2010年10月30日(土)

出航から6日目! ついに最初の寄港地である香港に着く日。

朝6時に起きて自由行動のための準備をしていると、同部屋の友達が「もうすぐ着岸する」とのこと。

すぐにデッキへ行ったら、もうほぼ着岸していた。

漫画ワンピースのように、最初に陸が小さく見えて「島が見えたぞ~!」ってなって、それから少しずつ近づいていくっていうのをやりたかったがね~。

次回からはもっと早起きしようと思った。

船は香港の中心地からちょっと離れた港に着いて、シャトルバスで近くの駅へ。

香港ではツアーはとらずに、船で仲良くなった友達数人で自由行動をする。

その中の一人が、ピースボートとは関係なく香港に来ている友達と待ち合わせをしていて、その人も含めて7人で自由行動をした。

まず地下鉄で中心部へ。

香港

スターオブアベニューで、念願のブルースリー像とも対面したb(・∇・●)

ブルースリー像

その後、どこでお昼ご飯を食べようかと検討した結果、中心部だと面白くなさそうだったので、バスで田舎の方へ行くことに。

25分くらい行ったアバディーンという漁師町のようなとこでバスを降りる。

そこは我々がイメージしている昔ながらの香港の街並みだった!

そして観光客が全くいなく英語も通じないローカルなお店でランチを食べた。

300円くらいで腹一杯になったし味も大満足!

その後、海のあたりをぶらぶらしてたら、200円ちょいで船で一周りできるというのをおばあちゃんが紹介していた。

値段も安かったので乗ってみたら、これがかなり面白かった!

これは松島の遊覧船みたいなものかな。

そして水上レストランを見れたのも良かった!

水上レストランってワンピースでしか見たことなかったし。

またバスでセントラルへ行き、ピークトラムに乗って有名なビクトリアピークへ行こうとしたが、混んでいて40分待ちとのことで予定変更し、中心部の旺角へ。

女人街などでぶらぶらして買い物をする。

ブルースリーのTシャツが何種類もあって、気に入った絵柄のものを買ってみた。

少し値切って400円で、日本でTシャツを買うよりもずっと安かった。

それにしてもこの辺りは人が多すぎで、渋谷とか秋葉原よりも多いのはと思った。

最後に船へのシャトルバスが出る駅での辺りでスーパーや屋台へ。物価が安いのが良い。

船に忘れてきた生活品を香港で買う人も沢山いた。

船に戻り、レストランで夕食をとる。

19時過ぎに船が出航し、外のデッキで「出航しNIGHT」という企画が行われていた。

ビクトリアピークからは百万ドルの夜景を見ることが出来なかったが、船から見る百万ドルの夜景も最高に良かった!

百万ドルの夜景

まだまだ初めましての出会いがあり、色々な人の今日の香港での過ごし方を聞くのも楽しいものだ。

23時30分からは、「時差トーク」という企画があった。

これはテレビ番組の「アメトーク」のようなもので、毎回なんらかのテーマに詳しい人が出演していくことになるようだ。

24時になり、2度目の時差発生で時計を23時に戻す。

これで日本との時差は2時間になった。

まだまだ日本と違いが、それでも少しずつ、そして着実に日本から遠ざかっていく。

次の寄港地はベトナムで、もう明後日には着く。