『家電批評』という雑誌です。


【EMSはトレーニング機器ではなくリハビリ用。EMSでは痩せない】

というコメントが載っていますね。


ちなみに、このコメントをしている人は、

ダレノガレ明美さんや藤田にこるさんなど、

有名芸能人ご用達のジムの代表です。


そして私と同じく、元ライザップのトレーナーです。

私とは違う店舗での勤務でしたが、

社内のイベントだけでなく、

社外のトレーニング系のイベントでも会ったこともあります。


バービーさんの例からわかるように、

体に巻くだけのEMSの器具や、

EMSをつけての短時間のトレーニングも、

特に優れた効果は、ありません。


もしEMSだけで、本当に痩せることが出来たら、

世の中のほとんどのジムが、閉店しますよね。


↓【シックスパッドで痩せない理由】を詳しく解説した記事です。

シックスパッドで痩せない3つの理由とは?なぜ嘘の口コミが多い?

ジムに通っても痩せない人が多い理由

バービーさんのように、

【車でジムに行って、大して効果がないトレーニングをやって、やった気にだけなって成果が出ていない】

という人が、世の中に多いですよね。


そのような人達が、ライザップなどのパーソナルトレーニングジムに通って結果が出ているので、

パーソナルジムが急速に流行ったわけですね。

(リバウンドしている人も結構いることは、一旦置いときます。)


ではなぜ、

ジムで運動をしてるのに体重が変わらない、

という人が多いのでしょうか?


それは、

【ダイエットのためには、運動よりも食事を変えることの方がずっと重要】

だからです。

ダイエットは運動1割、食事9割?

『ダイエットは運動1割、食事9割』

という本が15万部以上も売れています。



更には、 ”図解版” や ”実践ノート” などシリーズ本もあります。

「どのくらいの体型を目指すか」にもよりますが、

大抵は、

食事7割~9割で、運動が1割~3割くらい

の割合で、食事の方が重要度が高いですね。

不定期のジムよりも毎日の階段の方が効果がある



「不定期のジムよりも毎日の階段の方が、健康維持にも減量にも効果がある」 

とユタ大学の最新研究で明らかにしたと、

2018年2月に放送された『林先生の今でしょ講座』でも紹介していました。


●「ジムに行くのは、時間とお金の無駄!?」

これまで書いてきたように、痩せるためには運動よりも、

食事管理や、日常生活での活動の方が、ずっと重要です。


【気が向いた時にだけジムに車で通って、あまり効果が無い運動をダラダラと続ける】

という人が多いですが、

これはジムに通っていても、成果が出ていない人の典型的な例ですね。


ジムに通うのにかかる時間を

自宅でのトレーニングに充てる方が、よほど効果的だし、

運動を習慣化しやすいし、もちろん無駄な出費も減らすことが出来ます。

自宅でのトレーニングの効果は?

適切に行えば、一般的なジムに長年通っている人よりも

高い成果を出すことが充分に可能です。

一例として私が書いた、↓こちらの記事があります。

自宅トレーニングの決定版『プリズナートレーニング』をライザップの元トレーナーが解説! 究極の自重トレ? 片手懸垂&片足スクワットの実践動画!


記事の中にも書いていますが、

例えば体操の内村航平選手も「ジムでの筋トレはしていない」、

と様々なテレビ番組で公言しています。


↑こちらは、2017年12月22日に放送された『アナザースカイ』での一コマです。



↓またこちらの写真は、日本のテレビ番組『SASUKE』のアメリカ版とも言える、

Netflixの『アルティメットビーストマスター』という番組に、

私も日本代表メンバーとしてアメリカに行った時のものです。(2016年)

↑右から2番目が私ですが、当時ジムには全く通わずに自宅でのトレーニングしか行っていません。
(自宅にぶら下がり健康器があり、懸垂はしています。)

自宅トレーニングだけで細マッチョ、腹筋女子になれる?

25年以上になる、私の長い筋トレ人生の中でも、

ジムに通って鍛えていたのはわずか、1割~2割程度の期間だけです。


ジムで働いていた私が言うのも、おかしなことかもしれないですが、

多くの人がなりたい体型である【細マッチョ】や【くびれ女子】になるためであれば、

自宅でのトレーニングだけで充分です。


ジムに行く必要があるのは、ボディビル系の大会に出たい人や

アスリートだけ、と言っても過言ではないですね。


片手懸垂の動画を撮ったので載せておきます↓ 長さは21秒です。


また↓こちらは、片足スクワットの動画で、長さは16秒です。


このように、自宅でのトレーニングだけでも、

工夫すれば、充分な強度のトレーニングが出来ます。


もしジムに行くにしても、

せめて、この「片足スクワットが出来るようになってから」で充分です。


ジムに通う数分~数十分間を、自宅でのトレーニングに充てる方が、

現代の忙しいビジネスマンにとって有益になるし、

また「運動を習慣化しやすい」というメリットもあります。


子育て中の母親も、自宅での数分間だけで、

効果が高いトレーニングをすることが出来ます。


更には、金銭的に余裕がない若い人達や、

もしくは引きこもりの人達でも、

自宅トレーニングと食事管理だけで、余分なお金をかけずに誰でも

【細マッチョ】や【くびれ女子】になることが可能です。


EMSにお金をかけるのは、もったいないです。↓

スレンダートーンやバタフライアブスの会社に行政指導。EMS販売事業4社に「根拠なし」と消費者庁が措置命令。

まとめ

・EMSを巻くのも、EMSを装着するトレーニングも、効果は低い
・特に、【健康で身体を動かせる人】には、お勧め出来ない
・元々、怪我で運動が出来ない人が、リハビリでやるもの
・ダイエットには運動1割、食事9割
・不定期のジムよりも、毎日の階段の方が痩せる
・自宅トレーニングだけで工夫次第で、細マッチョや腹筋女子になれる

などが、この記事のまとめです。


最後に、健康的に痩せて、リバウンドしないために大事な、

【習慣化】について、お伝えします。

ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。

「〇〇だけダイエット」(飲む、巻く、乗る、着る、履く、単品)で痩せない理由とは?


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。

7週間(習慣)ダイエット。一生リバウンドしない7つの習慣とは?


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


オンライン指導で痩せた方のビフォアアフターが、↓こちらです。


大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザップの1割の費用でこの結果】とは?


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。