「世界一周するのに費用はどのくらい掛かったの?」

↑これが世界一周後に、よく聞かれる質問の第3位です。


今後ピースボートに乗りたい人の参考になると思うので、

詳細・内訳をまとめておきます。

ピースボートでの世界一周の費用は?

結論から言うと、

今回のピースボート78回クルーズ・102日間の船旅でかかったトータルの費用は・・・・・


約190万円です!


これはあくまで、私の場合であり、

人それぞれで違います。


ちなみにこの額には、私が住んでいる仙台から

乗船地である横浜までの往復の交通費や、


出発の数日前に買った一眼レフデジカメや、国際免許取得の費用、

海外旅行保険や、事前に船に送った荷物の郵送代など、


本当に全ての費用が含まれています。

世界一周の費用の内訳

内訳は、↓こちらです。

・基本的なクルーズの費用・・・・・・・129万円
・ビザ、ポートチャージ、チップなど・・10.2万円
・オプショナルツアー・・・・・・・・・5.1万円
・南米で離脱した時の費用・・・・・・・18万円
・離脱以外での寄港地で掛かった費用・・9.8万円
・船内で掛かった費用・・・・・・・・・3.8万円
・出発前の準備等で掛かった費用・・・・12.8万円
・帰国後にかかった費用・・・・・・・・1.5万円

各項目の補足説明

基本の費用は、部屋の人数やグレードによって変わります。

私は最も安い、窓無しの4人部屋を利用しました。


ちなみに【早割の制度】を使うと、

もっと安くなります。

無料で世界一周出来る方法とは!?

【ボランティアスタッフ制度】という、

乗船前に活動をすると、その活動内容に応じて、

基本費用が値引きになる、

という制度があります。



早い人だと、1ヵ月~2ヵ月程度で、

基本費用の【全額を割引】にした人もいます。


この制度については、

↓こちらの記事をご覧ください。

無料で世界一周する方法!? ピースボートのボランティアスタッフとは? 通訳スタッフ、カルチャースクール講師などの情報も!

ピースボートの「離脱」とは?

これは、一旦船を離れて、

飛行機や電車、バスなどで好きな場所を周り、

先の寄港地で再び船に合流することです。


離脱や寄港地で掛かった費用は、

出発前のレートである、1ドル85円で計算しました。


離脱によって、飛行機を何度か使ったので、

少し高いかもしれないが、


それでもマチュピチュとウユニ塩湖だけでなく、

ナスカの地上絵やクスコにも行けたのは、

お得だったと思います。

ツアーや船内での費用

また私は、オプショナルツアーをほとんど取らずに

主に自由行動をしていたので、

費用が安く抑えられています。


オプショナルツアーは各寄港地で、

10種類くらいはあります。


平均で1万円強くらいだと思います。

オプショナルツアーを何ヵ所で取るかを考えると、

予算を立てやすくなると思います。


船内での費用は、お酒代とか記念Tシャツなどです。

人によっては、お菓子代などもですね。 

私は、お酒やお菓子をあまり買わなかったので、

安い方ですね。


出発前の準備の費用は、一眼レフデジカメが約5万、

海外旅行保険が3.7万や、

パソコンのデータ保存用のHDDが約8千円などでした。

基本の費用に含まれているものは?

基本的なクルーズ費用には、

↓これらのようなものが含まれています。


・全期間の3食と、モーニングコーヒー、アフターヌーンティー、夕方のサブレストランでの軽食。


・船からしか見られない360°の大海原の景色や、

朝日、夕日、星空、イルカ・クジラ、アザラシなどが泳いでいる姿、

そしてプールやジャグジー、などなど。

・思いを馳せながら、陸にゆっくり近づいていく入港シーン。


・その日の出来事を振り帰ったり、余韻に浸ったりして、

その土地での思い出を、より強く刻み込むことが出来る出航式。

・水先案内人と呼ばれる著名人や、様々なジャンルの第一人者の講座やワークショップへの参加。


・世界中の人々との出会い、世界一周をしようと思い実行している面白い人達がそろった乗客達との出会い。


・世界各国から集まっている、ひょうきんで笑顔が素晴らしいクルー達との出会い。

・・・などなどです!



●ちなみに私が初めて乗った時の、

71回クルーズの時の合計費用は、143万円くらいでした↓

世界一周の船旅ピースボートの費用・料金(71回クルーズ)


今回の78回クルーズよりも安い理由は、

前回は86日間の短いクルーズで、


料金が99万円で安いというのと、

離脱を全くしなかったから、です。

世界一周は高いのか、安いのか?

これらの金額を、

「高いと思うか安いと思うか」は人それぞれです。


船で102日間かけて世界一周し、

様々な貴重な体験をして、


帰国後も、思い出を共有し、語り合えて、

一生付き合っていくことが出来る、


沢山の濃い仲間達との出会いは、

プライスレスだと思います。


世界一周の後も、日本各地・世界に友達が出来るので、

交流は一生続きます。

世界一周を迷っている方へのメッセージ

定年後に、自分達へのご褒美として、

夢だった世界一周の船旅!


これを、夢のままで終わらせてしまっても、

後悔しませんか?


学生や若者にとっては、

将来の人生の幅や可能性が確実に広まる、世界一周の船旅!


定年まで、30年も40年も待つことが出来ますか?


今、この瞬間にしか見られない景色、

体験出来ないことが、世界中にあふれています。


オーストラリアのエアーズロック(ウルル)は、

2019年の10月26日から、登頂が禁止になりました。


10数年前には、エジプトのピラミッドにも登頂できたそうです。


天空の鏡、ウユニ塩湖は、近い将来、

入場規制がかかるかもしれないという話があります。


アメリカナイズされる前のキューバ!

マクドナルドもスタバも出来る前に行っておきませんか?


2026年に完成予定のサグラダファミリアを、

完成前に見ておきませんか?


↓78回クルーズの代表的な写真です。

↑マチュピチュ、タヒチ、リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、ケープタウン、喜望峰です。


↓71回クルーズの主な写真です。

↑スリランカ、イースター島、エジプト、タヒチ、スペインのカナリア諸島です。


↓バックパッカーでの世界一周の写真です。

↑エベレストのベースキャンプ、アメリカのホワイトサンズ、アイスランドの氷の洞窟、ヴェネチア、ヨルダンのペトラ遺跡、メキシコのセノーテです。


バックパッカーでの世界一周の費用は?

私が、2016年11月から200日間かけて行った、

バックパックでの世界一周の費用は、


合計金額だけ書いておくと、

154万円くらいです。


詳細は、↓こちらをどうぞ。

世界3周目のまとめ。バックパッカーでの世界一周の費用編。ピースボートとの比較も。


※ピースボートの資料請求は、

↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)