2019年1月15日に唐津港から壱岐島に行き、2泊して17日に博多に行きました!
1月16日に自転車で壱岐島を一周したので、2泊3日の滞在の様子を記録に残しておきます!

なぜ壱岐島へ? なぜ自転車で一周?

今回、約1週間の九州の旅で、その場その場で行き先を決めるスタイルだったのですが、

正直言って、あまり大きな理由がなく壱岐島に行ってみようと思いました。

敢えて言えば、まだ訪れたことが無かった 「島」 に行ってみたかった、というくらいですね(笑)

ちなみに国内だったら、沖縄の波照間島や与那国島↓、小笠原諸島の父島↓、鹿児島県の与論島↓、などは既に行ったことがあり、自転車やバイクなどで一周をしています。

八重山諸島の旅のまとめ

小笠原諸島旅行のまとめ

“元”日本最南端の『与論島』と幻の島『百合ヶ浜』



また海外だと、アイスランドはレンタカーで一周↓、メキシコのリゾート地であるコスメル島は自転車で一周↓などもしています。

アイスランドのまとめ(自力で氷の洞窟への行き方、オーロラ、レンタカーでアイスランド一周情報なども)

恋するコスメルをレンタル自転車で一周 4/7

なぜバイクや自動車でなく自転車で一周?

自分は現役のアスリートだし↓

スパルタンレース仙台・楽天スタジアムに参加してきた!2018/12/15 仙台でスパルタンレースのチームメンバーも募集!

【人生で最も熱かったLAでの10日間】アルティメットビーストマスター(Ultimate Beastmaster)

元警察官、元ライザップのトレーナー、世界一周×3回している増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介など



また自転車の方が、小回りがきくし細かいところも見て回れるし、安いし、トレーニングにもなるので、自分にとっては自転車以外の選択肢は、ほぼ無かったですね(笑)

今回の壱岐島へのルート

1/14に佐賀で、最終日の「肥前さが幕末維新博覧会」を見て、

翌2月15日の10:20発の唐津港からのフェリーで、12時過ぎに壱岐島の印通寺港に着きました。

なお博多港からだと、芦辺港や郷ノ浦へのフェリーがあり、2時間25分くらいかかりますが、

ジェットフォイルという高速船だと、博多から1時間10分で着きます。

費用は、フェリーだと2000円強で、高速ジェットだと4000円強くらいです。

航路や詳しい費用は、↓こちらの公式サイトをご覧ください。
九州郵船

なお印通寺港から芦辺にはバスで行き、芦辺港に歩いていく途中で、予約していたAirbnbの宿の方が車で迎えに来てくれました。

レンタル自転車・壱岐ちゃり

この日は芦辺港観光案内所に行き、レンタル自転車のことを詳しく聞きました。



↓このように、レンタル自転車のしっかりとした地図があります。



そして明日の朝9時から17時まで借りようと思いました。

オンシーズンなら予約しておくのが良いと思います。

1月16日、いざ壱岐島一周!

結論から言うと、今回は、↓このようなルートを反時計回りで周りました。

距離はおそらく60kmくらい走りました。

自分はアスリートで普段から運動しているので特にきつくなかったですが、普段から運動してない人には、きついと思います(^^;)

なお壱岐島の広さは山手線の内側の2倍くらいですが、神社庁登録の神社だけでも150社もあり、

神道発祥の地という説もあって「神々が宿る島」とも呼ばれパワースポットとしても知られています。

ちなみに、自分は電動自転車に初めて乗りましたが、坂道が楽で驚きました!

最初の頃は、節電のため、設定をマックスではあまり使わなかったですが、結果的には返却した時点でも充電は30%以上残っていて、余裕がありました。

訪問地は?

行った順番に書くと、男嶽神社、鬼の窟古墳、猿岩、観音和多、鬼の足跡、ツインズビーチ、郷ノ浦港、賽神社、玄海酒造、原の辻、和製モンサンミッシェルこと小島神社、はらほげ地蔵、清石海水浴場、などです。

男嶽神社

最初に訪れた、男嶽神社の辺りの坂道が最も急でした。



男嶽神社は、自分も大好きな手塚治虫氏の漫画「火の鳥」によく出てくるキャラクターの猿田彦と関連があり、Twitterによるとたまたま一昨日(1/14)は、手塚るみ子さんも訪れてたようです。

壱岐古墳群

自分が見た地図には6つの古墳が紹介されていましたが、島を一周するために時間を節約しておきたかったので、とりあえず鬼の窟(いわや)古墳だけに行ってみました。


↑これが実際に自分がレンタルした自転車です!

猿岩

猿岩が、壱岐島で最も有名なスポットのようですね!

自分も昔、「奈緒子」という漫画を読んでいて、そこにも登場していました!

たまたま栄養補給用にバナナを持っていたので、猿だけにバナナも写真に入れておきました(笑)

観音和多

猿岩のすぐ近くに、↓このような看板がありました。

島を一周して17時までに自転車を返却しなければいけないので、ここに行く価値があるかどうかを探るためにその場でGoogle検索しました。

そしたら 「どれが観音和多なのか、わからなかった。」

という書き込みがあったので、とりあえず行ってみました(笑)

でも行ってみたら、すぐにわかりました。(また別の看板もあったので。昔は無かったのかも?)



太郎礫・次郎礫は、↓この2つの岩のようです。

鬼の足跡とツインズビーチ

猿岩や観音和多の辺りからの直線距離は近いですが、湾をぐるっと回って行くので、結構な距離がありました。

なかなかの迫力があって良かったです!

2年前に、レンタカーでアメリカ横断した時に訪れた、ホースシューベンドやグランドキャニオンなどの大自然を思い出しました^^

キャンピングカーでのアメリカ大陸横断のまとめ記事ブログ、ルート、お役立ち情報など



鬼の足跡から比較的近いツインズビーチにも行きました!

夏だったら泳いでたところですね^^

郷ノ浦港、賽神社

島で最も栄えているという郷ノ浦の中心部を見て、郷ノ浦港にも行ってみました。

郷ノ浦港に着いたのが13時過ぎで、自転車のレンタル時間は9時~17時だったので、丁度半分くらいでした。

このペースだと、時間に余裕があったので、フェリーターミナルで一休みしました。

玄海酒造

壱岐島は、麦焼酎の発祥の場所ということで、宿の人から教わっていた玄海酒造の酒蔵を見学させてもらいました!

アポなしでも見学が可能です。

自転車だったので、試飲はしませんでした^^

原の辻、和製モンサンミッシェルこと小島神社

島の南東方向に行き、原の辻遺跡へ!



そして、和製モンサンミッシェルこと、小島神社へ!

干潮は10:16だったので、午前中なら海を渡れましたが、今回は島を反時計回りで巡ることにしたので、海を渡ることは次回にとっておきました。

ちなみに本物のモンサンミッシェルには、2年前の世界3周目の時に訪れています↓

世界3周目。パリから直通バスで日帰りモンサンミシェル 2/20



更にちなみに、世界1周目と2周目はピースボートでの船旅でした。

●【ピースボートで世界一周×2 のサイトマップ】

↑↓毎日の出来事を書いた日記や、全ての費用の明細なども書いています。

●【バックパックで世界3周目のサイトマップ】

はらほげ地蔵、清石浜海水浴場

満潮時だとお地蔵さんのお腹まで海水に浸かってしまうそうです。



清石浜海水浴場も海だけでなく、空も綺麗でした!

壱岐島一周を達成!

16時過ぎに、芦辺港で自転車を返却しました!

やや急ぎ足で周ったので、リミットの17時よりも結構早く返却することが出来ました。

最初にも書きましたが、普段から自転車によく乗ってるとか、結構な運動をしているっていう人でなければ、一周は楽ではないので、

そういう人が島を一周するには、1泊2日で自転車をレンタルするか、またはバイクや自動車をレンタルのが良いと思います。

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ。