ピースボートの船旅で、「無料で世界一周する方法」のボランティアスタッフというシステムを知っていますか?

但しこれは、30歳未満の人に限ります。
(2016年?以降は、年齢が引きあがって35歳未満の人まで大丈夫なようです。)

でも自分も含めてこの年齢以上の人でも、半額までは割引にすることが可能です。

そのシステムを、これまでに世界一周を3回している私が紹介します。

【ピースボートで世界一周×2 のサイトマップ】

【バックパックで世界3周目のサイトマップ】

ちなみに自分はピースボートに2度乗った後に、バックパッカーでも世界一周をして、↓このような記事も書いています。

世界3周目のまとめ。バックパックとピースボートの違いなど旅のスタイル編

↓この2つは、71回クルーズの時と、78回クルーズの時の画像です。



↓これはバックパッカーで世界一周した時の代表的な画像です。

ピースボートのボランティアスタッフとは?

で、どうやったら無料で行けるかと言うと・・・・

「ボランティアスタッフ」という制度を利用します!

これは何かというと、ホームページによると↓こんな感じです。

・クルーズ参加者を募るための宣伝活動や事務作業から、船内企画の立案や準備、寄港地での交流プログラムの企画、各界の専門家に「水先案内人」として乗船いただくための交渉まで、ボランティア・スタッフの仕事内容はとてもバラエティ豊か。

・・・とのことです。

 

色々と書かれていますが、まず大前提として知っておいて欲しいのが、

ボランティアスタッフは、

【世界一周の船が出発する前に行う】

ということ!

よく【船の中で仕事するの?】などと聞かれますが、これは違います!


そして実際のところ、最も多く行われている活動は【ポスター貼り】です。

↓このようなピースボートのポスターを街中や、居酒屋さんなどで目にしたことがある、という人は多いのではないでしょうか?



このポスターをお店などに貼ってもらう活動が、【ポスター貼り】です。

もう少し具体的に言うと、居酒屋など(飲食店以外のお店でもOK)に交渉してポスターを貼らせてもらいます。

どのくらいの割引になるのか?

3枚貼ると1000円分の割引になります。

これは一見すると、少ないように思う人が多いかもしれないですが、そんなことはありません。

過去には、わずか1ヶ月半で3000枚を貼って、100万円分の割引を貯めた人もいるそうです。
(※個人差があります。工夫と頑張り次第です。)

自分も実際に何度かポスター貼りの活動をしましたが、

時給換算したら、少なく見積もっても2000円~3000円以上にはなって、調子が良い時ならもっといきました。

特に学生とか、時間があるけどお金はない、という若者には、お得過ぎる制度だと思います。

普通にアルバイトをするよりも、ずっと効率が良いですからね。


そしてピースボートの世界一周クルーズは、ほぼ毎年、1年に3回おこなわれているので、

ポースターもどんどん新しくなっています。

既に貼られているポスターを新しいものに貼り変えるのでも、ちゃんと1枚としてカウントされます。

またポスターは、居酒屋さんや飲食店によく貼られていますが、男女それぞれのお手洗いに貼ってあることも多いですよね。

更には、ガラス張りのところに貼れる場合は、ポスターを両面で貼ってもらうと、これも2枚とカウントされます!

地方在住だった人で、内勤作業で全クリした人もいる!

↓仙台在住だったが、東京のピースボート関連のシェアハウスに住み込んで、短期間で全クリした人にインタビューをしました!

ピースボートのボランティアスタッフ制度で、全クリして無料で世界一周の船旅100回クルーズに乗る「ぶんぶん」を仙台でインタビュー!

↑この人は、ポスター貼りではなく、ピースボートセンターでの内勤作業をメインにして、全クリをしています。

ポスター貼り以外の活動もある!

ポスター貼りをする人のためのポスターの準備や、募金活動、事務作業など、他にも割引が貯まる活動はいくつかの種類があります。

自分が学生時代にこの話を聞いていたら、絶対にやっていたと思います。
(自分が初めてピースボートで世界一周したのは33歳の時でした。)

他にもある、無料で世界一周する3つの方法とは?

3つの方法を紹介します!

1 通訳スタッフ

英語やスペイン語がかなり出来る人で、通訳や翻訳まで出来るレベルの人だと、やはり無料で地球一周の船に乗れるという制度もあります。

これは先ほどのポスター貼りなどのボランティアスタッフと違い、実際に船に乗っている時に働くようになります。

ポスター貼りなどは、船に乗る前に活動をします。

通訳スタッフは、自分が乗った時の人達の様子を見てたら、忙しいこともあるとは思いますが、

無料で世界一周が出来るし、通訳や翻訳の経験が出来て、帰国後に仕事でステップアップも出来る、というメリットもあります。

2 カルチャースクールの講師

洋上カルチャースクール講師という立場でも、やはり無料で乗れる制度があります。

カルチャースクールのジャンルは、例えば↓このようなものです。

・ヨガ/ピラティス
・社交ダンス
・民族舞踊(フラ/ベリーダンスなど)
・水彩画/絵手紙
・スポーツインストラクター
・エアロビクス、フィットネス
・コーラス

詳しくはピースボートの公式サイトのボランティアスタッフのサイトをどうぞ(^^)

3 「旅と平和」エッセイ大賞

↓公式サイトから、一部を抜粋してコピペします。

国際交流の船旅を続けてきたピースボートは、旅を通じて世界を学び、未来の国際社会をつくる若者たちを応援するため「旅と平和」エッセイ大賞を創設しました。

旅を通じてあなたがどう変わったのか。また、平和のためにどんな行動をしているのか。あなたの「旅」の体験と、そこから得た「平和」への熱い想いを寄せてください。

大賞受賞者は、さらなる飛躍への期待を込めて、ピースボート地球一周の船旅にご招待します。


エッセイを書くことは簡単ではないでしょうが、同じように誰もが難しいと思っているので、応募者はあまり多くないかもしれないので、チャレンジしてみる価値はあると思います。

この記事を書いている2018年3月の時点で、第13回目の応募を受け付けていて、この第13回目の締切は2018年3月31日です。

なお応募できる年齢は35歳未満です。

詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ。

どこまでが無料になるのか?

大抵の場合、【あくまで基本料金が無料になる】、ということです。

それなので、現地でのオプショナルツアー費やビザ代など、費用がかかるものももちろんあります。

それでもかなりお得に世界一周が出来ることには間違いありません。
 

自分が初めて乗った71回クルーズでの合計の費用は、142万円くらいです。詳しい内訳は記事をどうぞ↓

世界一周の船旅ピースボートの費用・料金(71回クルーズ)

そして2度目に乗った南半球航路の78回クルーズでは、192万円くらいでした。詳しい内訳は記事をどうぞ↓

世界一周の船旅・ピースボートの費用・料金(78回クルーズ)

ボランティアスタッフをやることの更なるメリットとは?

↓この2つのメリットがあります!

1 実際に船に乗る前に、将来同じ船に乗る人と知り合える。
(同じ船でなくても、同じ志を持った友達が増えます。)

2 既に船に乗っている人(スタッフだけでなく、過去乗船者)から、色々なお役立ち情報を教えてもらえる。


1の方は、ピースボートでは1人で乗船する人が多いのですが(でも、すぐに仲良くなります。)、ボランティアスタッフをやっておくと沢山の知り合いが、乗船前から出来るので、

乗船して直後から楽しめる度合いが増えたり、人との繋がり方も早いかもしれないですね。

2の方は、各大都市にあるピースボートセンターには、リピーターを目指す過去乗船者もいるし、もちろんスタッフもいるし、様々なイベントも行われているので、

ネットだけではわからない、リアルなお役立ち情報も手に入るというメリットもあります!

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。


ボランティアスタッフに興味がある方は、資料請求をしたら、電話がかかってくるので、

そこでボランティアスタッフについても訪ねてみてください。