2010年11月18日(木)晴れ

5時50分ころ起床。

朝日は、薄い雲がかかっていたが、明らかに水平線から日が昇るのが見えた。

今までは、もしかしたらそうかな?っていうのは、あったが明らかにっていうのは初めてかな!

午前中は、「イスラム文化」という講座に出た。

明日はスエズ運河を通ってエジプトに着くし、その後はチュニジアにも行くので、事前にイスラム文化のことを知れて良かった。

今日の昼食は、自分で自主企画で「マジックランチ」というイベントをやった。

自分の他にもマジックを出来る人や、マジックを見たい人が集まれば良いなと思って企画してみた。

結局自分の他にマジックが出来る人は来なかったが、10人くらいマジックに興味ある人が来て、一緒に昼食を食べてその後にマジックをいくつか披露した。

今まで、顔は見たことがあっても話しをしたことがなかったという人が来たりもして、コミュニケーションを取る良いきっかけにもなったかな。

午後は、まずジャグジーへ行った。

中東とはいえ、段々と北上しているので、今日はやや日差しが弱く今までと比べると少し肌寒く感じた。

あと紅海の幅が段々と狭くなり陸も見えてきた。

陸が近いからなのか、携帯電話の電波も久しぶりに入ったので、久しぶりにリアルタイムでブログの更新をした。

その後は、ヨガ・ピラティスのインストラクター養成講座に参加。

そろそろ終盤に差し掛かってきた。

夕方は「地雷検証ツアー報告会」に参加。

これは11月1日~4日(船がベトナムからシンガポールに行ったところ)にオーバーランドツアーで「カンボジア地雷検証ツアー」に参加した人達が、見て聞いてきたカンボジアの地雷問題について報告をするというもの。

実際に自分の目で見てきた人達は、かなり大きなショックを受けたようで、今後この問題解決の為に自分が何をすれば良いのかということの考えが、まだまとまってない人が何人もいたのが印象的だった。

あと綺麗ごとを抜きにして本音を堂々と発表していた人がいて、一番好感が持てた。

世界には、住んでいる家のすぐそばに地雷が沢山埋まっているという場所が未だにあるということは、普通の日本人は知らないことだろう。

そういえば自分が大好きな漫画「ブラックジャック」の中で、地雷の悲惨さが書かれていた物語があったことを思い出した。

ちなみにブラックジャックの作者である手塚治虫さんの息子さんであり映像クリエーターをしている手塚眞さんが、次の寄港地エジプトから水先案内人として乗ってくるようだ。

そして今日、「手塚眞さん映像作品に出演したい人集まれ」という企画も開催されていた。

せっかくなので、自分も応募してみようと思った。

夜は、デッキで「アラビアンナイト」というイベントが開催されていた。

千夜一夜物語の寸劇があったり、ベリーダンスが披露されたりしていた。



ベリーダンスは物凄くレベルが高く、本場のアラビアのダンスを見ているようだった。

しかも踊っていた人は、一般の乗客ということでかなり驚かされた。

最後の方には、ダンスを見に来ていた人達も入り混じって沢山の人達で踊っていた。

アラビアンナイトの後は、スターライトラウンジで行われていた「オセアニック洋上カラオケ歌ひろば♪」というイベントを見てみた。

自分は運動会で声を出しすぎてノドが潰れてしまったので歌わなかったが、かなり盛り上がっていたイベントだった。

船はまもなくスエズ運河を通るということで、26時頃、スエズ運河を通るためのパイロット達が船に乗り込んできた。

その中にはアラブ商人もいて、乗り込んですぐに船の一角で路上販売の準備を始めていた。

路上販売では、色々な種類のエジプトのお土産を販売するようだ。

話には聞いていたが、エジプト商人の凄さを初めて垣間見た。

27時前に部屋に戻り寝たが、カラオケはまだ続いているようだった。

どうやら明日はリフレッシュデーということで、カラオケも遅くまでやっているようだった。

明日はスエズ運河を通過するので、これを見るのが船旅ならではの大きな楽しみということもあり、他のイベントがほとんどないリフレッシュデーにしているようだ。

明日スエズ運河を通ったあとにエジプトに着くということで、今日はアラビアンナイトをはじめアラブに関するイベントが多い一日だった。

あと自分でやったマジックランチも自分にとっては大きな出来事だったかな。

※ピースボートの最新情報や資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。