【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年10月22日の『NHK高校講座 家庭総合』は、第24回 食生活

『からだは食べものでできている ~食べたものはどんな働きをする?~』

という内容でした。↓


世の中には、多くのダイエット情報がありますが、

間違ったダイエットをしている人は、

高校生だけでなく、大人でも非常に多いです。


糖質カットや断食、「〇〇ダイエット」など、

極端なことをすると、高確率でリバウンドします。


今回テレビで紹介していたような、昔から言われていることや、

基本的なことをするだけで、痩せてリバウンドせずに済みます。


民放の番組でよくある、芸能人のダイエット企画や、

YouTubeに多い、嘘のダイエット情報よりも、

今回の番組の情報の方がずっと役立ちます。


この記事では、番組の内容に、私の見解を加えて紹介します。


↓私の経歴です。

安易な糖質制限ダイエットは危険!

まず【身体をつくる栄養素】として、

↓「5大栄養素」を紹介していました。

・炭水化物

・タンパク質

・脂質

・ビタミン

・無機質(ミネラル)


↑糖質制限ダイエットは、高校生にも知られているようですね。


確かに、糖質をとり過ぎれば肥満に繋がります。


しかし糖質は、一定量を摂る必要があるので、

糖質カットなど、極端に減らし過ぎるのは危険です。


なお炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものです。↓

↑糖質の37.6gと食物繊維の1.1gを足すと、炭水化物の38.7gとなりますね。

糖質をまったくとらないと寿命が縮む!?

まったくとらないと、

・集中力低下

・筋力低下

・骨粗しょう症

などの恐れがあると、紹介していました。↓


更には、無茶なダイエットによる

【痩せすぎによる弊害】も注意していました。↑


特に女性の場合は、次の世代(子供)にも、

影響が及ぶことが明らかになっています。


痩せすぎで、栄養状態が悪い母親から生まれる子供は、

出生時の体重が低くなる傾向があります。


日本では2500g以下の【低出生体重児】の割合が、

先進国で最も悪く、10%近くもあります。


低出生体重児で生まれると、糖尿病など、

生活習慣病のリスクが高まる可能性があるそうです。


↓【糖質の減らし過ぎは死亡率が高いこと】が近年の研究で明らかにされました。


↓関連記事です。

極端なダイエットは摂食障害(拒食症、過食症)の恐れもある

過去に【無茶なダイエットで摂食障害になった経験】を漫画に描いている、

漫画家の永谷順子さんを紹介していました。↓


↑「こんな不幸(摂食障害)を絶対に繰り返してほしくない」

と話しています。


摂食障害は10代~20代など、若い世代にも起きやすいです。


↓関連記事です。

いろいろな食材をバランスよく食べると痩せる

駅伝の名門である、駒澤大学陸上部の監督は、

「食事は練習と同じくらい大切」と話していました。↓


↑このように、5大栄養素をバランス良く食べることが大事です。


同大学出身の中村匠吾さんは、2019年に行われた

東京オリンピックのマラソン日本代表選考レースMGCで優勝しています。↓


↑MGC前日の夕食も、とても良い栄養バランスですね。


偏った食事をすると、代謝が悪くなるので、筋肉が減り体脂肪が増えて、

太りやすくなったり、好ましくない体型になったりする恐れが高いです。


極端なダイエットは、高確率でリバウンドします。↓

サプリメントや栄養機能食品だけでは痩せない

保健機能食品やサプリメントは、

①栄養機能食品

②特定保健用食品(トクホ)

③機能性表示食品

があり、それぞれで内容がちょっと違います。


①栄養機能食品は、

カルシウムやビタミンなど、既に科学的根拠が確認された栄養成分が、

定められた上・下限値の範囲内にある食品です。↓


↑②特定保健用食品(トクホ)は、

国が定めた安全性や有効性に関する基準などを満たし、

特定の保険効果が期待できるという表示です。


③機能性表示食品は、

国や第3者による審査がなく、科学的根拠に基づいた機能性を届け出れば、

効果・効能は企業が自己責任で表示されたものです。


↑それぞれの違いを、覚える必要はありません。


サプリメントを日本語にすると【栄養補助食品】です。


あくまで補助的な物なので、

食事そのものが【バランスが良い内容】である必要がある、

ということだけは、しっかりと覚えておきましょう。


【食事がお菓子だけで、サプリメントをとれば大丈夫】

ということは一切ありません。


そして「飲むだけで痩せるサプリ」は、この世に存在しません。

もし発明されたら、40万円近くもするライザップに通う人は、いなくなって、

ライザップはすぐに閉店しますよね?


アフィリエイトという仕組みの影響もあり、

ダイエット商法に騙されている人が続出しています。


嘘のダイエットサプリは、

体脂肪は減らず、お金が減るだけです。


↓参考記事です。

栄養クイズ。即席ラーメンは骨折しやすくなる?

「即席ラーメンを食べ過ぎるとカルシウムの吸収を阻害する」

〇 か × か、どちらでしょうか?


正解は、↓こちらです。


↑〇ですね。


リンという無機質(ミネラル)が、カルシウムの吸収を阻害します。


これは運動部の人はもちろん、

スポーツをしていない人も、注意が必要です。


カップ麺やお菓子など、加工食品を頻繁に食べていると、

学校の成績や、受験、就職に悪影響が出る恐れがあります。


社会人になってからも、体調不良を起こしやすく、

将来やりたい仕事に就けないとか、収入が低くなる恐れも高いです。


↓関連記事です。

欠食せず、毎日3食をたべることが大事

朝食抜きは、太りやすいです。↓


↓ちゃんとした食事を【毎日3食たべること】が大事です。


食生活を楽しむと、健康的な生活を送ることが出来ます。↑


ダイエットは、【我慢や頑張りが必要なもの】ではありません。

つらいダイエットは、リバウンドするだけです。


↓関連記事です。


今は小学校~高校の補助教材などでも、

朝食の大事さを紹介しています。↓



まとめ

・安易な糖質制限ダイエットは危険!

・将来生まれてくる子供が病気になりやすい

・摂食障害(拒食や過食)になる恐れもある

・色々な食材をバランスよく食べることが大事

・即席ラーメンやお菓子を食べ過ぎないようにする

・ダイエットは我慢するものではない。食事は楽しむもの。


などが、この記事のまとめです。


↓『NHK高校講座 家庭総合』の公式サイト(今回の放送)です。

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/katei/archive/chapter024.html


最後に、効率良く痩せてリバウンドしないために、

どうすれば良いのかをお伝えします。


まず食事改善も運動も、【一時的にだけ】やっても、

その後にやめれば無意味です。

一時的に体重が減っても、リバウンドして元に戻るだけです。


もし断食や炭水化物カットなど極端なダイエットをすると、

【筋肉が減る】ので、リバウンドした時に同じ体重に戻ったとしても、

以前より体脂肪が増えていることにもなります。


ダイエットは、習慣化されなければ意味がありません。


リバウンドしないためには、

食事の内容、量、タイミング、運動、日常の活動、睡眠、ストレス管理など、

様々なことで、良い習慣を身につける必要があります。


大事な要素はいくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



この記事の中で、栄養バランスが大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、痩せる習慣を身につけることが可能です。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。