自分は以前ピースボートに乗客として2度乗ったことがあるが、先日、初めて豪華客船の中にあるフィットネスジムでのトレーナーとして別の船に乗る機会があった。

【ピースボートで世界一周×2 のサイトマップ】

去年、バックパッカーで世界一周中(ピースボートで世界一周を2回した後なので、世界3周目)に、メキシコの日本人宿で会った人が、船で仕事をしている人で、

「勤務スパンは、【4ヵ月働いて2ヵ月休む】 の繰り返しなので、2ヵ月の休みの時によく長期の旅をしている」

と言っていて、これは旅好きには良いなと思ったものだった。

【バックパックで世界3周目のサイトマップ】

そして今回、実際に初めて船で働いてみて、やはり良かったので、

「豪華客船で働く」ということについて、記事にまとめてみた。

今後、仕事を選ぶ学生にはもちろん、転職の可能性がある社会人やフリーランスの人にも役立つ情報です。

↓これらの項目について解説していきます。

・4ヵ月連続勤務で2ヵ月連続休み
・船にはあらゆる職種がある
・代表的な日本船籍は3隻(飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす)
・海外船籍もある(ダイヤモンドプリンセス、ピースボート)
・豪華客船で働くには
・クルーズで働くいは、どんな人が向いているか?

4ヵ月連続勤務で2ヵ月連続休み

今回乗った船で働いている人達も、やはり基本的には

【4ヵ月勤務と2ヵ月休みの繰り返し】

というスパンの勤務スタイルのようだった。

※職種などで違いはあります。

ただ4ヵ月連続で勤務ということは、丸々1日ずっと休みという日は基本的には無いようで、もちろん楽というわけではない。

でも船の中なので、通勤時間は1分~5分くらいだろうし、衣食住は全てそろっている。

そしてやはり2ヵ月連続休みの期間には、長期の旅行が出来るのが大きな魅力である。

例えば南米やアフリカなど遠い所へ行くことも出来るし、または語学留学に行くことも出来る。

これは普通の日本人には出来ないことだからね。

そして普段の仕事中にも、日本各地や世界を周るので(最近の豪華客船は、海外よりも日本を周るクルーズの方が多い傾向があるようだ)、その時に勤務時間でなければ、手軽にショートトリップを楽しむことも出来る。

旅好きな人にとっては、これは最高の環境だと、今回乗船してみてあらためて思った。

今回自分が乗った時は、国内だけでのクルーズだけだったが、夏祭りや花火を見ることが多くて、特に海上で船から見る花火が良かった。

船にはあらゆる職種がある

豪華客船でのクルーズは、例えて言えば、

ホテル(もしくは街)が、そのまま海上を移動しているようなものである。

ということはその中には、航海士や機関士など専門的な仕事だけでなく、あらゆる職種の人がいる、ということである。

ホテルスタッフのような仕事や、レストランの料理人、ウエイターのような仕事、船内で行われるエンターテイメントに関する仕事、ショップスタッフ、自分が今回乗ったようなトレーナー、美容師、保育士、カメラマン、医師、マッサージ師、社交ダンスの先生、マジシャン、ミュージシャンなどのパフォーマー、などがある。

もちろんここに書いていない職種もある。

漫画ワンピースが好きな人は、各キャラクターの船での職種をイメージしてもらうと、種類が多いことがあらためてわかると思う^^



さすがにゾロの剣士はいないが、確かに豪華客船には、コックも音楽家もいるし、チョッパーの医師も、ナミの航海士も、ブルックの船大工のような仕事をしている人もいる(^^)

それなので、商船学校などで専門的な勉強をしていなくても、豪華客船で働ける可能性は多くの人にある。

代表的な日本船籍は3隻

飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす の3隻が代表的な日本船籍である。



先日の熊野大花火では、海上にこの3隻と、更には外国船2隻の計5隻がそろっていて、「圧巻な姿」だと地上から見た方がTwitterで投稿していた。

外国船籍もある

前述の花火の際に来ていた外国船の1つが、ダイヤモンドプリンセス である。

おそらく、こちらも名前は聞いたことがある、という人が多いと思う。

近年は、日本でも豪華客船でのクルーズ人気が高まっているので、外国船籍が日本発着で行うクルーズもかなり増えてきている。

↓2019年には、JTBクルーズでサン・プリセンスによる世界一周チャータークルーズも行われる。

街中でよくポスターを見るピースボート

よく居酒屋や商店街のお店などにポスターが貼られているので、

「存在は知っていて、なんとなく気になってたが、実態は知らない」

という人が多いのがピースボート。

↓こちらは、最近のパンフレットで、2019年4月に出航する101回クルーズのもの。



ピースボートは、これまで紹介してきた豪華客船とは異なった特徴がいくつかある。

世界一周クルーズがメインで、大抵、1年に3回行われている。

日本船籍の豪華客船による世界一周クルーズは、最近は2~3年に1度の頻度でしか行われていない。

普段は、長くても1ヶ月くらいのクルーズで、2泊3日~1週間くらいの期間の、ショートクルーズやミドルクルーズがメインという船が多い。

しかしピースボートでは、世界一周がメインで、その合間にたまに(1年に1~2度くらい)1週間~10日間くらいのショートクルーズを開催している。

自分がピースボートで世界一周したのは2010年と2012年に出航したもので、2018年のゴールデンウイークには初めてショートクルーズに乗船してきた。

5年ぶりにピースボートに乗船したら、食事や設備など色々なことが進化していた!ゴールデンウィーク・ショートクルーズ2018のまとめ



世界一周クルーズに2度乗船した理由は、もちろん「1度目が楽しかったから」というのもあるが、「航路が全く違ったから」という理由が大きい。

ざっくり言うと、1度目が主に北半球を巡る航路で、2度目が主に南半球巡る航路だった。

船が南半球を巡るのは、日本が冬で、南半球が夏の時期なので、寒いのが苦手な人にとっては最高の時期のクルーズである。

ピースボートは、豪華客船での優雅な旅、というより参加型の手作りの旅!?

前述した豪華客船での旅との大きな違いで、「参加型の手作りの旅」という表現がふさわしいと思った。

その最たるものが、自主企画というイベント。

これは乗客の趣味や特技を活かした企画をクルーズ中に開催出来るというもの。

スポーツ系、文科系、音楽系、ダンス系、専門的な講座、○○な人集まれ(地域や世代など)というコミュニティ系、など様々なジャンルの企画が行われている。

また若者が乗船しやすい仕組みとして、↓このようなものもある。

無料で世界一周する方法!? ピースボートのボランティアスタッフ



街中にポスターが沢山貼られている理由は、この仕組みにある。

豪華客船で働くには?

それぞれの豪華客船のサイトに求人情報が載っている。

飛鳥Ⅱの求人

飛鳥Ⅱの運営会社である郵船クルーズ株式会社の採用情報サイト

2018年7月に、ホテルサービススタッフや、美容師・ネイリスト・スパスペシャリストなどの募集が発表されている。

また2020年3月卒業の方が対象で、↓このようなお得な企画もあるようだ。
201811月実施:1dayインターンシップ情報について

停泊中の飛鳥Ⅱに実際に乗船して、働いている方から話を聞けるという貴重な経験が出来るようだ。

にっぽん丸の求人

採用情報【にっぽん丸 公式サイト】|商船三井客船(株)

この記事を書いている2018年8月末現在、航海士の他にも、ホテルサービス部や、専門職としてバーテンダーの求人が載っている。

ぱしふぃっくびいなすの求人

採用情報 | デスクインフォメーション | 「ぱしふぃっく びいなす」

同じく2018年8月末現在、機関士の他に、パティシエ(船内製菓担当)の求人が載っている。

ダイヤモンドプリンセスの求人

採用情報|プリンセス・クルーズ

2018年8月末現在、中途採用で、

レストランスタッフ、エンターテイメントMC、フォトグラファー、フロントスタッフ、販売スタッフ、ナース、セキュリティースタッフ、

などかなり沢山の職種の求人が載っている。

ただし、上記の3隻と違って外国船なので、3隻よりも高い英語力の求められると思われる。

日本船籍でも英語力は必要か?

日本船籍でも、一緒に働くクルーには外国人も多いので、英語力は高ければ高いに越したことはないと思う。

もちろん職種や部署によって、求められる英語力にはかなりの差があり、日常的に英語が必要な部署もあれば、普段は全く使わない部署もあると思う。

ちなみに自分が乗った先日のクルーズでは、外国人クルーの中ではフィリピン人が多かったので、彼らからタガログ語の挨拶を教わり、クルーとのコミュニケーションも積極的にとるようにしていた。

でも、とある部署でタガログ語で挨拶したら、

「俺達はインドネシア人だよ」

と言われて、ピースボートの時に覚えていたインドネシア語で挨拶したら、とても喜ばれたという出来事があった^^

ちなみにインドネシア語の挨拶は、ピースボートにインドネシア人のクルーが多いので覚えていた。

また自分はこれまでに73ヶ国を旅したことがあるが、出来るだけその国の言葉で挨拶くらいは覚えるようにしていた。

挨拶だけでも覚えていると、現地の人とのコミュニケーションがとりやすくなって、旅の面白さが一気に広がるというメリットがあるので、お勧めです。

ピースボートの求人

株式会社ジャパングレイス「ピースボートの船旅を企画・実施する旅行会社」 > 採用情報

ピースボートの旅を実際に運営しているのが株式会社ジャパングレイスである。

2018年8月末現在、陸上社員の求人はあるが、海上社員の求人は無いようだ。

ピースボートには、乗船者が乗組員になるシステムがある!

ピースボートならではの、ちょっと変わった?システムで、

「乗客として1度ピースボートに乗った人が、その後にスタッフになる」

というパターンが非常に多い。

自分が2度乗った時のクルーズの友達で、その後にピースボートのスタッフになり、現在でもスタッフを続けている人が何人かいる。

このシステムだけで求人がほぼまかなえるので、上記のサイトで募集が無かったのだと思われる。

専門職で、船での求人の探し方は?

上記のように各クルーズの直接の求人サイトを見るだけでなく、

例えば美容師なら、

「美容師 船 求人」

などと検索すると、もっと多くの情報を得ることが出来るので、是非やってみてください。

クルーズで働くのに、どんな人が向いているか?

新卒と中途採用で共通して最も大切なことは、乗客にいかに喜んでもらえるか、というおもてなしの精神と、コミュニケーション力、接客対応だと思う。

また中途採用で専門職であれば、もちろんその道のプロフェッショナルであればある程、採用もされやすいと思う。

他にも、乗客だけでなく乗組員(クルー)とのコミュニケーションや、船という閉ざされた空間での生活が大丈夫な性格や性質、ストレス耐性?なども重要だと思う。

またもちろん、船酔いに弱い人は、残念ながら向いていないでしょう。

但し、船酔いは

「初めて乗った時にはしても、その後は体が慣れて一切しなくなる」

という人も多いので、船酔いを1度だけ経験したことがある人でも、すぐにあきらめる必要はないでしょう。



最近、自分は、↓この記事のように、世界3周などの旅の話をする機会が多いので、今後は豪華客船で働くということについても話せるかな。

『OH!バンデス』でも紹介された仙台の新しいゲストハウスKIKOで、世界3周など旅の話をしてきた!



特に参加者に学生や若い社会人が多い場合は、有益な情報だと思う^^

仙台や近辺で、旅の話を聞きたいという方(団体や学校、飲食店なども)がいたら、気軽に連絡をください^^


また自分は、元ライザップのトレーナーであり、他にも『筋肉番付』の腕立て伏せ全国大会準優勝、体重別腕相撲全日本選手権大会優勝、Netflix主催アルティメットビーストマスター日本代表(2017年2月からNetflixで配信)という経歴もあるので、時々ダイエットの講座も行い、↓このような記事も書いています。

【元ライザップトレーナーが語る】「ライザップで成功する人」 と 「ライザップでも失敗する人」 の違いとは?



それなので、ダイエット講座の要望もお待ちしています。

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。