コロナの影響でテレワークが一気に普及し、様々な業種で生活様式の変化が訪れましたが、フィットネス業界・ダイエット業界でも大きな変化が見られました。


今後のコロナ共存時代以降は、ジムに通わずに【正しいダイエット】の指導を受ける人が益々増えていきます。


【正しいダイエット】とは、緊急事態宣言後に広まったリモートでの【運動指導】ではなく、オンラインでの【食事指導】です。


なぜならダイエットには、【食事9割、運動1割】というほど、食事改善の方が圧倒的に重要だからです。


↓このようなタイトルのダイエット本もあります。


私は2013年から約3年間ライザップでトレーナーをして、シンガポール店のオープニングスタッフも務めましたが、

ライザップで痩せるのも【食事9割】と断言できます。


私の詳しい経歴は、↓こちらに載せています。



また以前、コロナ太りに関する記事も書いています。

理由1 ダイエットには食事9割、運動1割

私が2020年5月24日に初めて見たFacebookの広告で、↓このようなものがありました。

「自宅でライザップを体験できる」という【ライザップどこでもプログラム】


これはオンラインで運動指導もありますが、メインは食事指導ですね。



ライザップの第一号店のオープンは2012年ですが、その前にもフィットネスジムはいくらでもありました。

しかしダイエット目的でフィットネスジムに通っても、痩せない人が大多数でした。


ところがライザップでは徹底した食事指導により痩せる人が続出し、テレビCMのインパクトもあって、【ライザップ=ダイエット】というイメージが一気に日本全国に広まりました。


多くの人が間違った認識をしているのは、【パーソナルトレーニング=痩せる】です。

正しくは、【徹底した食事指導=痩せる】です。

マラソン5回で体脂肪1kg減少!?

運動だけで痩せることは、↓このように困難で時間がかかります。

↑左側の上から2番目に
【42.195㎞走って、脂肪は最大0.3kg減少】
と書かれていますね。



また私は2017年から【オンラインだけでのダイエット指導】を始めて、150人程の状況を見てきましたが、

多くの人が運動を一切せずに、しっかりと痩せました。


例えば、↓これらの方が良い例ですね。



運動するとしても、昔からあるビリーズブートキャンプやTRFのダンスや、最近ではYouTubeにあるようなクラップダンスなど、

動画を見て真似をし、屋内で1人で出来る運動だけで充分です。


これまで伝えてきた通り、ダイエットには【食事9割、運動1割】ですからね。

理由2 コロナによりパーソナルジムブーム終焉と原点回帰

運動は、ダイエットへの影響は少ないですが、フィットネスジムの状況をお伝えしておきます。


この記事を書いている前日の2020年5月25日に、全国的に緊急事態の解除が宣言されました。


しかしその数日前の5月22日に東京都が発表した「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」を見て、フィットネス関係者は、愕然としました。


なぜなら、このロードマップはステップ1からステップ3まで、業種や規模によって段階的に解除していくプランなのですが、
ジムは、ライブハウスや接待がある飲食店などと同様に、ステップ3でさえも解除出来ないからです。




いわゆるクラスターが発生した場所ということですね。


5月25日のTBS系列の番組『ゴゴスマ』では、
↓このように【全面解除まで1ヵ月以上かかる見通し】と紹介していました。


となると、早くて6月末か7月からだと思われて、それまではオンラインでの運動指導が続きそうです。

※5月26日の夕方の時点で、【スポーツジムが「ステップ2」に入ることが検討されている】という情報が入ってきました。


しかし、ひとくちにフィットネスジムと言っても、例えば、昔からある総合型フィットネスクラブと、ライザップのような個室でのパーソナルジムとでは感染予防の観点が全く違うので、パーソナルジムの再開は早いと思います。


ただパーソナルジム業界では、コロナが拡大する前からライザップの類似ジムが乱立し、価格競争が激化して、既に閉店するジムも増えていました。


例えば、↓このパーソナルジムも一応はコロナによる破産となっていますが、その前から店舗数は減っていたようです。


そして既にお伝えした通り、ライザップでもオンライン指導を始めているし、他のパーソナルジムでも実施しています。


外出自粛中に、リモートワークで充分なことに気づいた人が多いのと同様に、

ダイエットにもリモートでの主に【食事指導で充分】ということも、徐々に知れわたると思われます。


※追記

ライザップでも、2020年の8月末で、西麻布店や大宮東口店などが閉店するようです。

今後は閉店と統合が加速するかもしれないです。

アスリートやボディビルなどの大会を目指すのでなければ、自宅トレーニングで充分

運動はダイエットには効率が悪いですが、

将来、寝たきりになるのを防いで、健康で長生きするためには重要です。


なお自宅での自重トレーニングだけでも、

↓これらのスクワットと腕立て伏せを、レベル別に段階を踏んでステップアップしていくだけで、充分な筋トレが出来ます。



更に自重トレーニングを極めたいなら、↓こちらの記事がお勧めです。


また「不定期のジムよりも毎日の階段の方が、健康維持にも減量にも効果がある」というユタ大学の研究結果もあります。


そしてテレワークの影響で、都心のビルにオフィスを構えていた企業が、高い賃料を払う必要が無いことに気づいたのと同様に、

パーソナルジムにも高い費用を払って通う必要が無いことに気づく人も、益々増えていくと思います。


今後もパーソナルジムに通い続けるのは、昔のライザップのようにお金に余裕がある人がメインとなり、

また生き残るトレーナーは、専門知識だけでなく人間力が高く、ビジネスの能力もある人だけになっていくと思われます。

理由3 オンライン食事指導をする会社が増えている。選び方は?

私がオンラインダイエットを始めた2017年頃は、まだオンラインで食事指導をメインにしている人や会社は、ほとんどいませんでしたが、

その後は、個人だけでなく、会社としてオンライン食事指導をする所も、少しずつ増えてきました。


費用や、最低の期間、運動指導やサプリの有無など、各社や個人によって内容に差があり、これらが主な判断基準となります。


私は2017年からオンライン指導を始め、3年以上のノウハウもあり指導力には自信がありますが、個人で行っているので一度に指導出来る人数には限りがあります。


特にコロナ自粛後以降は、様々なキーワードで私のブログにたどり着いた方から、数多くの問い合わせをもらい、忙しくなっています。


↑私おオンラインダイエット指導は、モニター料金も含めると1ヵ月で2万円~3.5万円の4種類があります。



他にいくつかのオンラインでの食事指導のサービスを見たところ、↓この辺りが値段も手ごろで、内容も良さそうだと思いました。

楽しくキレイに痩せるダイエット指導【Plez】 総額3万円台~ 全国どこでもOK


プランがいくつかあり、スタンダードなプランの費用だと2ヵ月で39,800円+入会金9,800円です。



逆に、↓この辺りは、2週間で痩せようっていうコンセプトで、リバウンドするリスクも高いし、値段もかなり高いのでお勧めしないですね(^^;)

『2WEEKs』98,000円 2週間

http://2ws.diet/onlinediet/




ちなみに冒頭で紹介した【ライザップどこでもプログラム】は、オンライン運動指導4回で最短2週間で、税抜き49,800円とのことです。

https://www.rizap.jp/contact/cp/onlinesession?rzpid=fb

ライザップなので、強気の値段設定ですね。