【元ライザップのトレーナーが解説】

2020年7月30日にNHKのBSプレミアムで放送された

『美と若さの新常識』のテーマは、

「新たなダイエットの王道! 胆汁パワー」というものでした。


紀元前5世紀に、医学の祖ヒポクラテスが

「胆汁が濃い人は痩せていて活動的だ」と言っていたそうで、

今回の番組では、世界最先端の研究の話を日常生活に落とし込んだ内容、とのことです。↓


↓私の経歴は、こちらをどうぞ。

胆汁ダイエットは、加齢による代謝低下を防ぐ救世主!?

年をとると、代謝が落ちて中年太りになりやすくなるのですが、

その原因の一つが、胆汁の働きの機能低下によるもの、とのことです↓


胆汁の主な働きは、↓この2つです。

・脂肪の消化と吸収

・代謝を上げる

胆汁ダイエット生活の実験

番組では、「胆汁ダイエット生活」という実験をしていました。


ルールは、↓この3つです。

・胆汁酸の質を良くする食材を毎日の食事にと入れること

・食事制限なし

・運動も普段どおり

↑体重やウエスト減少だけでなく、

内臓脂肪と総コレステロール値でも、素晴らしい成果が出ていたようです。

胆汁酸の質を良くする3つの食材

それは、↓この3つです。

・もち麦

・杜仲茶(とちゅうちゃ)

・海苔

もち麦

もち麦に含まれる、βグルカンという水溶性食物繊維がとても良い成分で、

便秘解消にも良いそうです。


なお便秘の人は、古い胆汁酸が腸内にたまることで、エネルギー代謝が阻害され、

ダイエットが上手くいかない原因や、大腸がんや肝臓がんの危険因子にもなる、とのことです。


↓以前私が書いた便秘に関する記事です。


もち麦の効力を高める食べ合わせで、

不溶性食物繊維や、レジスタントスターチを含む食材を挙げていました。


レジスタントスターチに関しては、丁度、この放送の前日、

2020年7月29日放送のNHK『あさイチ』で、【第3の食物繊維】として紹介していました。↓


また、もち麦の食べ方として、白米に混ぜるだけでなく、

カレー、チャーハン、中華丼、リゾットなどの時に活用するのを提案していました。


継続するためには、味の面も重要なことですからね。

杜仲茶

杜仲茶は、フレッシュな胆汁の分泌を促し、

体脂肪を燃やす役割がある褐色脂肪細胞が活性化されます。

全身の脂肪燃焼にも、内臓脂肪の減少にも良いそうです。↓


おすすめの摂取量は、1日あたり500ml以上とのことです。


杜仲茶に関して調べてみたら、

2013年5月18日に放送された、日本テレビ『世界一受けたい授業』の

【胆汁酸ダイエット】でも取り上げていました。↓


ちなみにこの時に、杜仲茶の他に紹介していた食材は、大麦、舞茸などです。


興味がある方は、↓公式サイトをご覧ください。

https://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/130518/01.html


杜仲茶のことは、私もあまり知らなかったので、早速Amazonで注文してみました。


↓この3点が良いなと思い、選んでみました。

・国産の茶葉

・水出しも出来る

・「ハーブティー」のカテゴリーでベストセラー


↓実際に届いて、煮だしてみたものです。

クセが強いなどは、特に無かったです。

海苔

海苔に含まれるポルフィランという水溶性食物繊維は、

胆汁酸の敵であるクロストリジウム菌という腸内細菌の一種をやっつけてくれる、とのことです。↓


味付け海苔ではなく、普通の焼き海苔の方が良いですね。

これを1日に2枚食べると充分な量だそうです。↓


大きな海苔を2枚だと、結構多いように感じますが、

これまで海苔を積極的に食べていなかった人は、とりあえず1枚から始めてみるのでも良いと思います。

朝食抜き、断食、極端な糖質制限などは胆汁症になりやすい!

これは番組では触れていなかったことですが、

日本消化器病学会では、

朝食抜きや、欠食、断食、過度な低糖質などをすると、胆石症の誘因になると警鐘しています。↓


今回の胆汁ダイエットと関係することですね。


↓情報元です。

【日本消化器病学会ガイドライン】

https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/tansekisyou_2.html


朝食抜きや、欠食、断食、過度な低糖質などは、一時的には体重が減っても、

筋肉や代謝も減り、結局はリバウンドして

以前より体脂肪が増え、痩せにくい身体になるだけです。


↓参考の記事です。

まとめ、結局は栄養バランスと習慣化が重要!

今回の番組での実験は、これまで通りの食事と運動に、

もち麦、杜仲茶、海苔の3つを付け加えるというものでした。


更に詳しく知りたい方は、↓番組の公式サイトをどうぞ。

https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2020/180/433521.html

https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2020/180/433522.html


しかし今回の3つの食材を意識しても、普段の食事や生活習慣がおろそかになっていては元も子もありません。


ダイエットでよくある間違いが、

単なる食事制限や、単品しか食べないことなので、

今回のような【付け加える】という方法は良いですね。


ダイエットでは、「~だけ」で上手くいくということは、ほとんどありません。


飲むだけダイエット、単品ダイエット、巻くだけダイエット、

など様々な「〇〇だけダイエット」がありますが、

一時的に体重が減ることはあっても、結局はリバウンドするものばかりです。


今回の番組で紹介していた3つの食材だけでなく、結局は栄養バランスが大事になります。


また欠食せず3食をとることや、

「食べる時間」や、「食べ方」、「睡眠」などの習慣も重要ですね。


↓この記事をじっくり読んで実践するだけで、95%以上の人は無理なく、きくつなく痩せる習慣を身につけることが可能だと思います。


また、もしライザップやフィットネスジムに通うことを検討していたり、

シックスパッドなどのダイエットグッズなど、費用をかけてでも痩せたい、という場合は、


オンラインダイエットを検討することがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。


大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。