【元ライザップのトレーナーが解説】

『文藝春秋 増刊 医者とクスリに殺されない賢い患者学 2015年11月号』に

『官房長官のスープカレーダイエット』

という記事が、5ページにわたり載っています。↓

(初出は文藝春秋2011年11月号のようです。)


検索すると、↓「朝カレーダイエット」と他の雑誌か何かでも、紹介されていたようです。

↑確かに、以前はふっくらしていましたね。


しかし、私が文藝春秋の記事を読んだところ、

・菅さんが4ヵ月で14キロの減量をした方法

・その後もリバウンドしていない理由

などの【本当の要因】を読み取ることが出来ました。


実は、菅総理が痩せた要因で、

【スープカレーは、ほとんど関係ありません!】


このブログのポイントは、↓これらです。

・痩せた要因の真実

・朝にスープカレー

・政治家ならではの夜の会合

・甘いもの好き

・運動

・リバウンドしない方法


↓私の経歴です。

菅総理が痩せた理由は?

菅総理は、2010年3月末からダイエットを始めて、

4ヵ月で14キロの減量し、76kgから62kgになったそうです。

ちなみに、身長は166cmと書いてあります。


スープカレーダイエットをやろうと思ったのは、

たまたまテレビで「スープカレーダイエット」を紹介していたのがきっかけだそうです。


ちょうどテレビを見る、少し前の人間ドックで、

医者から「体重を落してください」と言われたばかりだった、

というのが重要ポイントです。


文藝春秋の記事を書いた時点で、菅総理は62歳(2011年)でした。


記事では、↓このようにも書かれていました。

「少なくとも70歳までは選挙に出て、現役の政治家を続けたいと考えているので、健康管理も職務の一環。政治家の仕事は体力勝負。」



ダイエットを成功させるためには、

まず、このように【痩せる目的や理由】が明確であることが重要です。


ダイエットが上手くいかない人のほとんどは、

目標設定の段階で、既に失敗しています。


【痩せる目的や理由】が無かったり、必要性が弱かったりすると、

そのダイエットが上手くいく可能性は、低いです。


・だた漠然と、【今年こそは痩せたい】という人は、

ほとんど上手くいきません。


・【来年の●月に結婚式があるから、絶対に痩せる】

という女性は、ほぼ確実に痩せます。


菅総理の場合は、医者に警告されたすぐ後に、

たまたまスープカレーダイエットの特集を見て、

「好きなカレーを食べてダイエットになるなら、と思って始めた」とのことです。


実はスープカレーでなくても、痩せていたはずです。

スープカレーダイエットとは?

菅総理が朝食でやっていたのは、↓この2つです。


①毎朝スープカレー(白米無しで、野菜たっぷり、鶏肉100g)を食べる。

②その後に、↓この3つを食べる。

・納豆にオクラを入れたもの

・野菜ジュース

・ヨーグルトに黒豆と蜂蜜をかけたもの


ここでの痩せた要因は、↓この2点です。

・白米無しで、野菜たっぷり、鶏肉100g

・納豆にオクラ


ヨーグルトも結構良いですけどね。


ダイエットで重要なポイントは、↓これらです。

・糖質が多くない(糖質カットなどと少なすぎるのは良くない)

・タンパク質がしっかりある(多過ぎは良くない)

・野菜が多い(海藻類、キノコ類、豆類なども大事)


↑この条件が揃っていれば、【スープカレーでなくても】痩せます。


また【野菜ジュース】は、市販の物なら飲まない方が良いです。

理由は、栄養素が、そぎ落とされているからです。


↓酵素ドリンクに、実は栄養価が少ないのと同じ原理です。

菅総理の昼食と夕食は?

お昼は、【メニューを選べる時は、なるべく蕎麦を食べた】とのことです。


麺類の中では、蕎麦は最も太りにくいものなので、

十割蕎麦であれば、ダイエットには悪く無いですね。


【定食のごはん半分】の方が、お勧めです。



夕食は、「食事をとりながらの打ち合わせや会合が多く、1日に2件~3件回ることもある。」

とのことで、

「なるべく食べる量を抑えた」と書いてあります。


政治家が、全般的に太りやすい最大の理由は、この夕食ですね。


記事にも、

【政治家は夜の会合が多く、肥満は職業病と言える。】

と書かれています。


もし週に数回、1日に2件~3件回って、

普通に食べていたら、ブクブク太っていって当然です。

心を鬼にして食べ物を残した

記事には、↓このように書かれていました。

【秋田県の田舎で生まれ育ちで、「食べ物を粗末にしてはいけない」「もったいない」という価値観は今でも大事にしたいと思っているが、健康第一なので、ときには心を鬼にして食べ物を残すようにしている



おそらく、ダイエットをする前は、

会合で、全て残さず食べていたと思われます。


この食習慣をやめれば、

朝食と昼食に気を付けなくても、痩せるでしょうね。

それほど、この夜の食習慣は、太りやすいです。


一般的に、【三食の中で、夕食の割合が最も多い】食事の習慣だと、太りやすいです。


また、夕食が遅い時間だったり、

お酒も飲んだりすると、更に太りやすいです。

よく噛んで、しっかり味わって食べる

日本の食料廃棄量は、世界でトップクラスで、大問題であることは事実です。↓


ちなみに内訳は、家庭での廃棄の方が、外食産業よりも多いです。↓


理想は、最初から食べる分だけを注文することですね。


毎回全てを食べて、病気になっては、元も子もないので、

「心を鬼にして食べ物を残す」というのは、

ある程度は、仕方ないとも思います。


そして普段から、食べ物の有難さに感謝し、

【よく噛んで、しっかりと味わって食べること】も、ダイエットには重要です。

菅総理は大の甘党

菅さんは、お酒を飲めないが甘党で、

周りの人にも知られているそうです。


記事では、【よく差し入れをもらうが、最近は我慢している。】

と書いてありました。


これも、菅総理が痩せた、大きな要因ですね。


ちなみに9月上旬に放送された『Nスタ』などの番組でも、

「甘いもの大好き」と紹介していたので、

おそらく現在は、甘い物も解禁しているのでしょうね。↓


ここまで【食事面】を見てきましたが、

【スープカレーは、ほとんど関係無い】ということが、

充分わかったと思います。

菅総理は散歩やよく歩くのを日課にしている

記事には、↓このように書いてあります。

・「私のスープカレーダイエットは、身体を動かすことも重要」

・「食生活の改善に加えて、とにかく歩くこと。この両者のセットで体重が減った。」


などと、運動も重要視していたようです。


具体的には、↓このようなことも書いてありました。

・週末は朝食後に5千歩~6千歩ほど散歩する。

・平日でも時間がとれる時は出来るだけ歩くし、街頭演説で声を張り上げるのもエネルギーを消費する

・夜も会合が終わったあとに、永田町から新橋まで30分~40分かけて歩く。

・あるいは車で帰宅する際に、少し前で降りて、自宅まで歩く。

・スポーツクラブにも週に一度は行って、ランニングをしている。


↓『ダイエットには運動1割、食事9割』という本もある通り、ダイエットには食事改善の方が重要です。


しかし、標準体型に近づくほど、運動の重要性も高まってきます。


そして食事だけでなく、運動も【習慣化】することが最重要です。

どちらも習慣化しなければ、必ずリバウンドします。


運動は嫌々やったり、必死に頑張っても長続きしません。

習慣化するには、楽しみを見いだすことが重要です。


記事の中に、

「歩くことは、頭のクールダウンにもなる。」

とも書かれていたので、菅さんは上手く習慣化できていたのでしょうね。


なお先ほども紹介した『Nスタ』によると、

最近は、朝に散歩や腹筋を日課にしているそうです。↓

体重の目標設定は小刻みにする

記事には、↓このようなことが書かれていました。

・成功した理由の一つは、小刻みに目標設定したこと。

まず70キロを目標。次に68キロ、66キロと目標にした。

・目標をその都度クリアしていくことが、自信にも繋がる。


どれも良いことですね。


よくある失敗するダイエットは、

【来月までに10kg痩せる!】のように、

1つだけの目標で、無茶な目標であることが多いです。


【短期的な目標】と【中長期的な目標】のどちらも設定することは、

とても重要です。


私が以前書いた記事でも、正しい目標設定のやり方を紹介しています。↓

リバウンドを防ぐには?

「今でも1日2回体重計でチェックし、ちょっと増えたら、理想値の62キロに戻している。」

と記事に書かれています。


リバウンドする人がよく言うセリフで、

「久しぶりに体重計に乗ったら、●キロも増えていた!」

というものがあります。


菅総理のやり方は、理にかなったものですね。

おそらく2020年の今でも、リバウンドしていないと思われます。


ちなみに体重測定は、同じ条件で1日1回測るだけでも良いですけどね。


普段、体重を測る習慣が無い人であれば、

【体重が1日の中でも、大幅に変動している】

ということを知るために、最初は1日2回測っても良いですけどね。

まとめ

・痩せる理由や目的が大事

・スープカレーは痩せた要因ではない

・夜の会合が太る原因だった

・運動も習慣化

などが、菅総理が痩せて、リバウンドしていないポイントです。


総合的に見て、良いダイエット方法と言えますね。


ダイエットをよく失敗する人にとって、

良い学びになる点が、いくつもあります。


実際に読んでみたい方は、

↓AmazonのKindle版で読むことも可能です。

文藝春秋11月臨時増刊号 医者とクスリに殺されない賢い患者学 [雑誌] Kindle版


ダイエットに大事な要素は、いくつもあるので、

次々と登場する「〇〇だけ」ダイエットで痩せないのは当然のことです。



このブログ記事の中で、【夕食を軽めにすること】や、

【よく噛んで食べること】の習慣化が大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にも大事な習慣がいくつかあります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、


オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。