仙台空港から上海&蘇州&無錫への3拍4日のツアー旅行に、世界3周したバックパッカーが参加してきた旅行記! 3日目 2018/11/27。 の記事です。

●この記事のポイントは、↓これらです。
・無計画のバックパッカーで世界一周の経験がある仙台人の旅人が、パックツアーに参加したらどうなるのか?
・仙台空港から行ける海外旅行は、どんな感じなのか?

今回参加したツアーは、↓これです!



仙台に本社がある旅行会社の ツアー・ウェーブ でのツアーです!

会社のホームページによると、今回、自分が行ったのとほぼ同じ?ツアーが、2019年の1月6日(日)と1月20日(日)に出発なら、39,800円~ のようです!

・11/25のツアー初日の記事は、↓こちらです!

仙台空港から上海&蘇州&無錫へのツアー旅行に、世界3周したバックパッカーが参加してきた旅行記! 初日11/25。



・11/26のツアー2日目の記事は、↓こちらです!

仙台空港から上海&蘇州&無錫へのツアー旅行に、世界3周したバックパッカーが参加してきた旅行記! 2日目11/26

3日目スタート。朝のランニングとジム。

今日は早起きして、6時前から外へランニングへ!

今回はツアー旅行で、自由時間が夜と朝にしかないし、

また自分は普段日本にいる時にもランニングをしてるし、これまで旅先でもランニングをしているので^^

旅先で朝などにランニングをするのは、その土地の朝の素の風景を見ることが出来るので好きで、お勧めです。

もちろん朝でなくても良いですけどね。

しかし11月下旬のこの時期だと、まだ外は真っ暗だし、霧が凄かったので、今日はまともな朝の風景は見れなかったですが(^^;)

↓でも、霧の中国風の建物も風情がある、とも言えますね^^


朝の風景はほとんど見れなかったので、少し走っただけでホテルに戻り、ホテルのジムに行きました。

ホテルの64階で朝食バイキング

ジムで軽くトレーニングをしてから、6:40頃に朝食の会場へ行きました。

昨日の上海のホテルよりも更に高層ビルで、会場は64階でした!



しかし明るくなっても霧が凄くて、下を見下ろしても街の様子は全く見えず、雲海と別の高層ビルの上の部分が見えるだけでしたが(^^;)

朝食バイキングの内容は、昨日とほぼ同じでしたが、無錫は小籠包が有名なようで、小籠包のメニューが多かったです。



↓派手なのは、ドラゴンフルーツですね。



また別のツアーで来ている日本人の団体客が、昨日はかなり多かったのですが、今日は少なくてゆっくり出来ました。

3日目の観光スタート。

昨日とほぼ同じ時間で、7:30チェックアウトで7:40に出発しました。

8時前には、南禅寺という所に着きました。



ここは1500年も前の、西遊記の時代のものだそうです。

↓太極拳をやっている集団がいました!



ここには昨日の夜にも来ましたが、日中に来ると印象が違いますね。

↓派手に祭られている仏像もありました。



↓左端の眉毛が長い仏像が気になりました(笑)

環境に優しい電動バイク

昔の中国は、自転車のイメージでしたが、今はレンタル自転車はありますが、そこまで多くはないですね。

その代わりに、電動バイクに乗っている人を沢山見かけました。

ガイドさんの話によると、ガソリンで走るバイクは環境に悪いので、法律で禁止されてるようですね。

そして、気になったのが、↓上着をこのように使ってるバイクが多いことです。



↓これなんか、かっこいいようにも見えますね(笑)



上海の気温は、ほぼ東京と同じくらいで、今回の旅行中は、まだ全く寒くなかったんですけどね。

琵琶湖の3.5倍の太湖

次は、太湖という琵琶湖の3.5倍もある巨大な湖の遊覧へ。

しかし霧で、ほとんど何も見えずでしたが(^^;)



↑この船も、音が静かだなと思ってガイドさんに聞いたら、やはり全ての船が電動とのことで、ここでも環境への意識が昔と違って高まってることが見受けられました。

日本も高度成長期の頃など、昔は環境への配慮がなくて公害などが酷かったので、中国も日本と同じような道を進んでいるのでしょうね。

太湖の巨大さは、↓この地図を見ると分かりますね。

↑鹿児島の南にある、屋久島と種子島が、すっぽりと入りそうですね。

後で調べてみたら、太湖は

「中国五大湖の一つで、鄱陽湖、洞庭湖に次ぎ中国で三番目に大きな淡水湖である。」

だそうで、これでも3番目というのは驚きですね。

またウィキペディアには、↓このようにも書かれていました。

「その景観の美しさで知られ、中国政府の国家重点風景名勝区に指定されている。」

写真には撮れなかったですが、ここは★★★★★五つ星に指定されているという看板を見ました。

昨日の朝に行った、千灯古鎮は ★★★★4つ星 でしたね。

真珠店

次に真珠店へ。

真珠のお茶を飲ませてくれて、貝をその場で切って、中から出てくる真珠を見せてくれました。





真珠を使った化粧品などは、日本の三越デパートなどでは結構な値段らしいですが、ここでは直販だしおまけもしてくれたりで、だいぶお得に買えるそうです。

まあ正直なところ、女性陣はかなり興味を示していて実際に買ってましたが、男性陣には理解出来ないことでもありますが(笑)

霧で高速道路が使えずで、急遽、蘇州麺のランチ

今日のランチは点心料理の予定でしたが、霧で高速道路が使えず、移動にかなりの時間がかかったので、

予定変更で、近くのレストランで蘇州麺↓を食べました!



蘇州で麺は名物料理だし、点心は夕食に追加されるとのことで、ちょっと得した気分でした^^

上海観光の今と昔

蘇州から上海に戻り、15:20頃に、バスは上海の中心部に入ってきました。

やはり高層ビルの摩天楼が物凄いですね!

漫画『島耕作』で、

上海出身の人がニューヨークの摩天楼を見て、上海の方がずっと凄いから全く驚かなかった、

という場面がありましたが、当然のことだと思いました。

でもちょっと路地裏に行けば、まだ古い建物も残っています。





日本よりも進んでいる部分と、遅れている部分の両方を見ることが出来るのが中国の大都市の魅力だと、あらためて思いました。

今回の旅行では実際には体験してないですが、キャッシュレス化なんかは、中国の都市部では日本よりもずっと進んでいるようですしね。

豫園観光

豫園(よえん)という、上海を代表する観光へ行きました。



↑歴史ある建物にケンタッキーやハーゲンダッツなどが入っていて、やはり新旧の融合?ですね。

↓昨日は青龍刀がありましたが、今日は如意棒を見つけてテンションが上がりました(笑)





買うか迷いましたが、結局買いませんでした(笑)

↓如意棒を使っている子供を見かけました^^



↑ブリース・リーのような?、良い表情をしてますね!(笑)

↓おっちゃん、危ない!!(笑)

寝具店と中国茶

寝具店に行き、その後は、お茶の実演販売を見ました。



国の直営店なので安く購入が出来る、とのことでした。

↓一番上の「将軍腹」って面白い表現ですね(笑)



ちなみに自分は、以前はライザップでトレーナーをしていたし、今も↓これらのようなダイエット指導をしているので、健康やダイエット情報には敏感なのです^^

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザッ〇の1割の費用でこの結果】とは?



メタボ県 宮城(仙台)で【健康&ダイエット講座&トレーニング体験セミナー】開催!

新天地

次は、新天地という高級なレストランなどが多い街へ行きます。

中国っぽさが全くなくて、ヨーロッパの都市っていう雰囲気でした。

個人的には、面白味が無いな、と思いましたが、でもここは、

フランス人が上海で最初に作った街で、上海が始まった場所とのことだし、

新旧が入り交ざってる上海の最先端の街の一つでもあり、リアルな上海の姿とも言えるのでしょうね。

上海蟹付きの蟹尽くし料理

明日には帰国するからか、上海のラストナイトの食事は豪華に、蟹尽くし料理でした!



個人的には、上海蟹は食べる手間がかかるわりには・・・とも思いましたが(^^;)

あとチャーハンが美味しかったです^^

世界一の高さ?に展望台がある、上海タワー

夕食後は、上海タワーへ。

↓この3つのビルが特に高くて、右のが上海タワーです。



入場口で、上海の170年の発展の様子を映像で見ることが出来ました。

確か、特に2000年くらいからの高層ビルの増え方が凄かったです。

118階までのエレベーターは、わずか50数秒でした!

↓展望台があるフロアからの写真です。最初は雲?霧?で、景色が全く見れませんでしたが、途中からは見れました。





ここの展望台の高さが現時点で世界一なのかどうかは、

あとからネットで見てもよくわからなかったですが、

建てられた段階では、明らかに世界一で、

現時点では、そろそろ抜かれるか、もしくは抜かれたかも? という段階のようですね。

↓2016年12月に、現在でも世界一高いビルであるブルジュハリファの展望台にも行ってます。

世界3周目の3ヵ国目:アラブ首長国連邦のドバイにある様々な世界一

↑ドバイのここは、ビル自体の高さは828mで、展望台は555mで148階にありました。

自分は今までNYのエンパイアステートビルや、台北101、マレーシアのツインタワーなどの展望台にも行ったことがあるので、世界の主要な高層ビルにはだいぶ登りました^^

↓降りてから見た、東方テレビ塔タワーです!



ロケットのような、近未来的な建物のような感じがして、かっこいいと思いました。

上海の観光トンネルを通って外灘の夜景へ

↓観光トンネルというのを通って、外灘(ワイタン)エリアへ行きます。



外灘(ワイタン)は、最も上海らしい景色が見られる場所ですね。

↓また霧が出てきて、上海タワーなど3つの巨大ビルは見えなかったですが(^^;)



↓ちょうど、22時にライトアップが消えたあとの風景も見ることが出来ました。



これで今日の観光も終わりで、初日と同じハイアットリージェンシー上海嘉定へ。

一緒に行った友達がホテルの目の前のローソンで、残った人民元を使うために色々と買い物をしていました。

ジムとプールの利用時間は過ぎていたので、今日は行けずで、明日はもう仙台に戻るだけですね。 

↓最終日、4日目の記事です。

仙台空港から上海&蘇州&無錫への3拍4日のツアー旅行に、世界3周したバックパッカーが参加してきた旅行記! 最終日4日目 2018/11/28