【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年7月21日放送のNHK『あさイチ』の【知ってビックリ!夏野菜の真実】という特集で、

一部で言われている【きゅうりで体脂肪分解】は嘘だった、と紹介していました。


でも

・きゅうりを「お菓子の代わりに食べる」という意味でのダイエット効果はある

・結局は栄養バランスが大事


とのことで、これには私も全く同意見です。


私の経歴は、↓こちらです。

きゅうりダイエットとは?

2017年9月に発売された本『きゅうり食べるだけダイエット』がきっかけで広まり、

その後、テレビなどいくつかのマスコミで取り上げられたこともあります。


2017年12月26日(火)に放送された『明日は我がミーティング』という番組のダイエット特集でも紹介していて、

私もブログで取り上げていました。↓


きゅうりダイエットのやり方は、

きゅうりを食事の最初に食べたり、

お腹がすいた時に間食として食べる、というものです。


痩せる理屈は、

きゅうりに含まれるホスホリパーゼという脂肪の代謝を促進する酵素が、

その後に入ってくる食べ物の脂肪を分解し、体脂肪になるのを防ぐ

という言い分でした。





しかし今回放送された『あさイチ』で、このことが否定されました。

ホスホリパーゼは体脂肪を分解するわけではない!

ホスホリパーゼは、脂肪分解酵素であることには間違いないのですが、

体に入ってくる食べ物の脂肪を分解したり、

既に体に付いている体脂肪を分解するわけではない、

とのことです。


産業用の酵素として、洗剤や化粧品などに使われたり、

一部の食品に活用はされていますが、体脂肪を分解するのとは違うそうです。


2年前から、研究が進んだということでしょうかね。



でも、きゅうりダイエットで実際に痩せた人が一定数いることは確かだと思います。

その理由を解説します。

きゅうりは脂肪を分解しないのに痩せる理由は?

ポイントは、↓これらです。

・単品に置き換えではない

・ベジファーストならぬ「おかずファースト」

・きゅうり以外でも良いということ


簡単に解説していきます。

単品に置き換えではない

「バナナダイエット」とか「リンゴダイエット」などの、ほとんどの単品ダイエットは、

一食を単品に置き換えるものでした。


これは短期的には確かに体重は減りますが、長期的には筋肉や代謝も減ってリバウンドします。


しかし、きゅうりダイエットは、【食事の最初に食べる】という方法でした。

これによって、その後の食事量が減ることになるのが、痩せる理由です。


これは、もうすっかり広まったベジファーストの効果と言えます。

ベジファーストならぬ【おかずファースト】

ちなみに最近は、ベジファーストならぬ「タンパク質ファースト」や「肉ファースト」なども広まっています。

結局は、糖質を後の方に食べる「おかずファースト」がお勧めです。


そして、おかずを【5分以上かけて】よく噛んで、ゆっくりと時間をかけることが重要です。


↓参考のサイトです。


↓単品置き換えダイエットだけでなく、安易な断食やファスティングも結果的に太るのでやらないのが良いです。

きゅうり以外でも痩せる

きゅうりダイエットで痩せる理由は、「おかずファースト」によるものなので、

そもそも、きゅうりでなくても構わないということです。


よっぽどきゅうりが好きな人でなければ、間違いなく飽きて続かないので、これを知れて良かったですね(笑)


なお『きゅうり食べるだけダイエット』の本でも、実は「きゅうりだけ」を推しているわけではありません。


「きゅうりをきかっけに食生活を変えることを目的としている」と本に書いています。↓


↓目次を見るとわかる通り、実際にきゅうりのことは、本の中のわずかな部分でしか取り上げていません。



先ほど紹介したテレビでは、本の中の一部分だけを切り取っていたということですね。


これは他のジャンルでもありますが、特にダイエット情報ではよくあることで、

テレビのダイエット情報を鵜呑みにするのは危険】ということも知っておきましょう。↓


なおこの本は、Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited』に登録されているので、会員になると無料で読むことが出来ます。



『Kindle Unlimited』に登録されている本は、かなり多いし、30日間無料体験もあるので、お勧めです。

まとめ。習慣を変えないダイエットは無意味!

・キュウリに含まれる脂肪分解酵素で体脂肪は分解されないことがわかった

・でも、きゅうりダイエットで痩せる人もいる

・きゅうりではなく、他の物でも痩せる。

・おかずファースト&よく噛んで食べることが大事


というのが、まとめですね。


またこの記事の中で、【おかずファーストとよく噛んで食べることの習慣化】が大事だと伝えましたが、

リバウンドしないダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、


オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。