私は、ピースボートでの世界一周とバックパックでの世界一周を両方とも経験しているので、それぞれの世界一周の違いについてまとめてみました。

●【ピースボートで世界一周×2 のサイトマップ】

●【バックパックで世界3周目のサイトマップ】

詳しい経歴は、↓こちらをご覧ください。

元警察官で、元ライザップ、今は豪華客船のトレーナー。世界一周を3回している「オンラインダイエット指導者」 増戸 聡司(ましと さとし)の経歴・自己紹介



●主な項目は、↓こちらです。
・そもそも世界一周とは?
・主な3つの世界一周のスタイル
・格安20万円! LCCで行く世界一周ツアー ブルゾン&滝アナ
・ピースボートとバックパックでの世界一周の違い
・ピースボートの方がオススメな人
・バックパックの方がオススメな人
・自由度
・時間
・楽しさ
・費用
・学び度
・手軽さ
・安全度
・まとめ&おすすめ

そもそも世界一周とは?

・基本的には、太平洋と大西洋を横断して、地球を一周しスタート地点に戻ってくることです。

・極端な話、例えば日本から西回りでロンドンとニューヨークにだけ行き、また日本に戻ってきても世界一周ではああります。

・短かければ1週間以内でも出来るし、人によっては数年かけて100ヶ国以上を訪れている人もいます。

・興味や予算や時間、スタイルはそれぞれなので、十人十色の世界一周があります。

主な3つの世界一周のスタイル

1 船での世界一周(主にピースボート)

・豪華客船の飛鳥Ⅱも世界一周をしていますが、最近は毎年は実施していないようです。

しかしピースボートは、ほぼ毎年3回の世界一周をしているし、

また費用の面で、多くの人にとって現実的とも言えるので、

代表的な船での世界一周の船旅は、ピースボートでのものと言って良いと思います。

・ピースボートでの世界一周の期間は約3ヶ月半で、乗客は最近は毎回、約900人~1000人ほどです。

・船は世界一周の間に、大抵20~25ヶ所の都市に寄ります。

2 世界一周航空券

・どこの航空連合(スターアライアンスやワンワールドなど)か、

距離やルート、など様々な条件によって値段が変わりますが、

安ければ30万円代からあるようです。

・ビジネスクラスやファーストクラスの世界一周航空券もあり、

それぞれ60万円代や90万円代?などと、あまり高くなくて、かなりお得感があると思います。

・あらかじめ行先を決めておく必要があります。後からの変更も出来ますが手数料がかかります。

・同じ便で、日付だけの変更なら、手数料はかからないようです。

3 主にLCC(&陸路)での世界一周

・スマホで安い航空券の手配が簡単に出来る時代になったので、世界一周航空券よりもこの手段の人が増えていると思います。

・私がバックパッカーでの200日間の世界一周中に会った日本人で、

世界一周航空券を使っている人の割合は、10%以下くらいでした。

・行先をその場その場で決めることが出来るので、自由度が高い。

・LCCの発達により、航空券の費用が直前の予約でも、かなり安くなってきています。

最新情報! HISのLCCでの格安世界一周のツアー

2019年10月1日から、日本テレビ系列のお昼の番組「ヒルナンデス!」で、

【格安20万円! LCCで行く世界一周ツアー ブルゾン&滝アナ】

という企画が連日放送され、10月7日(月)以降も放送が続きます。



これはHISの企画で、全てLCC・格安航空券で行き、

都市やスケジュールが決まっていて、全てパッケージ化することによって、費用を抑えているようです。

HISの地球一周の旅SeasonⅡ が公式サイトです。

↓こちらの文章は、↑この公式サイトからの抜粋です。

地球一周なんて出来るはずがない、と思っていた。

金額を聞くまでは。一カ国よりも地球一周が安い時代が来るなんて!

「ちょっと地球一周行ってきます。」


・・・とのことです。



私もこれまでに世界一周を3度していることから、

多くの人に伝えたいことは、↓この2点です。

・現代の日本に生まれた人なら、ほとんどの人が世界一周の旅ができる。

・世界一周が【一生に一度の夢】という時代は、もう終わった。

HISのメッセージと通じるものもあるかなと、勝手に思って嬉しかったです(^^)

自分の世界一周×2回は、ピースボートの船旅で

私は合計3回の世界一周をしていますが、1回目と2回目はピースボートの船旅によるものです。

●世界1周目:2010年10月から87日間のピースボート71回クルーズ。主に北半球航路。
71回クルーズのサイトマップはこちら。

●世界2周目:2012年12月から102日間のピースボート78回クルーズ。主に南半球航路。
78回クルーズのサイトマップはこちら。

3回目の世界一周は、バックパッカーで

・主にLCCとバスでの世界一周でした。

・合計41ヵ国を訪れたうちの18ヵ国は空路で入国、

21ヵ国がバスで入国、2ヵ国が船で入国でした。

・大まかなルートは事前にはなんとなく考えていただけで、細かい行き先や日程は決めずにその場その場でルートを決めました。

・それなので旅中に、面白そうな場所があるという情報を知って行先を追加したことも何度かあります。

●世界3周目:2016年11月1日から2017年5月19まで200日間のバックパッカーで。

世界3周目のサイトマップはこちら。

↓こちらは3回の世界一周を終えて、私が行ったことがある、73ヶ国と5つの地域を示す地図です。(世界一周以外の旅で訪れた場所も含めています。)



オーストラリアや、アフリカ大陸の中央部、中央アジアなど

まだまだ行ったことがない地域が沢山あることが、あらためてわかりますね。

【ピースボートとバックパックでの世界一周の違い】

このテーマだけで原稿用紙何枚分も書けそうですが、

あまり長くなりすぎないようにまとめてみます。

結論

・それぞれにメリット、デメリットがあるので、各自の個性やスタイル、旅歴、費用、時間などによって選択するのが良いと思います。

ピースボートの方がオススメな人

・1人よりも複数人での行動の方が好きな人

・沢山の人と出会いたい・様々な人の考えを聞きたい人

・バックパックの旅だと語学やコミュニケーションに不安がある人

・旅歴が浅い人

・旅先のことをじっくりと学びたい人

・社会問題を深く学びたい人

・リスクが少なく世界一周をしたい人

・海が好きな人

世界の各地で海の色が違います。↑こちらはイースター島近辺の海です。

↓また船から見る朝日や夕日、マジックアワーも毎日変化して最高でした。



・世界2大運河である、スエズ運河やパナマ運河などを船で通過したい人

パナマ運河を通過することは大イベントで、パナマ運河を作った人達のアイデアと努力に驚かされます。

ピースボート71回クルーズ54日目:パナマ運河通過



・お土産を沢山買いたい人

・スマホやアプリをあまり使いこなせない人

・手軽に世界一周をしたい人

・出来るだけ安く世界一周をしたい人(後述するボランティアスタッフ制度を利用すると格安になります。)

バックパックの方がオススメな人

・旅歴が豊富で、まだ行ったことがない場所にピンポイントで行きたい人

・ひとつの場所に長期滞在したい人

・語学力やコミュニケーション力が優れている人

・1人行動でも寂しさを感じない人

・予定を決めずに気ままに旅をしたい人

・安く世界一周をしたいが、ピースボートのボランティアスタッフをやる時間がない人

・大きな荷物を持っての移動が苦にならない人、荷物がかなり少ない人

自由度

・当然ですがバックパックの方が高いです。

・でもピースボートでも、降りた次の港や、更にもっと先の港で船に合流するまで、

一旦船を離れて内陸部などを旅する【オーバーランドツアー】

という選択肢もあるし、また自由行動で船を離れる、通称 “離脱” をすることも可能です。

・私が乗った71回クルーズの時は、自由行動がしやすいヨーロッパで ”離脱” をしていた人が多かったです。

時間

・バックパックだと、次の行先の宿情報や観光情報、行き方などを毎回調べるのに結構な時間がかかりました。

・船旅だと、自動的に次の寄港地に連れて行ってくれるので、移動中の時間も有効活用できます。

・ピースボートだと1つの国での滞在時間は短いですが、

大抵は港から観光地への距離は近くて、事前準備をする時間もあるので、

効率よく観光が出来ます。

・でも船の中では常に様々なイベントが行われているので、かなり忙しい人もいました。

・バックパックでも、同じ場所に何泊もすれば時間にゆとりは出来ます。

・しかし時間に余裕があると思い、宿で何もせずに無駄に?ゆっくりし過ぎる人もいますね。(いわゆる「沈没」:旅人用語で、ひとつの場所に特に何もせずに長期間滞在すること。)

・何もしないことは、ある意味では贅沢な時間の使い方とも言えるし、日本人には苦手なことでですね。

・でも今は個人的には、そのことにあまり魅力を感じないですが、

ただ、一つの日本人宿などに長くて、面白い旅人が次々に来るような宿で交流を沢山するのは良いと思います。

楽しさ

・個人差はあるでしょうけど、私は一人よりも複数人で行動する方が好きなので、

総合的に見るとピースボートの方が楽しいと思いました。

・バックパックだと観光中や移動中など、一人で寂しい時間が結構ありました。

・特にヨーロッパでは他の地域と違い、現地の人との交流が少ないし、

相手から近づいてくることがほぼ皆無なので、退屈に感じることもあありました。

交流するためには積極性や戦略となります。

・バックパックでは、語学力とコミュニケーション力のレベルによって、楽しさが大幅に違ってきます。

・外国人旅行者や各地のローカルの人とすぐに仲良くなれる語学力やコミュニケーション力、ツールがあれば、バックパックでも最高に楽しめます。

・ツールは、主なものは音楽、ダンス、スポーツなどですね。

他にも何らかの一芸があると良いですね。

・そうでない人は、いかに日本人宿を上手く活用するかがポイントです。。

・私の場合は、語学力やコミュニケーション力はそれほど高くないので、

日本人宿に泊まったインドやヨルダン、イスラエル、メキシコ、キューバなどや、

日本人8人でのアメリカ横断では、より楽しかった傾向が強いです。

・ヨーロッパでは日本人宿に全く泊まらなかったので、

日本人と会ったり一緒に行動したりということは、たまにしかありませんでした。

・日本人宿は、平均的な安宿よりもやや値段が高い傾向がありますが、

もっと頻繁に泊まれば良かったと思います。

・またピースボートに乗ったことを人に話すと、よく

「船の中って退屈じゃないの?」 などと質問されますが、

毎日様々なイベントが開かれているので、逆に忙しいくらいでした。

↓こちらは洋上大運動会の一コマです。



↓またこちらはピースボート78回クルーズで、タヒチのモーレア島に行った時に、船仲間と一緒に朝日を撮ったものです。

▲費用

・バックパックでの世界3周目の費用は、約153万円(仙台から東京までの移動費や、海外旅行保険、予防接種なども含む)でした。

・私が過去に2度ピースボートに乗った時の費用は、↓こちらです。

▲1回目の71回クルーズが約142万円(87日間)

▲2度目の南半球周りの78回クルーズが約180万円(102日間)

(※これらには、仙台から横浜までの交通費やパスポート代など全ての費用を含めています。)

※それぞれの費用の内訳・詳細はこちらで↓

世界3周目のまとめ。バックパッカーでの世界一周の費用編。ピースボートとの比較も。

世界一周の船旅ピースボートの費用・料金(71回クルーズ)

世界一周の船旅・ピースボートの費用・料金(78回クルーズ)



・基本的には、ピースボートの方が費用はかかります。

無料で世界一周が出来る?ボランティアスタッフ制度とは?

しかしピースボートにはボランティアスタッフ制度があり、

乗船前にポスター貼りなどの活動をすることによって基本料金を無料にまですることが可能です。

・早い人だと、2ヶ月程で100万円以上の基本料金を無料にしている人もいるので、

この制度を上手く活用すれば、バックパックよりも安く世界一周が出来ます。

※詳しくは、↓こちらをどうぞ!

無料で世界一周する方法!? ピースボートのボランティアスタッフとは? 通訳スタッフ、カルチャースクール講師などの情報も!

・更に最近は、ピースボートとTABIPPOのコラボ企画で、破格の70万円で船に乗れるというものもある。
(※2018年以降は、すぐに定員になるので、この企画は行われてないです。)

・バックパックの場合は、どれだけ節約するかによって個人差がかなりあります。

主な出費は、宿代、観光代、食費、移動費などです。

・行く地域によっても大幅に変わります。

私が行った場所では、

インド、ネパール、ウクライナ、キューバなどはかなり物価が安かったです。

逆に物価が高かったのは、アイスランド、フィンランド、デンマーク、スイスなどです。

・若者のバックパッカーでは、これでもかというほど節約をする人も時々いますが、

今回、私は特に前半は、観光費に関してはあまり節約しませんでした。

学び度

・ピースボートでは、次の国に着く前に、その国の専門家によるレクチャーなどを聞くことが出来るので、学び度は高いです。

また大抵は、その国の語学講座もあります。

・更には、乗客が900人ほどいるので、他の人の多様な経験や意見を聞くことも出来ます。

・バックパックだと、次の行き先への手配や行き方や宿を調べたりで、

その土地について学ぶ時間が足りませんでした。
(世界一周航空券なら、次の行き先を調べる時間は省けますね。)

↓イースター島に着く前に、イースター島で活躍している方の講座を聞くことが出来ましたた。


↓ブラジルに着く前にあったポルトガル語講座。

手軽さ

・ピースボートだと必要最低限の荷物だけを持って陸に降りて観光することが出来るので、

重たい荷物を持ち運ぶ必要がありません。

また、一度宿について荷物を置いてから観光に行く、ということをする必要もないですね。

・船の部屋で寝ていても、自動的に次の寄港地へ連れていってくれるのが本当に楽です。。

↓世界3周目で行った、エベレストトレッキング中の写真です。


エベレストトレッキングに限らず、バックパックでの世界一周では

荷物の持ち運びがクルーズと比べると、面倒に感じてしまいました。

そしてピースボートでは自分の部屋があるので、お土産を買い放題だったのに対して、

バックパックだとお土産をほとんど買うことはありませんでした。

なぜなら帰国までずっと持っていることは大変だからです。

ちなみに途中の国から郵送で送ることも可能で、

例えばキューバからなら郵送代はかなり安いですが、私はやりませんでした。

安全度

・バックパックでどこに行くかによりますが、

基本的にはピースボートの方が安全度はずっと高いです。

・船では、もし今後の行先で政情不安などが起きると、別の行先に変更されます。

・船旅の方が体調管理も楽です。

・女性でバックパックの1人旅は親に反対されたけど、

ピースボートだと許可が降りたという話も、何度か聞いたことがあります。

まとめ&お勧め

・可能であれば自分のように、

【最初にピースボートに乗って世界を大まかに見て回り、その後にバックパックでピンポイントで行きたいところに行く】

というのが効率が良いのではないかと思います。

・なぜならピースボートに乗ると、旅慣れするし、旅先の情報も入るし、

そして帰国後でも一緒に旅に行けるような友達も沢山出来るからです。

・ちなみにピースボートに乗ると日本全国にも友達が出来るので、

その友達を訪ねて、帰国後に日本一周をする人もいます。

実際に私も、日本一周ではないですが主に西日本周遊旅行に行き、

何人ものピースボート仲間に街を案内してもらったり、家に泊めさせてもらったりしました。

逆に私の地元である仙台や、私の家にもこれまでに20人以上ものピースボート仲間が遊びに来てくれています。

このような濃い仲間が沢山出来ることが、ピースボートの最大のメリットと言えると思います。

●ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。



なお前述の、HISのLCCでの格安世界一周のツアーも、ピースボートと同じように、

まず初めに広く浅く巡って、その後に気に行ったところにあらためて行く、

という使い方も、とても良いと思います。

世界3周の写真

↓世界3周目(バックパック)の画像です



↓ピースボート78回クルーズ・南半球航路での画像です

3度の世界一周の代表的な写真

↓71回クルーズでの画像です


●【ピースボートで世界一周×2 のサイトマップ】

●【バックパックで世界3周目のサイトマップ】



↓こちらも私が書いた記事です。 もし転職するなら、是非、世界一周など長期の旅に行きましょう(^^)

転職旅行のすすめ。転職の合間に海外の旅をしてたら世界一周を3回して、元警察官が無職を経て、ライザップのシンガポール店や豪華客船でトレーナーになった話。



※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。


世界4周目!?

2018年からは、豪華客船の中にあるフィットネスジムでのトレーナーの仕事を始めました。

「旅好き」 × 「トレーナー」 = 「豪華客船でのトレーナー」

というのは、自然な流れ? であり、天職かもしれないですね。

船で働いている経験から、↓このような記事も書いています。

豪華客船などクルーズ船で働く人の勤務形態は、旅好きには最高の環境だった!



2020年には豪華客船でのトレーナーとして、世界一周に行く可能性もあります。

そうなると4度目の世界一周で、しかも、これまでとはまた違った世界一周になりそうです。

旅の講演などの実績

これまで、↓こちらのキャリアセミナーで、5ヵ所ほどの高校に行き、旅やキャリアの話をしてきました。

ハーベスト。授業導入型中学・高校向けキャリアセミナー



また2018年には、↓これらのイベント等で、世界一周や旅の話をしました。

・仙台で大人気のゲストハウス「Hostel KIKO」

・TABIPPOの「旅大学」の仙台や盛岡のイベント

・仙台の有名タイ料理屋「サバイ・サバイ」

『OH!バンデス』でも紹介された仙台の新しいゲストハウスKIKOで、世界3周など旅の話をしてきた!



TABIPPO仙台主催の旅大学で岩手県盛岡市に行き、世界3周の話や、世界一周に役立つ方法などの話と観光をしてきた!



【旅飲み@サバイ・サバイ】に参加し、ゲストスピーカーとして世界3周の話をしてきた!

問い合わせ・連絡先

特に、学校、旅行系の会社、団体、などからの依頼をお待ちしています。

★取材・講演・執筆、コンサルティング等の依頼や問い合わせは、こちらへ連絡ください。

satoshi19770604@gmail.com

※Facebookは、本名の増戸 聡司(Satoshi Mashito)でやっています。

Facebookのメッセンジャーでの連絡も可能です。