この前の土日に、世界一周ピースボート仲間5人で気仙沼に行ってきた。

●過去4回の訪問

自分が気仙沼に行くのは、今回が人生で5回目かな。

震災前に2度訪れていて、特に大島にある「快水浴場百選」にも選ばれている小田の浜海水浴場の海がかなり綺麗だったのを覚えている。

震災後も2度訪れているが、2012年と2013年なので最後に行ってから4年も経つ。

 

●震災の復興状況

・気仙沼の他にも南三陸町や石巻にも行った。

・仮設住宅の次の段階だという、「災害公営住宅」というマンション?があちこちに出来ていたのを今回初めて知った。

・気仙沼と大橋を繋ぐ、気仙沼大島大橋の建設が進んでいることも今回初めて知った。

・土地のかさ上げが4年前よりも大分進んでいて、この前行ったメキシコのピラミッドの遺跡のようだと思った。

 

↑「大分進んでいた」とも言えるが、「4年も経つのにこれしか進んでいないのか」とも言えるかも?

・気仙沼の海に、巨大な防波堤が建設されている最中だったが、なんか違和感がある光景だった。

・震災遺構として残す場所もあれば、残さない場所もあり、自治体や物によって様々なようだった。

 

 

 

・新しい街が出来始めているが、どこも似たような雰囲気で、元々あった「その街らしさ」は失われてしまっているようにも感じた。

↑これは世界各地の途上国に、マックやスタバなどが次々に進出して、その土地らしさが失われていってるのと似てると思った。

・でもこれは単純に良し悪しを測れないことである。

 

●グルメ

・自分はこれまでに73ヶ国に行ってるが、魚介類の美味しさやコスパは日本がNo.1だと思う。

・そして三陸沖は世界三大漁場の一つである。

・その中でも気仙沼港は日本有数の漁港で、カツオ、メカジキ、フカヒレなどは日本一だし、サンマ、エビ、シイラ、ホヤなども日本でトップクラスのようだ。

・今回行った松葉寿司はコスパも良くて、もし東京で食べたら数倍の値段設定だろうなと思った。

・この前アイスランドで食べたサメの肉を発酵させたものは不味かったが、今回食べたサメカツは普通に美味しかった。

 

・アンカーコーヒーという最近何店舗も出来ている人気店の肉も美味しかった。

 

・今、気仙沼で大人気のイチゴたっぷりの「イチゴババロア」も美味しかった。(期間限定で、ちょうどシーズンの終わりだったようだ)

・久しぶりに行った仙台人の大衆食堂、半田屋も良かった。

 

 

●観光

・日本最大級のつつじの群生地という標高711mの徳仙丈山へ行ってきた。

・今回初めてここの存在を知ったが、なかなか良かった。

6/1に朝の情報番組ZIPで「天空のレッドカーペット」として紹介してた。

 

・気仙沼で超人気のゆるキャラ「ホヤぼーや」とツーショットを撮れた。

・2ヶ月ほど前にリニューアルオープンした「南三陸さんさん商店街」にはモアイ関連の商品が沢山あった。

↑これは志津川では1960年に起きたチリ地震のあとからイースター島との交流が始まったからで、イースター島から送られたモアイ像もあった。

↑しかしこれは3.11に流されたが、その後また別のモアイ像がイースター島から送られている。

 

●太平洋を旅したポスト?

●石巻の日和山からの景色

 

●3.11の教訓を活かすために

・東北地方以外の多くの人は、おそらく3.11のことを思い出すのは年に1度だけになってきていて、防災対策の意識が薄れているだろうから、たまには観光や食べ歩きも兼ねて東北地方に来てみては?

 

・時間が無い人は、石巻や気仙沼まで行かなくても、仙台市や近辺でも震災遺構もある。

・例えば仙台市若林区の旧荒浜小学校の一般公開が4月30日から始まっている。↓

【<震災遺構>仙台・旧荒浜小が一般公開】河北新報 20170501

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170501_13005.html

 

●↓ ちょうど、「第30回気仙沼天旗(てんばた)まつり」というイベントが行われていた。

 

「海と生きる」という言葉が印象に残ったので、写真を撮っておいた。