2019年9月末に開港したばかりの北京大興国際空港(以下、新空港)を、10月25日に利用してきました。

↓このように、既に話題になっている空港です。



北京中心部からの行き方や、

プライオリティパスについて記録を残しておきます。

まず、プライオリティで利用出来るラウンジは、

この時点(10月25日)では、無いようでした。

そして北京中心部から、

メーター制のタクシーで、

新空港までの値段は、

高速代の15元を含めて、215元でした。

この後、詳しく書いておきます。

新空港への行き方は?

私が乗るのは、朝早いフライトだったので、

地下鉄の始発でも間に合わなかったために、

タクシーを利用しました。

でも空港までは、

既に地下鉄でも行けるようです。

↓これは、私が泊まったユースホステルで撮った、路線図の写真です。





ちなみにタクシーには、

天安門東駅の、2つ東側の

東単(DONGOAN)駅

の周辺にあるユースホステルから乗りました。↓



↓空港に向かっている途中の、maps.me のスクリーンショットです。

地下鉄で空港までの費用は?

私は地下鉄で空港に行ってないので、

実際の費用はわかりませんが、

タクシーよりは、

かなり安いことは確実でしょうね。

試しに、中国の地図アプリ 「高徳地図」で、

中心部の天安門から、

新空港への行き方を検索してみました↓





これによると、

所要時間は、1時間強で、

費用は40元~50元くらいのようですね。

もし4人いるなら、

タクシーと値段はかわらないですね。

もし荷物が多かったり、

乗り換えなどの手軽さを考えれば、

2人~3人でも、

タクシーを利用するのもありだと思います。

プライオリティパスで利用出来るラウンジ

プライオリティパスの公式サイトには

利用出来るラウンジが書かれていなくても、

実際に空港に行くと、利用出来るラウンジがある、

ということが、これまでに何度かあったので、

今回も少し期待していたのですが、

まだ利用出来るラウンジは無いようでした。

いくつかのラウンジを見ても、

プライオリティパスのロゴは無かったし、

試しに一つのラウンジと、インフォメーションで、

実際に聞いてみましたが、

無い、

と言われました。

空港内の様子は?

↓実際に私が撮った写真です。



↓ここが一番のインスタ映え・フォトジェニックなポイントだと思いました。



丁度、朝日が差し込んできた時間でした。

↓せっかくなので、私も映っている写真も撮っておきました。







↓外観は、こんな感じなんですね。





↓ちょっとだけ、外観が見えますね。



ここから乗る飛行機の、

窓側の席から空港を見下ろしたかったのですが、

残念ながら通路側の席になってしまいました(^^;)

↓持ち込みが禁止なものも、高級店のような陳列でした笑



↓「一人カラオケ」が出来る機械です笑



↓1分で、7元(1元は約15円なので、7元は100円強ということ。)で、10分で1000円なら、なかなか高いですね笑

なぜ新空港に来たのか?

↓この発着場所が違う片道のクルーズで、天津に来て、天津と北京が近いので、新空港を利用しようと思いました。

外国の豪華客船に格安で乗った体験ブログ。ベストワンクルーズで1泊1万円以下!? MSC、コスタ、ダイヤモンドプリンセス!?



また新空港に来る前日には、↓万里の長城にも行きました。

天津から万里の長城へ行ってきた。北京から行く場所と違ってすいてて穴場!黄崖关长城(黄崖関長城)への行き方は?



万里の長城は、

『新・世界7不思議』の一つであり、

北京大興国際空港は、

イギリスメディア発表の『新世界7大奇跡Top1』

に選出されています。↓



この新旧の対比?を、

連日で見るのが面白いと思って、

今回、新空港に来てみました。

ちなみに私は、

この『新・世界7不思議』の全てに行ってるので、

↓全てを制覇した時の記事に、もっと詳しく書いてあります。

チチェンイッツァで「世界7不思議」を制覇!世界3周目の38ヶ国目メキシコ