2015年05月22日

ついにシンガポールでも「寄生獣 完結編」が公開されて、早速見てきた!

まずエキストラで自分が参加した場面は、前もって日本の人から聞いてた通りバッチリ映っていた(^^)

場面は警察署で、国村準さんが演じる平間刑事の部下の刑事役で。

国村さんと同じ画面に5秒くらい?、しっかりと画面の中心部に結構大きく映っていた(^^)

映画が始まって44分20秒くらいの所です! お見逃しなく(^^)

それと今回がシンガポールでの映画館デビュー!

日本との違いは↓こんな感じ!

1 自幕が英語と中国語!

↓寄生獣完結編の予告の動画。 これを見るとわかるが、もちろん音声は日本語だが、字幕が2ヶ国語なのは多様性のあるシンガポールならではだと思った!

2 値段が安い!

シンガポールは日本よりも物価が全般的に高いが、映画館の料金はなぜか安い!

クレジットカードなどで支払うとたった7ドル(約630円)だし、現金払いでも9.5ドル(約850円)で見ることが出来る!

日本での割引の日の1000円よりも安いし、英語や中国語の勉強にもなるし、また時々行こうかなと思った(^^)

画像の通り、ドラゴンボールとか日本の映画も少しだけ遅れてどんどんシンガポールに来てるようだしね(^^)

・あと映画についての感想は、原作の設定を多少?変えたり、時間尺の都合で色々と端折っているが、まあ全体的にはよく作られているかなとは思う。

自分は原作の大ファンなので、もちろん原作をまだ読んでない人には、絶対に原作を読むことをお勧めします。

原作を読まないと、寄生獣の本当の面白さ・深さはわからないでしょう(^^)

まあでも、とにかく大ファンの漫画の映画に数秒間だけでも映れたことは本当に嬉しい(^^)

撮影現場では、寄生獣の世界に本当に入り込んだような不思議な感覚もあり、かなり貴重な経験も出来た。

しかも「永遠の0」や「STAND BY MEドラえもん」、「ALWAYS三丁目の夕日」などと同じヒットメーカーの山崎貴監督の作品だし、撮影現場でも今回映った場面で、演技指導も直接されたし^^ (その時は、この人が山崎監督だと気付いていなかったが(^^;)

去年のドラマ「HERO2」での警察官役でのエキストラに続いて、警察官役の1人スピンオフ?も達成出来たし、元警察官ってことを活かして、また何かで警察官役のエキストラをやってみようかなと思う(^^)

「とにかくこの世に生まれたからには、何かひとつ足あとをのこしたい!」 by のび太

●追記 2016年5月6日 映画『寄生獣 完結編』のレンタルが始まったあとに書いた記事↓
元警察官が「寄生獣」と「HERO2」に警察官役のエキストラ出演