北京から行く万里の長城は、八達嶺長城(はったつれい)が最も行きやすいですが、最近は中国人の観光客があまりにも多過ぎるようですね。

万里の長城は、地球の歩き方によると、

全長2万1200kmもあるそうなので、

天津から行ける場所にもあります。

今回は、黄崖关长城(黄崖関長城)に行ってきたので、

行ってきた感想や、行き方を紹介します。

2019年10月24日に行ってきました。


場所は、↓ここです。 天津や北京との位置関係がわかりますね。



↓あとから、行き方の欄でも紹介しますが、中国の地図アプリだと、このような感じです。



ちなみに、なぜ天津に行ったのかというと、

たまたま乗った激安クルーズが、

発着場所が違う片道のクルーズで、

到着場所が天津だったからです。

せっかく来たし、今後来ることもあまり無いと思ったので、

天津の万里の長城に行こうと思いました。

↓天津まで来たクルーズの記事です。

外国の豪華客船に格安で乗った体験ブログ。ベストワンクルーズで1泊1万円以下!? MSC、コスタ、ダイヤモンドプリンセス!?



ちなみに、北京から近い万里の長城には、

私は2008年に行ったことがあり、

場所は違いますが、

今回が2回目の万里の長城ということになります。

目次
1 どのような場所か?
2 行き方は?
3 帰り方は?

1 どのような場所か?

新・世界7不思議の一つ!

万里の長城は、

【新・世界7不思議】 の1つに選ばれています!

他の6つは、↓これらで、どれも世界的に有名なものす。

マチュピチュ
タージマハール
ペトラ
コロッセオ
リオのキリスト像
チチェンイッツァ

ちなみに、ギザのピラミッドは、

名誉称号ということで、

7つとは別に、

レジェンド的な位置付けになっています。

私は、この全てに行ってるので、

↓全てを制覇した時の記事に、もっと詳しく書いてあります。

チチェンイッツァで「世界7不思議」を制覇!世界3周目の38ヶ国目メキシコ

今回、実際に行って撮った写真など

↓これが現地にある全体図の地図です。



今回、自分達は、↓この地図の右の方P(パーキング)と書いてある入口まで、現地の人の白タク?で行きました。




片道のみで、50元でした。

でも、万里の長城を歩き終えた後に気づきましたが、

↓このようなシャトルバス的なものでも、同じ場所まで、おそらくはもっと安く来れたと思います。



結果的に、車で高いところに登って、

万里の長城を歩いて下り(といってもアップダウンが激しいです)、

元の場所に戻ってくる、

というルートになりました。

入場料は65元でした。

↓入口を入ってすぐの所です。



↓地図があるので、時間が無い人は、良く見て把握しておいて、行き止まりの場所には寄らないようにするのが良いですね。



天気がイマイチで、

時々雨が降ったり、強風になったり、

霧で視界が悪くなったりもしましたが、

丁度、紅葉が綺麗な時期でした。

写真をまとめて載せておきます。









↓万里の長城の下が道路になっていました。



↓ゴミ箱が、良い感じでした!


後半になると、前方から登ってくる人もいたり、

「出口」という標識もあったので、

どうやら、自分達のルートとは逆のルートで来る方が、

一般的なルートだったようです。

でもそのルートだと、

自分達の出発地まで行くのは、

登りが多くなり、かなり大変だと思うので、

途中で引き返す人も多いように思います。

アップダウンが、かなり激しい!

元々、足場が安定していない所もあるし、

今回は雨が時々降っていたので、

急な下りの斜面では、

手すりをつかまないと、

滑って転びそうで、

なかなか怖い場所も、何ヵ所かありました。

もし雨が降っていなくても、

普段、全く運動していない人にとっては、

結構ハードな行程になると思うので、

可能なら、1ヵ月前~1週間前など、

事前に階段や坂道を歩く練習をしておくのが良いと思います。

また天候は変わりやすく、

暑くもなれば、寒くもなることもあるようなので、

あらかじめ、ペットボトルの水や、

薄手のジャンパーなどの用意もあると良いと思います。

2 行き方は?

天津の地下鉄の駅に、↓この看板があるので、現地でも有名な観光スポットの一つのようです。



人に行き方を聞いたり、またはチケットを買いやすくするために、

この看板を見かけたら、写真をとっておくのも良いと思います。

地図アプリ

今回、天津で泊まったユースホステルで、

↓この高徳地図というアプリを教わり、使いました。



中国では、Googleが使えないので、これが役立ちました。

地球の歩き方によると、↓百度地図も良いようですね。

中国のインターネット規制

一緒に行った友達は、auのスマホで、1ヶ月に1度、

海外で24時間、ネットを使えるとのことでした。

そして地球の歩き方によると、

どうやら日本のスマホをそのまま使うと、

「金盾」という規制を受けずに、

GoogleやFacebookなども普通に利用出来るようでした。

実際に、友達も利用できていました。

おそらく大手3大キャリアだと、これが出来るようですね。

でも、自分のスマホは格安スマホなので、

Wi-Fiがあるところで、高徳地図で行き方を出して、

そのスクリーンショットを保存していました。

↓こんな感じです。

中国の簡略された字体が、

検索する時にやっかいなのですが、

行き先の検索は、「黄崖」 と入力したら、

「黄崖关长城」が表示されました。





天津のバス乗り場

天津駅の隣の建物が、バスターミナルで、

ここが券売所であり、出発場所でもあります。



↓これが天津駅で、この右側にバスターミナルがあります。



↓バスターミナルのすぐ近くにある、スーパーというかキヨスク的な所です。



途中や、万里の長城で、

食べ物や水を買えるかが、わからなかったので、

ここで水や食べ物を買っておきました。

結果的に、バスに4時間近く、

ほぼずっと乗りっぱなしだったので、買っておいて正解でした。

バスのチケット

地図アプリによると、

バスは乗り換えが必要かと思っていましたが、

まずチケットに関しては、

万里の長城までのを買えて、51元でした。

↓チケットとバスです。




そして、↓この「薊州客〇〇(漢字が出ない)」で乗り換えるのだと思ったら、そのまま同じバスに乗っているので大丈夫でした。



ちなみにネットが使えなくても

maps.me というアプリで、この辺りの地図を、

ネットが使える時にあらかじめダウンロードしておけば、

バスの現在地がわかります。

また黄崖关长城という道路標識や看板も、時々あるので、

降りる場所はわかると思います。

ちなみに、黄崖关长城は、最終場所ではなく、

現地の人?の多くは、そのままバスに乗りっぱなしでした。

3 帰り方は?

観光を終えて、我々は天津ではなく、

北京に行きました。

↓あらかじめ調べておいたものだと、↓このようなルートで、バスを乗り換えて行けるのだと思いました。


しかし、結局バス乗り場などがよくわからず、このルートでは帰れませんでした。

万里の長城の敷地内?には、↓この時刻表だけがありました。



思ったよりも、万里の長城を歩くのに時間がかかり、

17時のバスに乗りました。

↓このバスです。



↓この2地点を結ぶ路線のようです。





↑この27番の「薊州客〇〇(漢字がでない(^^;)」が、

蘇州バスターミナルのことで、

万里の長城に向かう時に、乗り換えが必要だと思ったけど、

実は必要が無かった、という場所です。

北京に行くにも、もしくは天津に戻る場合にも、

とりあえずは、ここに行けば良いようでした。

蘇州バスターミナル

ここでバスを降りたのですが、

そこにいた人達の話によると、

北京までのバスは17:30まで、

とのことでした。

もしかしたら、

タクシーに乗せるための嘘かもしれないですが、

どうやら本当のようだったので、

メーターが無い白タク?と交渉して、

北京まで行くことになりました。

最初は、500元と言われましたが、

交渉して400元になりました。

450元までは、すぐに値下がりしたのですが、

400元まで下げるのは、だいぶ苦労しました(^^;)

想定外の出費でしたが、

既に北京の宿を予約していたし、

翌朝のフライトも予約してあったし、

同じ距離で、日本でのタクシーの値段を考えれば、

そこまで高すぎでもないかな、とも思います。

もし万里の長城からのバスが、

15:30発のに乗れていれば、

北京行きのバスに間に合ったのかもしれないですけどね。

まとめ

費用を安く済ませたいとか、

ちょっとした冒険?を楽しみたい、

などという方なら、

事前準備をしっかりして、

かつ、帰りのバスの時間を把握しておけば、

可能ではあると思います。

英語はどのくらい通じる?

ちなみに英語は、

ほとんど通じない、

と思っているのが良いですね。

私の友達が、本当に簡単なものですが、

中国語を少し出来ていたので、

今回、一応は、なんとかなりました。

中国語が全く出来ない人は、

アプリやポケトーク、指差し会話帳などの準備も必須ですね。

現地ツアーもある

「天津 万里の長城」 などで検索すると、

天津のホテルなどまで送迎がある、

現地ツアーもいくつかあるようです。

そこまで高くも無いようなので、

手間を省きたい方は、利用するのも良いと思います。

ちなみに、この翌日は、

イギリスメディア発表の

『新世界7大奇跡Top1』に選出されていて、

先月オープンしたばかりの、

北京大興国際空港から帰国しました。

先月開港した北京の新空港、北京大興国際空港を使ってみた! 行き方やプライオリティパスで利用出来るラウンジは?



『新・世界7不思議』である

万里の長城と、

連日で見るのが、面白いかなと思いました。