‪「コロナのせいで太った」と言う人は収束後も痩せない理由とは?

【元ライザップのトレーナーが解説】

これは、【外出自粛で、自宅にいる時間が長くなった人達】に関してです。

医療従事者や、薬局、スーパーなど、コロナで

忙しくなりすぎた人達には、当てはまりません。


主な2つの理由は、【主体性が無いこと】と、

【痩せる必要が無いこと】です。

私の経歴は、↓こちらです。

「コロナ太りした人」と「健康になった人」の二極化!

2020年12月29日の記事です。↓


↑コロナの影響で、「太った・体重が増えた」という人もいますが、

「健康に投資するようになった」という人も多いです。


嘘のダイエット商法も多いので、

やみくもに「健康へ投資」すれば良い、ということは無いですが、

正しく投資すれば、コロナ前よりも良い体型になることが出来ます。


よくある「○○だけダイエット」では、痩せないので、気をつけてください。

痩せない理由1 主体性が無いから

言い方を変えると、【言い訳体質】や、

【出来ない理由を探す天才】という人です。


このような人は、コロナ収束後には、

↓これらのせいで「太った」と言います。

・収束祝いの飲み会が相次いで・・・
・自粛から解放され旅行で食べ過ぎて・・・
・経済を回して外食三昧で・・・

このような言い訳体質の人は、コロナに関係無く、

いつまで経っても、痩せることは出来ないでしょうね。



大事なことは、主体性を持つことや、

「コントロール出来ること」と「出来ないこと」を区別して、

今出来ることを実行する、ということです。


主体性が無い人は、占いが好きだったり、信じやすい傾向もありますね。

↓【血液型ダイエット】なんかにも騙されないように、気を付けるのが良いと思います。

痩せない理由2 痩せる必要性が低いから

コロナに関係無く、ダイエットが上手くいく人は、

「痩せる必要性」を把握している人です。

「痩せる目的が明確な人」、とも言えます。


ダイエットを成功させたいのなら、

「何のために痩せたいのか?」という目的を、

じっくりと考えてみてください。


その目的が、どのくらい重要か、今やる必要があるのか、

などが、【痩せる人と、痩せない人の差】です。

痩せない理由3 極端なダイエットをするから

例えば、

・ダイエット目的の断食
・糖質カット
・1日1食

などのような、極端なダイエットをしてはいけません。


体重は一時的には、減るでしょうけど、

100%に近い高確率で、リバウンドします。


しかもリバウンドすると、以前より筋肉量が減ってしまい、

代謝も減って、太りやすい体質になってしまいます。


短期集中ダイエットは、習慣が変わらなければリバウンドするだけです。

コロナ太りしない5つの習慣とは?

↓この5つを実践すると、コロナ太りを防ぐことが出来ます。

1 体重を毎日測定する。
2 規則正しい生活をする。
3 ながら食いをやめて、よく噛み味わって食べる。
4 ストレスをためない。
5 良い備蓄品を選び、宅配サービスを利用する。

詳しくは、↓こちらの記事をご覧ください。


この5つの方法を知っても、【主体性が無い人】や、

【痩せる必要性が低い人】は、実行せず、結局は痩せないと思われます。

まとめ

【コロナ太りをしたくない】という気持ちが、少しでもあるのなら、

まずは【主体性を持つこと】と、

【痩せる理由を考えること】から実践してみましょう。




どうしても自力で痩せるのが難しく、

ライザップやジムに通うことを検討していたり、

ダイエットグッズ等で、費用をかけてでも痩せたいという場合は、

オンラインダイエットがお勧めです。


↓私のオンライン指導だけで痩せた方のビフォア・アフターです。

ビフォアアフター

大手パーソナルジムの1割~2割程度の費用で、結果が出ます。


大手ジムの広告よりも、減量のペースは遅いですが、

リバウンドがしにくく、きつくなくて、習慣化もされやすいと思います。


↓詳細は、こちらをご覧ください。


↓Twitterでも、ダイエット情報を日々発信しています。

フォローしてもらうと、真実のダイエット情報を得ることが出来ます。