●期間 4/18〜4/28の10泊11日。

 
●なぜやろうと思ったか? 3つの理由

1 キューバに行く前の4/6から3泊していて、島も宿も気にいってたから。


2 島での生活を経験したいと思ったから。

3 5/2からスタートするアメリカ横断までのお金の節約のため。

 
・この期間で、まだ行ってないメキシコの他の地域や、近隣の国へ行くという選択肢もあったが、上記の理由から総合的に見て、島でのお手伝いさん生活を選んだ。

 
●シェアメシ5回。

・5回のうち3回は、コスメレーニャ名物の伊勢海老と幻のコンク貝。

 

 

・牛タン丸ごと一本を使った焼肉。自分は仙台出身だけど、丸ごと一本ってのは初めて見た!


 

・メキシコ料理&タコパ(タコスパーティー)


   

●海5回
宿から徒歩3分で透明度抜群の海に入れるので、時間がある時に宿のお客さんと一緒に主に海水浴や素潜りを楽しんだ。

 

 
マイ銛(魚を捕るモリ突きの銛ね)を持っていた人もいて、やり方を教わり時々使わせてもらった。

 
また5m〜8m?くらい素潜りをして、貝を拾ったりも。
 

 
↓ここから入ると、三つ星ホテル?、「ホテル バラクーダ」のところからも無料で海に入れて、お勧め。

   
●陸上競技場へ7回

ジョギングで5分くらいの所に、無料で使える運動施設があり、400mトラックもあるので主に朝に通った。

 

 
●サンセットを見る5回

このうち3回は雲が無くて、まん丸の太陽が海に沈んでいた。


 
 

●滞在費
1532ペソで、約9200円。

10泊したので1日辺り920円。

ほぼ全てが食費。

  
宿から透明度抜群の海まで徒歩3分でもちろん無料で入れるし、400mトラックも無料で使えるしで、食費以外にはほぼお金を使わなかった。(床屋の480円くらいかな)

 
*コスメル島へのフェリー代往復の100ペソは含めず。

 
●お手伝いさんの仕事内容

メインは清掃。

他にはベッドメイクや雑用、たまに力仕事も(人による)

 
メインの仕事時間は大体午前11時からスタートで、1時間半〜2時間ほど。

 
午後は何もない日もあれば、30分〜1時間30分ほどの雑用がある日もあった。

 
後半は、何もない日が多かった。

  
●とある1日のタイムスケジュール。(平均的なもの)

5:30 起床。釣りに行く人を見送る。バナナとコーヒー。

7:00 無料の400mトラックでランニング。その後に軽く筋トレ。

8:00 宿に戻りシャワーを浴びてから朝食。

前日のシェアメシの残りと毎朝出るパンを食べる。

 
その後は自由時間で、ネットや読書や会話など。

11:00 宿の清掃開始。

 

13:00 ランチ。(釣りをしてきた人が釣ってきた魚を食べたこともあった。)

14:30 徒歩3分の海で海水浴。素潜りやモリ突きも。

16:30 宿へ戻りシャワー。

17:30 シェアメシの買い出しでスーパーへ。

18:00 みんなで、伊勢海老と幻のコンク貝のシェアメシの準備。

(19:00 海に沈む夕日を見ることもある。)

 

20:30 夕食開始。ビールや、キューバから持ち帰ったハバナクラブを飲んだりも。

24時 就寝。

 
●お手伝いさんの募集

常に募集してるわけではないが、興味がある人はまず1度、普通にお客さんとして泊まりに行ってみて、その時に詳しい話を聞いてみるのが良いと思う。

 
特にゴールデンウィークや年末などは、お手伝いさんが必要な可能性が高いと思う。

 
*泊まる時は、コスメレーニャ名物の伊勢海老とコンク貝を確実に食べるために、最低でも2泊か3泊以上はすることをお勧めする。

 
●まとめ

海が好きな人にとっては、宿から徒歩3分で世界有数の透明度に無料で入れるのは、魅力的過ぎる!

 
海水浴、シュノーケル、素潜り、釣りなどが好きな人には天国のような楽園?のような場所だと思った。

  

沢山の個性的なお客さんとの交流や、シェアメシなども楽しかった(^^)

 
短い期間だけど今回の目的の、島の生活を味わえたし、お金も節約出来たし、更には健康的な生活も送れたしで良かった。