普通の腕立て伏せが出来る人向けの【3種類の腕立て伏せ】の動画を撮ってみた。

22秒の動画です。

↓この3種類の腕立て伏せを2回ずつやっています。
1 ジャンプ腕立て伏せ
2 拍手腕立て伏せ
3 バック拍手腕立て伏せ

普通の腕立て伏せを20回くらい連続で出来る人は、まず1のジャンプ腕立て伏せに挑戦してみてください。

これを20回くらい連続で出来るようになったら、次は2の【拍手腕立て伏せ】に進む、と段階を踏んで徐々にステップアップしていくと、3のやり方も出来るようになります。

ちなみに動画ではやっていないですが、拍手腕立て伏せで、一度のジャンプ中に拍手を2度やる、というやり方もあります。

体の後ろで拍手をする【バック拍手腕立て伏せ】を初めてやる時は結構怖いので、これをやる前に、↑この2回拍手腕立て伏せを出来るようにするのが良いと思います。

片足スクワット

↓これは少し前に公開していた動画。

『プリズナートレーニング』のスクワットのステップ10【片足スクワット】の動画を撮ってみた^^

わずか16秒の動画(^^)

でもこれは『プリズナートレーニング』のスクワットでステップ10になってることからもわかる通り、結構なレベルの難しさなので、これが出来ない人のための、

【一つ前のステップのやり方の動画】

も撮ってあります↓

片足スクワットの一つ前のステップのやり方

これは『プリズナートレーニング』の本に載っているステップ8や9よりも良いやり方だと思います^^

長さは44秒です。



※怪我をしないようにウォーミングアップをしっかりやってから行いましょう。

※出来るだけ反動をつけないでやりましょう。

そして無理しないでやりましょう^^

まずは普通の椅子でやってみて、座る時も立つ時も極力反動をつけずに15回を連続で出来るかどうかが、最初のステップです。

これが出来たら、徐々に低い高さのものでやっていきます。

このやり方で、かなり低い高さからでも10回以上を連続で簡単に出来るようになったら、最初の動画の通常の片足スクワットが出来るようになっています。

片手懸垂

ちなみに↓こちらは、片手懸垂の動画! 長さは21秒です。

自宅トレーニングだけで細マッチョや腹筋女子になれる!

今回紹介したような適切なトレーニングを行えば、自宅トレーニングだけでも細マッチョやくびれ女子になることは充分に可能です!

紹介した3つの腕立て伏せで、3の【バック拍手腕立て伏せ】が出来ないなら、ジムでベンチプレスをやる必要は無いですね(^^;) 

自宅トレーニングで充分です。 

はっきり言って、ジムに通う時間とお金の無駄です( ´∀` )

ジムに通う時間を使って、自宅で腕立て伏せをしましょう。

そしてダイエットが目的なら、むしろトレーニングよりも毎日の食事の方がずっと重要です!

春~夏までに理想の身体になりたい人は、そろそろスタートしないと間に合わないですよ(^^)


今年こそ本気で、「ダイエットを成功したい」 「理想の身体になりたい」、などという方は↓こちらをどうぞ^^ 

【ライザッ〇の内容の8割のことを、ライザッ〇の1割の費用で出来る方法】とは? 

このオンラインダイエットでの成功者の画像が↓こちらです。

単なる元ライザッ●のトレーナーというだけでなく、ライザッ●に入る前からずっとダイエットの研究をしていたからこそ出来る内容です。

そしてオンラインでの指導なので、世界各地どこの人でも可能です。