世界で「KING」と呼ばれる唯一の日本人

先日放送された『アナザースカイ』には体操の内村航平選手が登場し、初の金メダルを取った地であるロンドンをアナザースカイに選んでいた。

内村選手といえば、去年のリオオリンピックでの個人総合2連覇をはじめ、数々の記録を打ち立てている生きる伝説とも言える選手で、世界で「KING」と呼ばれる唯一の日本人だそうだ。



「KING」と呼ばれる所以は、体操競技の2大トップの大会である、オリンピックと世界体操の個人総合種目で、内村選手が出てくる前は3連覇が2人いただけだったのが、



なんと内村選手は8連覇もしたから!



↓とにかく記録が凄すぎる!
・オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。
・世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。
・国内大会ではNHK杯個人総合では9連覇中、全日本選手権個人総合では10連覇中。
・日本で最初のプロ体操選手

内村選手はジムで筋トレをしない

元ライザップのトレーナー & 筋肉番付の腕立て伏せ全国大会で1055回準優勝 & 体重別全日本腕相撲選手権大会で優勝 & アルティメットビーストマスターの日本代表(自分の詳しい経歴はこちらの記事をどうぞ)という目線で番組を見て、最も興味深かったのは

【内村選手は、「基本的にジムで筋トレはしない」】

と、言っていたこと。



またこれまでにもいくつかの番組で、やはりジムでの筋トレはしていないことを話していたようだ。



体操選手がジムで筋トレをしない、ということはなんとなくは知ってたけどね。

自分が通っていた体育大学の仙台大学にも立派なジムがあるのだが、体操部の人達をジムで見ることは一切なかったしね。

ジムで筋トレをしなくても体操選手はみんな物凄い身体をしている!

究極の自重トレーニング【プリズナートレーニング】とは?

自重トレーニングだけで体操選手のような物凄い身体になれるということは、最近、自分も何度かブログに書いている『プリズナートレーニング』という本↓とも関連し、またこの本の説得力を増す情報である。

【究極の自重筋トレ『プリズナー トレーニング』元囚人のコーチが伝授する真の「筋トレ大全」が凄い! Calisthenics(キャリステニクス)とは?】

↓トレーニング系の本コーナーでドンドン専有面積が拡大して、更に人気が高まっていることがうかがえる。


自分は本を読む時に、気になった箇所や大事だと思った部分に付箋を貼るようにしてるのだが、読み終わったら付箋だらけになっていた↓

細マッチョになりたいなら自重トレーニングで充分!?

ライザップで働いていた時にも思っていたが、世の中の男性が最もなりたいという体型は【細マッチョ】だと思う。

一口で【細マッチョ】と言っても、イメージする体型は人によってかなり違うけどね。

しかし体操選手の例を見ていると、適切なトレーニングを行えば自宅でのトレーニングだけでも世間一般の人がなりたいというくらいの【細マッチョ】になら簡単になれる、と言っても過言ではないと思う。

↓ちなみに、『アナザースカイ』での、このジムでの風景は非常に珍しいものである。なぜなら現在、足を怪我していて体操の実践練習があまり出来ないことと、撮影でロンドンにいるが筋力を衰えさせたくないということで、普段は行かないジムに行っているから。

細マッチョになるにはトレーニングに加えて食事も大切!

『プリズナートレーニング』の本で自重トレーニングのことを学んで、更に元ライザップのトレーナーで、シンガポール店や六本木店で勤務していた自分が提供している、

↓こちらの【オンラインでのダイエットコンサルタント】で適切な食事管理をすれば、ジムに通わなくても簡単にダイエットやボディメイクが出来ます(^^)
●【ライザップの内容の8割のことを、ライザップの2割の費用で出来る方法とは?】