【元ライザップのトレーナーが解説】

毎年1月6日は、”いろ”の語呂合わせから、

「カラーの日」とされています。↓


この記事では、

【食事の見た目をカラフルにすると、ダイエットや健康に良い】

ということについて、解説します。


逆に言えば、白色の炭水化物や、

茶色の揚げ物ばかりの食事だと太る、ということです。


↑左右の画像を見比べると、違いが一目瞭然で、

栄養バランスにも大きな差があることも、容易に想像がつきますよね?


自転車競技で東京五輪の出場が内定している梶原選手の食事も、

3食ともカラフルで、いかにも栄養バランスが良いことが、明らかですよね。↓

2020年8月に放送された『スポーツ内閣』という番組で紹介していました

↓私の経歴です。

白色の炭水化物や砂糖は太りやすい

米、麺、パンなどの炭水化物は、白色であるほど太りやすいです。


白色ということは、

食物繊維やビタミン、ミネラルなどの大事な栄養素が、

そぎ取られているからです。


それなので、

・白米よりも、【玄米、雑穀米、もち麦など】
・白色のパンよりも、【ブランパン、全粒粉パンなど】
・うどんよりも、【蕎麦】

などを食べる方が、ダイエットにも健康にも良いです。


米は、白米に、他の米を混ぜるだけでも、

栄養バランスは良くなりますね。


「パン 茶色」と検索すると、

↓このように、全粒粉パンのことなどが表示されました。



「ブランパン」は、最近はローソンだけでなく、

スーパーでも、増えてきましたね。↓


低糖質スイーツが人気のシャトレーゼで扱っている、

冷凍の低糖質ブランパンも大人気です。↓



↓「蕎麦 茶色い炭水化物」と検索したものです。


いくら茶色の炭水化物でも、

量が多ければ、太って当然、ということですね。



また砂糖に関しても、白砂糖よりも、

黒砂糖、てんさい糖などの方が、同じ理由で良いですね。


砂糖の代わりに、ラカントを使用するのも良いですね。

もちろん、やはりどれも量には、気を付ける必要はありますけどね。

茶色でも、揚げ物は太りやすい

↓「茶色 食事」と画像検索したものです。


↑特に右下の画像の

・フライドポテト
・ドーナツ(イカリング? オニオンリング?)
・手羽先

のようなものは、太りやすいというのは明白ですよね。


特に中年男性で、これらが好きな人は、

メタボになる危険性が、かなり高いですね。


もちろん、から揚げとポテトフライなどでは、栄養成分に

大きな違いがあるので、あくまでも目安です。

彩りを鮮やかにする程、栄養バランスが良くなる

淡色野菜よりも緑黄色野菜を意識する


↑左から、3色、5色、7色、などで検索して出てきた画像です。


このように、団体や機関によって、

推奨している【カラフルさの程度】に差がありますが、基本的には、

【カラフルである程、栄養バランスが良くなる】

という傾向があります。


食事の準備にかけられる手間や時間には、個人差が大きいので、

まずは3色の【緑、赤、黄】を意識するので良いと思います。


特に、緑黄色野菜を意識するのが良いですね。↓


「緑黄色野菜」以外の野菜を「淡色野菜」といいます。↓


「淡色野菜がダメ」ということではないですが、

毎日、レタスやキャベツばかりなどと、

「淡色野菜ばかり」にならないようには、気を付けるのが良いですね。

旬の野菜や果物も良い

また【旬の野菜や果物】を意識するのもお勧めです。

他の時期よりも、栄養価が高いです。


「旬の時期」という概念は、昔よりも薄れていますが、

まだ少しは残っていますね。


冷凍野菜も、旬の時期に収穫しているので、

「一年中、安定した高い栄養価が期待できる」と以前、

『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』で紹介していました。↓

果物は太る? 太らない?

そして「果物は太る」と思っている人も多いですが、

ジュースは太っても、果物そのものは適量であれば太りません。


果糖ブドウ糖液糖という、

お菓子やジュース、ジャンクフードに入っている物が太る真犯人です。


↓関連記事です。

【まごわやさしい】の食材を意識する

「まごわやさしい」とは、

様々な食品群の頭文字をとって、

繋げた語呂合わせです。↓

ま:まめ 豆製品…大豆・小豆・味噌・豆腐・納豆など
ご:ごま ごまなどの種実類…ごま、ナッツなど
わ:わかめ 海藻類…わかめ、ひじき、海苔・もずくなど
や:やさい 野菜類…色が濃い緑黄色野菜だと理想的
さ:さかな 魚類…切り身の他、小魚や貝類など丸ごと食べられるものなども
し:しいたけ きのこ類…しいたけ、舞茸、マッシュルームなど
い:いも イモ類…山芋、ジャガイモ、サトイモ

↑これらをバランス良く食べることも、カラフルな食事になりやすく、

やはり、栄養バランスも良くなります。

一例です。↓


ちなみに芋類で、山芋は白色ですが、かなりお勧めの食材です。

↓この記事で紹介しています。


「まごわやさしい」について、更に詳しくは、↓こちらをどうぞ。

まとめ

・白色の炭水化物や砂糖は、太りやすい
・茶色でも揚げ物は要注意
・緑黄色野菜を意識する
・「まごわやさしい」の食材を食べる

などが、この記事のまとめです。



最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、

その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



ダイエットのためには、いくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。