2月9日(土) 晴れ 78回クルーズ 58日目

6時過ぎに起きデッキへ。

今日もフィヨルド遊覧が続く(^^)

↓地図で見ると、今日もこんな狭い場所を航行している。

そして午前8時頃に、”ピオ11世氷河” という大きな氷河のところにたどり着くんだそうだ^^

↓雲が多いが日差しも少しあって、そんなには寒くない^^

 

 

予定通り8時頃、大きな氷河が見えてきた^^

遠くからだと、まだどのくらい大きいのかがよくわからないが、確かに今までのとは違うようだった^^

普段は入ることが出来ない7階デッキ前方のスペースが開放されていて、人も集まってくる^^

望遠レンズで拡大してみると、やはり今までのものの中で最も大きい氷河のようだ^^

 

↓ “Antarctic(南極)”と書かれている帽子を被っていたので、氷河と一緒に撮ってみる。

もし知らない人にこの写真を見せれば、南極に行ってきたと冗談を言えるかなと思ったので、一応写真を撮っておいた^^

おそらくツアーで南極に行ってきた人なのかな?^^

遠くで見た時はあまりわからなかったが、近づいてくると大きいということがわかってくる^^

 

“パタゴニア・フィヨルド遊覧中” というプレートや、ペンギンの着ぐるみが記念撮影用に用意されていた^^

↓漫画「ワンピース」のTシャツを着て記念撮影。

ワンピースを読んでる人はわかると思うけど、ヒエヒエの実のアイスエイジだね(^^)

1時間ほど停泊し、船は180度ターンする。

そして皆で記念撮影をして、来たルートを引き返す。

 

帰り道では天気も良くなってきて、見事なフィヨルドの景色を楽しむことが出来た^^

エメラルドグリーンの水の色と、青空と雲の素晴らしい景色^^

この絶景に、写真を撮る友達の表情も、今まで見せたことが無いような最高の笑顔になる(^^)

そしてイルカを見ることも出来た^^

71回クルーズでは何度か見ていたが、78回クルーズでは自分は初めて見た^^

まさかこのパタゴニアフィヨルドでイルカを見られるとはね(^^)

午前中は、ほぼずっとデッキでフィヨルドの風景を堪能していた^^

 

その後は日本語教師をやったり、「リサイクルアート」、「ピースボートスタッフ紹介」、「地球小学校」などの企画に参加。

ピースボートのスタッフになっている人は、基本的にはみんな前に我々のように乗客として一度は船に乗ったことがある人ばかりである。

その人が船に乗る前にどんなことをしていて、なぜ船に乗って、なぜその後スタッフになったのか、という話を聞くのも面白いものだ。

 

夕方頃、狭い通路を抜けて、船は完全に太平洋に出たそうだ^^

去年の12月14日に横浜を出航してから約2ヵ月、インド洋、大西洋を渡り、ついに太平洋に戻ってきた^^

もうかなりの道のりを進んできたというのを感じる^^

 

夜は、「キューバの社会主義は生き延びられるか?」、「ラテンアメリカ・パブクイズ」などの企画に参加。

パブクイズというのは、お酒を飲みながらチーム形式でクイズに答えていくというもの。

今回のテーマはラテンアメリカ。

ラテンアメリカという言葉の定義が、なんとなくしか理解していなかったが簡単に言えば中南米という認識で良いかな。

細かく厳密にいえば、もっと複雑になるようだけどね(^^;)

一緒のチームにブラジルの人がいたので、我々一般の日本人よりもかなり沢山のことを知っていて驚いたね^^

彼はブラジル人だからっていうだけでなくて、本当に色々な物事を知っていたのが凄かった^^

自分がいたチームは惜しくも2位だったが、なかなか面白い企画だった^^

 

その後はフリースペースで友達と話をして過ごす。

昨日は天候が良くなかったこともあり、パタゴニアフィヨルドを堪能することは出来なかったが、今日は充分に堪能することが出来て良かった(^^)

氷河も良かったし、エメラルドグリーンの水面を進むフィヨルドの絶景を見ることが出来たのが本当に良かった(^^)

(2013年5月28日記述)