私は『筋肉番付』に何度か出場していますが、代表的な成績は、↓この2つです。

① サバイバル腕立て伏せ 全国大会:準優勝で、記録は1055回。

マッスルレコード9ミニッツ(9分間腕立て伏せ)全国大会 8位。


①では池谷幸雄さん(オリンピック体操の銀メダリスト)に

②ではケイン・コスギさんにも勝利しています。


↓私です。 増戸 聡司で、ましと さとし と読みます。

THE FINAL PUSHI-UP(サバイバル腕立て伏せ)全国大会

1995年9月(?)に幕張イベントホールで収録

・記録1055回で第2位
・優勝は朝野公平さん 記録1200回
・バルセロナオリンピックの体操 銀メダリストである池谷幸雄さんの記録は、480回で第10位


●解説
・テレビ番組「筋肉番付」の放送が始まって、まだ間もない頃に放送されたもの
・まだストラックアウトで100万円などが始まるずっと前のこと
・ゴールデンタイムで、1時間ずっと腕立て伏せの放送をしていた


筋肉番付3

筋肉番付2

筋肉番付1

THE FINAL PUSHI-UP(サバイバル腕立て伏せ)東北大会

1995年7月か8月(?) 仙台市役所前広場で収録

・記録381回で第2位
・優勝は伊藤忠夫さん 記録385回

クイックマッスル全日本選手権(3分間腕立て伏せ)

1996年 TBSで収録

・トーナメント1回戦で関東代表の加藤さんに負け。記録240回。(最終ランキングでは10位。
・加藤さんは261回。
・トーナメントの優勝者は伊藤忠夫さん。

・最高記録は秋山さんの307回。(のちにSASUKEを初制覇する、「毛ガニの秋山」さん)
・後に「ミスターSASUKE」として有名になる山田勝巳さんも関西代表で出場し、準優勝している

マッスルツアー’96(3分間腕立て伏せ)東北大会

1996年6か7月(?) 岩手県江刺藤原の里で撮影

・記録229回で第2位
・優勝は伊藤忠夫さん 記録251回


●解説
・1996年に、3分間腕立て伏せクイックマッスルがスタート
・全国各地で予選が開催された

MUSCLE RECORD 9ミニッツ(9分間腕立て伏せ)

・記録 397回で8位
・優勝は伊藤忠夫さんで、記録は682回
・2位は山田勝己さんで、記録は644回
・3位は秋山和彦さんで、記録は597回

・後にスポーツマンNo.1決定戦や、リポビタンDのCMで有名になる、ケイン・コスギさんも参加していた。

まだ日本語がたどたどしい頃。ケインさんの記録は274回で11位


●解説
・3分間腕立て伏せを3セットし、合計回数を競うもの(セット間の休憩は1分)
・1997年12月27日の『筋肉番付スペシャル!!』中で放送された
・開通前の東京湾アクアラインで収録
・もし900回を記録すると賞金200万円をもらえる






↓こちらは、私が、腕立て伏せのやり方を紹介している記事で、2019年に作成しました。

腕立て伏せの効果的なやり方を筋肉番付の腕立て準優勝者(記録1055回)で、元ライザップのトレーナーが解説。ベンチプレスよりプッシュアップバーがお勧め!

筋肉番付VOL.1~俺が最強の男だ~(プレイステーションのゲーム) 全国大会

腕立て伏せだけでなく、筋肉番付のゲームでも活躍しました。


2000年2月(?) TBSで収録

・結果は確か5位か6位くらい?
・優勝は小林信一さん。
・エントリー総数1000人以上



●GB版サスケ第2回月間ランキング 1位。
・何年の何月かは不明





私の経歴は、↓こちらをどうぞ。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介



2017年から、全国どこでも出来る【オンラインダイエット】 の指導をしています。


↓オンライン指導を受けた方のビフォア・アフターです。


大手パーソナルトレーニングジムの1割~2割程度の費用で痩せることが出来て、しかもジムに通う必要もなく、リバウンドもしにくいです。

詳細は、↓こちらをどうぞ。

世界中どこでも出来るオンラインダイエット!【ライザップの1割の費用でこの結果】とは?