【元ライザップのトレーナーが解説】

なぜ「~だけ」という「簡単ダイエット」で痩せることが出来ないのに、何度も騙される人が多いのでしょうか?

大抵の「〇〇だけダイエット」は、一時的には体重が減っても、結局は長続きせずリバウンドします。


【リバウンドして、以前と同じに体重に戻る】だけなら、まだ良いのですが、

同じ体重に戻っても、【ダイエット前よりも筋肉が減り、体脂肪が多い】ということも多く、非常に危険です。


本当のダイエットは、一時的な体重減少ではなく、

【痩せたままでいる習慣】を身につけることです。


私の経歴は、↓こちらの記事をどうぞ。

効果が無い「簡単ダイエット」が生み出される流れは?

一見、成果があると思わせる「簡単なダイエット」を作り出す

万年ダイエッターが「今度こそ本当に痩せる?」とお金を出す

「仕掛ける側が儲かる」


という流れです。


「仕掛ける側」は、以前は

・テレビ番組

・本、雑誌

くらいでしたが、最近では

・YouTube

・SNS

などインターネットでの情報も非常に増えています。


↓コロナで営業をストップしていたライザップも、営業再開後、既に5.5万人も利用してるそうです。


↑ちなみにこれは、Facebookに出てきた広告です。


ライザップの費用は、最低でも2ヵ月で34.8万円(税抜き)なので、

いくら世の中にダイエット情報が増えても、

ダイエットに悩む人は多いということですね。


ちなみに誤ったダイエットをして状況が悪化すると、

拒食症や過食症などになってしまうこともあります。

代表的な効果が無い「~だけ」ダイエットは、飲む、巻く、乗る、着る、履く

ネットには、テレビや本よりも、誤った危険な情報が多いですね。


その原因はアフィリエイトの仕組みです。↓


詳しくは、↓こちらをどうぞ。


アフィリエイトで騙されている人が多い代表的な「〇〇だけダイエット」は、

飲む、巻く、乗る、着る、履く、などの【だけ】です。


そもそも、もし本当に、安価なこれらの〇〇だけで痩せるなら、

高額なライザップやエステの会社は、とっくに倒産していますよね?

ダイエットで痩せるのは総合得点

健康的に痩せて、それをキープするためには、複数の生活習慣を身につけている必要があります。


具体的には、↓これらのようなものがあります。


・栄養バランスが良い食事

・3食の適切なボリューム

・3食のタイミング

・食べ方

・睡眠

・ストレス

・日常の活動や運動


また『運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』というタイトルの本があり、

ベストセラーになっていますが、


これは正しいことだと、元ライザップのトレーナー&元警察官である私も断言します。

運動だけで痩せるのは、かなり難しい!

・1日5分の〇〇運動だけで痩せた!

・3分でお腹回りを引き締める魔法の腹筋!

・ハンドクラップダンスで1ヵ月で10kg減!

・足パカダイエットで激やせ!


などという、ちょっとした運動だけで痩せる、というのは全て嘘・誇大広告と言えます。


食事改善無しの場合は、数年以上、着実に運動をコツコツと積み重ねれば

1年で2kg~3kgくらいのペースなら痩せていくことはあり得ますが、

多くの情報が誇大広告です。


ランニングやウォーキングで1kgの体脂肪を減らすには、かなりの努力が必要です。


【筋肉を付けて基礎代謝を上げて、太りにくい身体にする】も誇張しすぎです。

パーソナルジムで痩せる理由は、徹底した食事指導!

ライザップが登場したのは2012年で、スポーツクラブはその前からいくらでもありました。


しかしスポーツクラブに長年通っても、思うように痩せない人が多かったので、

食事指導を徹底的にやるライザップで痩せる人が続出して、パーソナルトレーニングジムが一気に広まりました。

数少ないお勧めの「~だけダイエット」は?

それは、↓この3つです。

・よく噛んで食べるだけ

・おかずファーストで食べるだけ

・食べたものと体重を記録するだけ

よく噛んで食べるだけ

【早食いの人は太りやすい】ということは、様々な研究結果から明らかにされています。


よく噛むことによって、食べ過ぎと、血糖値の乱高下を防ぐことに繋がって痩せます。


具体的には、↓この2点をやるだけで、徐々に痩せていきます。


1 口の中に入れたものが、「もうこれ以上噛むことが出来ない」というくらい小さくなるまで、よく噛む。

2 更に、「しっかりと味わって」食べる。


それでも、「なかなか習慣化できない」という方には、

【食べ物を口に入れるたびに毎回、箸を置く】というのもお勧めです。

おかずファーストで食べるだけ

野菜など食物繊維がある物を先に食べる【ベジファースト】は一般的になってきましたが、

最近は【タンパク質を先に食べるのが良い】という説も広まってきています。


どちらにせよ、【糖質を後から】 というのは同じで、【おかずファースト】と呼ばれています。

具体的には、【野菜などとタンパク質の物を交互に食べる】のが良いと思います。


満腹感は時間差があって、出てきます。

それなので、おかずファーストで食べていて、腹7分目~腹8分目くらいになって、

まだ炭水化物や糖質の物が残っているなら、それらは残すのが良いですね。


次回からは、炭水化物や糖質の量を最初から減らすようにしてき、

適切量を見極めていきましょう。

食べたものと体重を記録するだけ

「レコーディングダイエット」は、

2007年に発売された岡田斗司夫さんの著書で紹介されたダイエット法です。


大事なことは、

体重の増減に一喜一憂しないことと、

モチベーションに頼らずに「仕組み」に頼ることです。


毎日記録することは、↓この2点です。

1 飲み食いしたもの全て

2 体重と体脂肪率


ダイエットが上手くいかない人は、本人の自覚以上に、沢山食べ過ぎている傾向があるので、

飲み食いした全ての物を記録するだけで、正しい認識になり、食べる量が減ることにも繋がります。


体重と体脂肪率は、毎朝、【同じ条件で計測すること】が大事です。


具体的には、起床後、

【何も飲み食いする前で、すぐにお手洗いに行った後】

という条件に統一するのがお勧めです。


体重や体脂肪率は、食事前後、運動前後、入浴の前後など、

ちょっとしたことで数値がすぐに変わります。


毎朝同じ条件で測っても、数値の変動があります。

その数値に一喜一憂しないことも大事です。


淡々と数値の推移をグラフに記録して、

食事量や内容、タイミングなどとの因果関係を考えてみましょう。


体重などが前日より増えただけで、悲嘆するのは無駄なことです。

もし連日で増えたなら、何らかの改善が必要です。


最も簡単な改善は、夕食の炭水化物を半分にするか、無しにすることです。


ちなみに朝食を抜くのは、愚かな方法です。

栄養バランスを良くすると痩せる!

これまで紹介した3つの「〇〇だけ」を実践するだけでも、多くの人が簡単に無理なく痩せることが可能です。


更に一歩、先へ進みたい方は、栄養バランスを良くすることを考えてみましょう。


【おかずファースト】を実践するだけでも、栄養バランスは自然と良くなっていますけどね。


まとめ

まず「〇〇だけ」というダイエットでは、長期的に痩せたままでいる、

【本当のダイエット】が出来ないことが理解できたでしょうか?


そして、↓この3つの「〇〇だけ」の効果もわかったでしょうか?

・よく噛んで食べるだけ

・おかずファーストで食べるだけ

・食べたものと体重を記録するだけ


あとは実践するだけです。


【ダイエットは一生続く生活習慣】なので、最初から全てを完璧にやろうとする必要はありません。


1つずつ、無理なく出来ることから、習慣化を目指してやってみてください。


今回の記事の中で、おかずファーストや、よく噛んで食べること、などの習慣化が大事だと伝えましたが、

ダイエットのためには、他にもいくつかの習慣を身につける必要があります。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、


オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。