ピースボートと言えば、居酒屋や商店街にポスターが貼ってあることで知名度は高いですが、実態はあまり知られていない存在ですね。

そして飛鳥Ⅱと言えば、日本の豪華客船の代名詞とも言えます。

私は以前ピースボートに乗ったことがあり、今回は飛鳥Ⅱに初乗船したので、

ピースボート乗船経験者の視点から、飛鳥Ⅱの乗船記を書いておきます。

↓これらの項目でお伝えしていきます。

・これまでの旅歴
・飛鳥Ⅱ乗船1日目。乗船 ~ 出港
・夕食、マジックショー
・様々な施設、イベント、夜食

・乗船2日目。ジム、大浴場
・朝食
・ビンゴ大会
・昼食、下船
・翌日の体重は?

前回書いた記事は、↓こちらです!

ピースボートと飛鳥Ⅱの2つのクルーズに乗ったので比較してみた【費用、客船などの設備編】

これまでの旅歴

私はこれまでピースボートに3回乗船していて、

そのうち2回が世界一周で、1回は10日間のショートクルーズです。

具体的な日程や期間、航路などは、

↓こちらの通りです。


・1度目の世界一周は、第71回ピースボートで、

2010年10月25日に横浜を出航し、2011年1月19日までの87日間

で、航路は主に北半球ですが、後半はイースター島やタヒチにも寄港しました。

・2度目の世界一周は、第78回ピースボートで、

2012年12月14日~2013年3月25日の102日間で、

航路は冬の日本を脱出して、夏の南半球を巡るものでした。

・3度目のピースボート乗船は、「ゴールデンウィーク・ショートクルーズ」で、

2018年4月24日 ~ 5月3日の10日間で、韓国を訪れる航路でした。

・また2016年からは200日間をかけて、バックパッカーでの世界一周をしています。



●それぞれの代表的な記事は、↓こちらです。

世界一周の船旅・ピースボート71回クルーズの乗船記まとめ記事。実態、噂、真実、真相、体験紀。



世界一周の船旅・ピースボート78回クルーズ(南半球航路)の乗船記まとめ記事。実態、噂、真実、真相、体験記。



5年ぶりにピースボートに乗船したら、食事や設備など色々なことが進化していた!ゴールデンウィーク・ショートクルーズ2018のまとめ



世界3周目のまとめ。バックパックとピースボートの世界一周の違いなど旅のスタイル編



そして今回、飛鳥Ⅱに乗船したのは、

「横浜・仙台ゆったりワンナイトクルーズ」

という1泊2日のクルーズです。

飛鳥Ⅱ乗船1日目。乗船 ~ 出港

横浜の大さん橋に集合し、上の階の部屋の人から船に乗り込んでいきます。

自分は7デッキの部屋で、最後の方の16時過ぎに乗船しました。


ここが部屋です。


ピースボートに乗った時は節約のために、

4人部屋で窓が無い、最も安い部屋を選びましたが、


飛鳥Ⅱでは最も安いこの部屋でも、窓があり、湯船もついていて、

トイレにはウォシュレットもついていました。



●ティータイム

まずは船内新聞を見て

「ティータイム(スイーツ)」へ向かいます。

↓この3種類のケーキの他にも、写真には写っていませんがクッキーやチョコレートもありました。



↓11デッキの先端にあるビスタラウンジは、

日光が差しこんで優雅な雰囲気の空間でした。



もし気温が暖かければ、プールに入ろうと水着も持ってきていたのですが、

この日は、あいにく曇りでした。

名物の飛鳥バーガー

16:40頃にリドカフェ&リドガーデンへ!

以前ネットで、評判だと見たことがある飛鳥バーガーを食べました。

日替わりで様々な種類があるようで、

この日は、ドライカレーバーガーでした。



アイスも沢山の種類があって、いくつか食べましたが、

どれも美味しかったです。



↓ビールは有料ですが、飛鳥バーガーなどは船代に含まれているので、

食べない手はないですよね。


夕食に備えて、ピザやスパゲッティは我慢しておきました(笑)

出港式

16:50頃に。セイルアウェイパーティーで7デッキへ。

シャンパンと、ノンアルのお洒落な青いドリンクが配られていました。



出港式と言えば、紙テープ投げですよね。

↓スタッフの方が配ってくれます。



紙テープを岸壁に向かって投げましたが、

逆風だったこともあり、残念ながら届きませんでした。

予定通り、17時丁度に出港し、

徐々に船が岸壁から離れていきます。



ピースボートの時は世界一周クルーズなので、

感動して涙を流している人もいましたね。


今回はワンナイトクルーズですが、

それでもやはり出港の様子は何度体験しても良いものですね。

少ししてからは最上階の12デッキの前方に移動し、

横浜ベイブリッジの下を通過するところを見ました。

横浜のベイブリッジの下を通過するのは、

ピースボートでも飛鳥Ⅱでも共通のことですね。





船が橋にぶつかることがないのは分かっていますが、

飛鳥Ⅱの方がピースボートよりも大きいので、

つい余計な心配をしてしまいますね(笑)

夕食、マジックショー

夕食は、メインダイニングでは2回制で、

今回は早い時間の方でした。


スープとデザートは3種類から、

メインディッシュは5種類から選ぶことが出来て、驚きました!

ブルーテとかポワレなど、

一般庶民の自分には、初耳の食べ物が多かったです笑



どれも手が込んで作られている感じが伝わってきて、

とても美味しかったです。



●マジックショーなどの船内イベント

20:15からは今夜のメインのイベントである、

「飛鳥Ⅱイリュージョンマジックショー」を見ました。


イリューシンマジックは、当然のことでしょうけど

タネが全くわからず、不思議な現象が次々と起きていて、

驚きの連続でした。

その後も、ディスコタイムやオーケストラなどのイベントがあり、

退屈しません。



●夜食でもスイーツ!

22:45には夜食へ。

16時に乗船してすぐのティータイムを含めると、

これで4食目になります笑


いりこ出汁のひじき麺、笹おこわ、帆立焼売などがあり、

特に帆立焼売が美味しかったです。



更にフルーツや、小さなスイーツが5種類もあって、

またまた驚きました。



ちなみに今回は見なかったですが、

船内のシアターで映画を見ることも出来て、

今日は「ボヘミアン・ラブソディ」が上映されていました。

その後は、グランドスパ(大浴場)へ。

部屋に浴槽がありますが、使う必要はないですね。

サウナは普通のものと、スチームサウナの2種類がありました


16時に乗船して、沢山食べて、

イベントも多くて、充実した1日でした。

乗船2日目。ジム、モーニングコーヒー

昨日は食べ過ぎたので、早起きしてフィットネスセンターに行き、

軽くですが運動をして汗を流します。


ちなみにフィットネスセンターは、24時間オープンしています。



インストラクターがいる時間は、

飛鳥デイリーという船内新聞に書いてあります。

↓エアロバイクやトレッドミルには、操作方法も書いてあるので、

インストラクターがいない時間でも、簡単に利用出来そうです。


大海原を見ながらトレーニングするのは気持ち良いですね。

オープンしてすぐの6時過ぎにグランドスパ行ったら、10人以上もいて驚きました。

昨晩と違って、外の景色を見ながら大浴場に入るのは気持ち良いものですね。


その後は、モーニングコーヒーへ。

朝からコーヒーやお茶、フルーツだけでなく、

5種類のスイーツが並んでいました。



流石に5種類は食べなかったですが、2つは食べました。



コーヒーカップは、

飛鳥Ⅱ名誉船長でもある加山雄三さんのデザインとのことです。

ストレッチ体操、朝食

7時からストレッチ体操に参加して、

身体を動かし、この後の朝食に備えます(笑)

朝食は5階では和食、11階ではビュッフェ形式ということで、

まず5階へ行きました。




朝から、凝った内容で流石、飛鳥Ⅱだなと思いました。

さらに11デッキへ行きます。



ここでの注目は、

シェフが注文を受けてからオムレツを作ってくれるところです。



↓ケチャップでイルカが描かれていました!



更には、焼きたてのパンを配ってくれて、

やはり焼き立てだと美味いと思いました。



更には、フレンチトースト、パンケーキ、ワッフルの3種類を

やはり注文してから作ってくれるグリルコーナーを発見してしまい(笑)

フレンチトーストを食べました。


次に6デッキのビストロへ。

飛鳥デイリーにはティータイムと書かれていますが、

ここでも軽食をとることが出来ました(笑)

でも流石に、ここではドリンクだけにしておきましたが。



飛鳥Ⅱでしか味わえないスペシャルハーブティーや、

クレマコーヒーなどのメニューもありました。

ビンゴ大会、社交ダンス教室

10時からはビンゴ大会に参加します。



3種類のビンゴゲームをやって、

沢山の人が何らかの景品をもらっていました。

11時からは、↓この3種類のイベントが開催されていました。

・バルーンアート教室
・シャッフルボード大会
・社交ダンス教室

私は社交ダンス教室に参加し、

マンボと飛鳥マンボというのを教わりました。

昼食、下船

通常のワンナイトクルーズだと、

午前9時~10時頃に入港のことが多いようですが、

今回は「ゆったりワンナイトクルーズ」ということで

14時に入港なので、昼食も船内で食べることが出来ます。

そして昼食もまた、

5デッキと11デッキのレストランで別々のメニューが用意されています。


11:50頃に、まずは5階で、海鮮ばらちらし寿司を食べます。



デザートの水わらびもちが、また綺麗だし美味しかったです。



席の担当の方は、飛鳥Ⅱの前身のクリスタルハーモニーから12年も働いているとのことで、

日本語もとても上手かったです。



12:40頃から11階のリドカフェに行き、最後の食事を楽しみます。



海を眺めながら、ビーフカレーやスイーツなどを食べて、

もう思い残すことはありません(笑)



流石に食べ過ぎたので、卓球を30分くらいやってから、

荷物をまとめて下船しました。

仙台港から仙台駅まで、無料のシャトルバスが出ていました。

結局、食事は何回したのか? 翌日の体重は?

初日は4食でした。

2日目は、モーニングコーヒーを1食としてカウントして、

更に朝食と昼食を5デッキと11デッキで2回ずつ、

とカウントすれば、合計5食ということになりますね。

そうすると24時間弱で、9食ということになりますね。


夕方に乗って翌日の昼食後に下船したので、

本来なら3食のはずですが(笑)



●何キロ増えた?

ちなみに私は毎朝、自宅で体重測定をしていて、

乗船した5月20日の体重は63.1kgで、

下船した翌日、22日の体重は64.5kgでした。

9食といっても、

1食あたりの量は、そこまで多くなかったし、

運動も結構していたので、激増という程でも無かったですね。

ちなみに、このくらいの体重の増減は、

体内糖質量と水分によるもので、一時的なものです。

私が以前書いた、↓こちらの記事を見るとわかります。

【〇〇だけで、1週間で3kg減】などのダイエット広告は、実は凄いことではない理由とは? 糖質1gと水分3gの性質とは?



【体重が増えた = 太った】 と、

【体重が減った = 痩せた】 というのは間違った考えで、

【体脂肪が増えた = 太った】と

【体脂肪が減った = 痩せた】 というのが正しいことです。

ダイエットに失敗している世の中の多くの人は、体重の増減で一喜一憂していますが、

これはダイエット情報に無知なために起きることで、

正しいダイエット知識を知らない人は、ダイエットを失敗しやすいですね(^^;)



話はそれましたが、クルーズでの旅に少しでも興味がある人は、

とりあえず資料請求したり、船旅の説明会や、

船の見学会に参加するのが良いですよ。

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)



資料請求をしたら後日、電話がかかってくると思うので、

そこで全国各地で開催されている説明会について聞いてみてください。



※飛鳥Ⅱや、他のクルーズの情報は、↓こちらに沢山載っています。

クルーズ専門旅行会社