2019年10月18日から10月23日まで、5泊6日でMSCスプレンディダというイタリアの豪華客船に乗りました。
最近は、ジャパネットたかたでもクルーズを紹介していて、日本にもクルーズの文化が広まってきていますね。

今回は、お得な方法で激安で乗り、

1泊辺り1万円以下で乗ることが出来ました。


このクルーズの体験記を書いておきます。

目次は、↓こちらの通りです。

●どのような船か?
●船内生活は?
●航路は?
●費用は?
●予約から乗船までの流れは?
●今後のお勧めクルーズ2つ
●格安で豪華客船に乗る方法は?

なお私のこれまでのクルーズ歴は、↓この両極端?なものだけです。

・ピースボートの世界一周クルーズ
・飛鳥Ⅱのワンナイトクルーズ

比較記事は、↓こちらです。

ピースボート乗船者が飛鳥Ⅱに初乗船! 食事やイベントを比較してみた乗船記ブログ



最近は日本でも増えている、外国の大型客船に乗るのは、今回が初めてでした。

●どのような船か?

MSCスプレンディダ
全長:333.3m
全幅:37.92m
高さ:66.8m
総トン数:137,936トン

乗客定員:4,364名
乗組員数:1,370名

デッキ:18層
喫水:8.67m
客室数:1,751室

ピースボートと飛鳥Ⅱの船のデータは?

比較のために、これまでに私が乗ったピースボートと飛鳥Ⅱの情報も載せておきます。

ピースボートで使用している船は、数年ごとに変わりますが、

2012年5月から現在も使用されているオーシャンドリームのデータは、↓こちらです。

・総トン数 35,265トン
・全長 205メートル ・全幅 26.5メートル
・乗客定員 1422人



飛鳥Ⅱの客船概要
・全長・全幅/241m×29.6m
・総トン数/50,142GT
・乗客数/872名
・乗組員数 約470名
・販売客室数/436室(全室海側)



比べてみると、今回乗ったMSCスプレンディダが、いかに大きいかがわかりますね。

↓写真の右の方に写っている車と比べると、船の大きさがわかりますね。



↓長崎で撮った写真ですが、遠くにある船がビルのようにも見えますね。

●船内生活は?

今回の5泊6日のクルーズ中に、

「終日航海日」という、

丸一日、海上にいるという日が、

2日間ありました。

この日数は、クルーズによって異なりますが、

クルーズでは、寄港地での観光だけでなく、

船内生活が大切になります。

船内新聞

どの船でも同じですが、

クルーズでは、船内新聞というものがあり、

船内の施設の利用時間や、

イベントの時間や場所などの情報が書かれていて

前日の夜に、部屋に届けられます。

これを見て、その日の行動計画を立てるようになります。

↓今回の実際の船内新聞です。

↓この日のイベントの一覧です。


↓レストランなど、各施設の営業時間などの情報です。


↓重要なお知らせや案内のページです。

部屋

今回は、もっとも安い部屋で、窓が無い内側の部屋にしました。

私はこれまでのクルーズでも、

寝る時以外は、ほぼ部屋にはいなかったので、

費用が安い部屋の方が、コスパが良いです。

そして、私の初めてのクルーズが、

ピースボートでの、2段ベッドが2つある4人部屋だったこともあり、

今回の部屋は、充分な広さがあると思いました。

もちろん、絶対に窓がある部屋が良い、

という人もいるので、

予算と好みに応じて、部屋を選ぶと良いと思います。

レストラン

主な無料のレストランは、2つあります。

メインレストラン

メインレストランは5階と6階に吹き抜けであります。

夕食だけは、席に着くと料理が運ばれてくる形式で、

朝食と昼食はビュッフェスタイルです。

そして夕食は、2回制で、

早い時間の人と遅い時間の人に分かれます。

↓とある日のメインレストランのディナー時の写真です。


↓メニューは、前菜、メイン、デザートが複数あり、毎日変わります。





今回、途中で他の人から聞いてわかりましたが、

前菜やメインのカテゴリーから、1つずつだけでなく、

複数の注文が出来ることが判明しました。

ビュッフェのレストラン

もう一つのレストランは14階にあって、3食だけでなく、

午後のスナックや、深夜のスナックも含めて、

全ての時間帯で、ビュッフェスタイルです。

利用出来る時間は、その日によって多少前後しますが、

大抵は、朝6時~深夜24時頃まで、

ほぼ常に、

何かを食べることが出来るようです。

そしてここは、とにかく広いです。

↓このように、コーナーごとに分かれてますが、同じコーナーのものも複数個所あります。







↓イタリアのクルーズ船なので、ピザやパスタも充実しています。





それぞれの時間帯で、提供される料理が違ってきます。

↑ピザがあるのは、大抵、11:30以降のようです。

↓バーガーなども、朝は無かったようです。



↓スイーツは常に複数あるので、長いクルーズの場合は、節制しないと確実に太ります笑




クルーズに乗りすぎて、ダイエットが課題の方は、

↓元ライザップのトレーナーである私が提供している、オンラインダイエットもお勧めです(^^)

詳しくは、↓こちらをご覧ください。

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザッ〇の1割の費用でこの結果】とは?



↓中東やアフリカの料理のクスクスです。

私は、以前このクスクスを、

本場のモロッコやチュニジアで食べたこともありますが、

船のクスクスも美味しかったです。

イタリアから、北アフリカはかなり近いので、

イタリアでも結構一般的なのかもしれないですね。

このように、世界各地の料理も楽しめます。

レストランのその他の情報

朝食と昼食の5~6階のメインレストランにあるメニューは、

ほぼ全て14階のレストランにあります。

逆に、14階にあって、メインレストランに無いもの、

というのは、無かったと思います。

また夕食をメインレストランで食べてから、

更に14階のビュッフェで食べることも可能です。

メインレストランで遅い時間なら、↑この逆も可能ですね。

また朝食と昼食にメインレストランで食べると、

他の乗客と同じ席になることもあるので、

交流を楽しみたい人や、様々なクルーズの情報を得たい人には、お勧めです。

シアター

寄港地に着く日も含めて、毎晩シアターでショーが行われます。

ミュージカルやコンサート、オペラ、アクロバティック的なものなど、

毎晩、異なったテーマのショーが複合的に行われていました。

↓とある日の演目です。



船が巨大なので、シアターもかなり広いです。




上の階の前方は、ヨットクラブという、良い部屋の乗客のスペースのようですが、

下の階の前方は、早く来た順番で座ることが可能なので、

私も前から2列目で見たりもしました。

↓写真撮影がダメというアナウンスは無くて、撮影している人も沢山したので、1枚だけ載せておきます。

プール

↓屋外のプールを、夜に撮影しました。



↓室内プールもあります。



プールもジャグジーも、温度管理されているので、

夏以外のシーズンでも、入ることも可能です。

それでもプールは、寒くて入りにくいこともあると思いますが、

ジャグジーは、全く問題無いですね。

レセプションや、吹き抜けのエントランス

吹き抜けで、多くの人がタイタニックなどでもイメージするような、

豪華客船の代表的な場所とも言えますね。

↓友達が良いカメラを持っていて、撮ってもらいました。



その他の施設・設備

他にも、↓これらのような様々な施設があります。

・複数のバーやラウンジ
・カジノ
・フィットネスセンター
・スパ&サロン
・図書室
・インターネットカフェ
・ショップ
・ディスコ
・ツアーオフィス
・医務室
・キッズクラブ

とにかく広いので、乗って最初の頃に、

様々な場所を探検するのが良いと思います。

イベント

船内新聞を見ると分かりますが、

毎日、様々なイベントが開催されています。

↓卓球大会の様子です。


↓フィットネスダンスです。


スポーツ系だけでなく、ゲーム的なイベントも多いです。



↓10月22日の船内新聞ですが、ゲームのイベントが多いのがわかりますね。



ゲームで成功すると、MSCグッズなどを貰えます。

↓実際に、私が手に入れたMSCグッズの一部です。




他にTシャツも、もらいました。

あとキャップやネームホルダー、マグボトルなどをもらっていた人達も多いです。

↓ちょっとしたゲーム的な要素と、参加型で、楽しい系のイベントの一コマです。


あとは、ダンス系のイベントも多いですね。

日本人は、苦手な人も多いかもしれないですが、

せっかくの機会なので、恥ずかしがらずに積極的にイベントに参加すると、

クルーズをより一層、楽しめると思います。

ドレスコード

大抵どのクルーズでも、夕方以降はドレスコードが定められています。

しかし今回乗ったMSCもそうですが、カジュアル客船の場合は、

あまり厳格ではない傾向があります。



ちなみに今回の5泊のクルーズでは、

ガラ(イタリア語でフォーマルのこと)は1日だけで、

あとは、ほとんどがカジュアルで、

他にはホワイトナイトという日もありました。

でも私は白色の服が無かったのですが、

そんなに厳格ではないので、問題はありませんでした。

●航路は?

今回の航路は、

横浜から出発して、長崎、韓国の釜山に寄り、

中国の天津で降りる、

という片道のクルーズでした。





多くのクルーズは、

発着の都市は同じことがほとんですが、

今回のように、

発着場所が別々のクルーズも時々あって、

そのようなクルーズの方が、

乗客数が少なかったり、

クルーズ費用が安いという傾向があるようです。

●費用は?

クルーズの費用は基本的には、

↓この4つの合計です。

クルーズ料金 + クルーズ諸税 + 船内での有料サービス + チップ等

あとは、↓これらの費用もかかり、人によって大きく差が出ます。

・寄港地での食事やお土産代
・発着場所までの交通費
・乗下船の時の宿代

今回、実際にかかった費用は?

私の場合は、

クルーズ料金が9999円 + クルーズ諸税が25,000円 + 船内での有料サービスが0円 + チップ等74ドル(約8000円)

で、クルーズの費用の合計は、約43000円でした。





↓チップ等です。


ちなみに私は今回、船内では、

お酒や有料のドリンクも一切、注文しませんでした。

マグボトルを持ち歩いて、

14階レストランや、フィットネスジムで

水を補給していました。

その他の費用は?

寄港地での食事やお土産代

●長崎
長崎には去年も今年も来ているので、

外出はしましたが、観光での費用はかかりませんでした。

また食事は船で食べたので、

出費は、カステラサイダーの250円だけでした笑

●釜山
釜山にも去年も今年も来ていましたが、

まだ観光で行ったことが無い場所に行き、タクシー代がかかったのと

サムゲタンの有名なお店で食べて、合計で2200円ほどでした。

ちなみに船から、街の中心地の釜山タワーまで、

無料のシャトルバスが結構な頻度で出ていました。

↓去年、釜山に来た時の日記です。

韓国のマチュピチュ!?甘川洞(カムチョンドン)文化村に釜山から行ってきた!ピースボート・ゴールデンウィーク・ショートクルーズ4日目。2018/4/27

発着場所までの交通費

私たちは、天津で下船後、

天津で1泊し、

更に北京で1泊してから、帰国しました。

帰りの飛行機代は、23,818円でした。

もっと安いものだと、

1万円前後のチケットも取ることは可能でしたが、

先月、北京に出来たばかりの新しい空港を利用したかったので、

チケット代が高くなりました。

この空港は、デザインも人気で、

既に観光スポットにもなっているそうです。

他にも、天津から行ける、

穴場の万里の長城にも行きましたが、

これに関しては、

↓この記事で紹介しています。

天津から万里の長城へ行ってきた。北京から行く場所と違ってすいてて穴場!黄崖关长城(黄崖関長城)への行き方は?



↓紅葉が見事な万里の長城です。



↓北京の新空港です。



↓新空港に行った記事です。

先月開港した北京の新空港、北京大興国際空港を使ってみた! 行き方やプライオリティパスで利用出来るラウンジは?



片道クルーズだと、

移動の手間と費用が余分にかかりますが、

↑このように、じっくりと観光が出来る、

というメリットもありますね。

乗下船の時の宿代

天津でも北京でも、

ドミトリーの安い宿をとりました。

どちらもbooking.com(ブッキングドットコム)で予約し、

評価が8や9などと高評価のユースホステルで、

コスパはとても良かったです。

費用は、天津では800円ほどで、

北京の宿は2000円ほどでした。

booking.com(ブッキングドットコム)では、

もちろんユースホステルやゲストハウスだけでなく、

一般のホテルも予約できます。

↓公式サイトはこちらです。
世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com



費用のまとめ

まず前述の通り、

今回のクルーズの費用の合計は、約43,000円です。

実際にかかった、帰りの航空券代の23,818円を加えると、

約6万8千円ですね。

もし帰りの航空券が、

1万円くらいの安いチケットだったら、

5.3万円くらい、ということですね。

もちろん、天津と北京での宿泊費や交通費や、

観光にかかった費用や、食事の費用を含めると、

もっと高くなりますが、

それでも、全て合計しても、

8万円くらいだったと思います。

●格安で豪華客船に乗る方法は?

2つの方法を紹介します。

1 出発が近くなると安くなる

私は今回、クルーズ専門会社で日本最大級のコース数を取揃えている、

【ベストワンクルーズ】で予約しました。

今回のクルーズは、出発の時期が近づくとクルーズ代金が、

少しずつ安くなっていました。

私が最初に、このクルーズの話を友達から教わったのは、9月下旬で、

その時のクルーズ代金は15,000円でした。

ちなみにもっと前だと、もっと高かったようです。

そして、少しして、私が予約した9999円になりました。

でも出発時期が近くなると、準備が大変だし、

飛行機や宿の準備もあるし、

売り切れて、クルーズに乗れなくなる恐れもあるし、

良し悪しがあることは、覚えておきましょう。

またクルーズでは、早割という制度もあるので、

確実に部屋を抑えて、

しかも割引にしたいという場合には、

早割の料金で予約するのもお勧めです。

2 安いクルーズの狙い目は、片道のクルーズ

今回のように、

着場所が違うクルーズだと、

かなりお得に、

豪華客船でのクルーズに乗ることが出来ます。



ただ、片道のクルーズだと、

プラスで交通費がかかります。

自力で、飛行機のチケットやホテルを予約することが出来る人なら、

かなり安く豪華客船に乗ることが出来ます。

でも自力での手配が難しいという方でも、

ベストワンクルーズに、ホテルや航空券の手配をお願いすることも出来ます。

●予約から乗船までの流れは?

今回、私が申し込んだのは、10月6日でした。

その後、予約書類はメールに添付されて送られてきました。

またクルーズガイドは、郵送で送られてきました。

そして10月11日に、

↓これらの書類がメールに添付されて送られてきました。

・乗船券
・荷物発送の案内
・乗船の案内
・下船の案内

申込むと担当の方がつくので、

疑問点がある場合は、メールだけでなく直接、

電話で話を聞くことも可能です。

●今後のお勧めクルーズ3つ

1 MSCベリッシマ

今回私が乗った、MSCスプレンディダの代わりに、

2020年からは、

このMSCベリッシマが

日本でのクルーズを行うとのことです。

ベリッシマの特徴は、

スプレンディダよりも更に一回り大きい、17万トンクラスで、

また2017年6月に初就航したばかりの、

かなり新しい船ということです。

↓そして、やはり片道クルーズだと、既に激安のクルーズがいくつも発表されています。

2 コスタ ネオロマンチカ

MSCと同じく、イタリアのクルーズ会社ですが、

先ほどのMSCベリッシマとの大きな違いは、

船のサイズですね。

総トン数は、57,100トンで、

全長220m、全幅30.8mです。

ベリシッマの3分の1ほどのトン数で、

日本船だと、飛鳥Ⅱとほぼ同じくらいのサイズですね。

今回の旅で、

沢山の会社のクルーズに乗船している人達の話も、聞きましたが、

「コスタは船が小さい分、クルーや他の乗客との距離が近くて、

仲良くなりやすく、交流も楽しい」

という意見を、何人かが話していました。

私も、近いうちに実際に乗って比較してみたいと思っています。

↓やはり片道のクルーズだと、費用が安い傾向がありますね。

↓2020年4月のカレンダーです。


↓2020年5月のカレンダーです。



6月以降も既に、様々なクルーズが発表されています。

3 ダイヤモンドプリンセス

船の特徴は、2つあると思います。

特徴1 プレミアムクラス

ひとくちに【豪華客船】と言っても、

ベストワンクルーズのサイトによると

カジュアル客船、プレミアム客船、ラグジュアリー客船

と3段階でクラス分けをしていて、

カジュアル客船が最もリーズナブルで、

ラグジュアリー客船が最も費用が高い、

ということです。

これまでに紹介したMSCベリッシマや、

コスタネオロマンチカは、カジュアル客船ですが、

ダイヤモンドプリンセスは、

【プレミアム客船】で、

ワンランク上のクラスとされています。

特徴2 日本で建造され、日本向けにカスタマイズ!

ダイヤモンドプリンセスは、

2004年に日本で建造されデビューした客船です。

そして大浴場など、

日本向けにカスタマイズした多彩な施設があります。

船のサイズは、↓こちらの通りで、今回私が乗船したMSCスプレンディダと似たような大きさですね。

総トン数 115,875トン
全長 290m
全幅 37.5m
船籍 英国

↓そして、例えばこのクルーズのように、やはり片道クルーズだと、格安でプレミアム客船に乗ることが可能です。

その他のクルーズ

他にも、海外発着のクルーズで、

地中海やカリブ海のクルーズもあるし、

年末年始や、

ゴールデンウイークの時期に合わせてのクルーズも

いくつも紹介されています。

また最高ランクである、ラグジュアリークラスで、

おそらく世界で最も有名な豪華客船、

クイーン・エリザベスも2020年と2021年に、

日本発着のクルーズが既に発表されたりもしています。

一度、激安のクルーズに乗ると、

クルーズの常連の人達から、

他の船の話も聞けるので、

積極的に交流を楽しむのが良いと思います。

そして激安クルーズで、クルーズデビューをして、

将来的には、

上記のクイーン・エリザベスや、

日本で最も有名な、飛鳥Ⅱなどにも乗船してみてはいかがでしょうか?

まずはお試し?として、

激安クルーズに乗るというも、良いと思います。

もしどこかのクルーズで、

私を見かけたら、気軽に声をかけてください^^

激安クルーズは、

随時、発表されると思うので、

↓ベストワンクルーズの公式サイトを、時々チェックしておくと良いと思います。






私も過去に乗ったことがある、

最も安く世界一周クルーズが出来る、

ピースボートに乗った時の記事は、↓こちらをどうぞ。

世界一周の船旅・ピースボートの費用・料金(78回クルーズ)



ちなみに今回、MSCスプレンディダには、

2010年にピースボートに乗った時に、友達になった4人で乗りました。

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)