キューバのことを書く前に、まずメキシコのまとめ!

 
今またメキシコに戻ってるけどね。

 

今回の世界3周目で38ヶ国目、人生トータルで71ヶ国目。

●お勧め度 ★★★★★ 星5つ

・新・世界七不思議のチチェンイッツァ

・幻想的な光のカーテンが見られるグランセノーテ

・世界有数のビーチであるカンクン

・世界有数のダイビングやシュノーケルのスポットであるコスメル島

 

など、どれか1つだけでも来る価値があるのに、これらを全てまとめて味わえるというのは素晴らし過ぎる(^^)

 

しかも物価も安いし、日本人宿に行けば情報も入り、一緒に旅する仲間も見つかりやすい。

 

そしてキューバにもすぐ行けるし、事前に最新情報も手に入る。

  

出来ればキューバとセットにして、今すぐ次の旅行先に確定するべきレベル!

●滞在期間と滞在場所

4/2 夜にスペインのマドリッドからカンクンへ。3泊。

4/4 チチェンイッツァ遺跡へ。

4/5 トゥルムという街へ。トゥルム遺跡を見て、1泊。

4/6 グランセノーテへ。フェリーでコスメル島へ。3泊。

4/7 自転車でコスメル島を一周。

4/8 ボートツアーでシュノーケル。

4/9 カンクンに戻り2泊。

4/10 イスラ・ムヘーレスとカンクンのビーチへ。

4/11 午前中のフライトでキューバのハバナへ。

●訪れた主なスポット

▲チチェン・イッツァ

新・世界七不思議の1つ。

(エジプトのピラミッドなどと比べると)見た目の派手さはあまり無いが、マヤ文明の高度な天文学や建築技術などを知ると驚かせられる。

 

▲グランセノーテ

光のカーテンが幻想的で、水の透明度も高過ぎる。

7000もあると言われているセノーテで、最も有名なもの。

 

混み合う前に早い時間に行くのがオススメ。

 

他にも主要なセノーテがいくつかあるが、今回は行かず。

▲コスメル島

「地球の歩き方」によると、コスメル周辺の海の透明度は、普通で30〜40m、良い時には50〜60mにも達する世界有数の透明度とのこと。

 

そのため、ダイビングやシュノーケルをはじめとするマリンスポーツの世界有数のスポット。

 

クルーズ船の寄港回数は、マイアミに次いで世界2位。

 

レンタルのママチャリで約60kmの島を一周し、その間に3箇所の海に入った。

 



日本人宿「カサ・コスメレーニャ」も、世界有数の居心地の良さで延泊。

 

幻のコンク貝と伊勢海老のシェアメシも最高だった。

 

▲カンクンのビーチ

青色のグラディエーションが綺麗過ぎ!

 

ただ外海だから普通に波があるので、水中の透明度は、ラグーンに囲まれているタヒチのモーレア島のビーチ程ではなかったかな。(ピースボートに乗った時に行った。)

 

でも陸から見た海の色の綺麗さは、今まで色々見た中で一番美しい。

▲トゥルム遺跡

カリビアンブルーのビーチと、マヤ遺跡を同時に見られる場所で、チチェンイッツァよりも見栄えが良い。

 

ヤシの実とマヤ遺跡のコラボも絵になる。

 

▲イスラ・ムヘーレス(島)

島に渡るフェリーから見る海の色が、カンクンビーチとはまた違った綺麗さで良かった!

 

今回はビーチで泳いだだけだが、シュノーケルやダイビングの良いスポットがあるとのこと。

 

ビーチや島は、カンクンよりも人が少なくのんびりした感じで、ゆっくりしたい人に良さそう。

●今回は行かなかった主なスポット

▲ピンクレイク

ピンク色のラグーン?に、空が反射する景色が見られるらしい。
日帰りするには早朝に出発する必要があり、朝3:30のバスに乗ってまでは、行こうとは思わなかった。

 

朝6時や7時代のバスで行けるという情報もあったが、若干の不確かさがあった。

 

レンタカーで行くことも可能だが、メキシコでのレンタカーは、警察がレンタカーを狙って言い掛かりをつけてきやすいなど、あまりオススメでは無いとのこと。

 

▲ジンベエザメ・シュノーケルツアー

主に6月〜8月にカンクンから出てるツアーだそうだ。

 

自分が去年1ヶ月滞在したフィリピンのセブ島でも、ジンベエザメとのシュノーケルをやれるけどね。

 

 

●メキシコの物価

カンクンはリゾート地で、ホテルゾーンはなにかと高いと思うが、ダウンタウンの物価は日本よりだいぶ安い。

 

・宿

カンクンでは日本人宿「ロサスシエテ」のドミトリーに泊まり、1泊約10米ドル。

  

もう1つの日本人宿で、1泊12ドルの「カサ吉田」という宿もある。

 

日本人宿でない安い宿でも、1泊10ドルくらいするようなので、キューバ情報も豊富な日本人宿に泊まった。

 

実際に、キューバ帰りの人や、これからキューバに行くという人が何人もいた。

 

・スーパー

全般的に日本や西ヨーロッパよりも安い。

ヨーグルト1kgで120円、ツナ缶40円などは安くてよく食べてた。

●かかった費用

9泊の合計が約35,309円。

1日辺りにすると、3,923円。

 

↑これには、メキシコへの出入国の費用は含めていない。

 

スペインのマドリードからカンクンへは35,290円、カンクンからキューバへは往復で25,030円だった。

 

・観光費は、チチェンイッツァには宿で手配している安いツアー(35USドル)で行き、コスメル島でのシュノーケルもボートツアー(57USドル)に参加したが、そんなに高くはない。

 

・交通費もコレクティーボ(乗り合いバス)を使うと安い。

 

カンクンとプラヤデルカルメン間が片道38ペソ(約228円。所要時間1時間強)で、プラヤデルカルメンとトゥルム間が片道45ペソ(約270円、所要時間1時間弱)。

 

プラヤデルカルメンからコスメル島へのフェリー代も往復で1000円以下と安い。(所要時間40分)

●メキシコの食べ物

屋台のタコスは何度か食べた。

 

チチェンイッツァへのツアーで食べた、ビュッフェランチのタコスが絶品だった。

 

 

コスメル島の日本人宿「カサ・コスメレーニャ」の伊勢海老と幻のコンク貝は絶品でコスパも最高!

 

スーパーで買った緑色のチョリソーや、屋台のトウモロコシ系の食べ物なども食べたが、そこそこの味か。

 

 

・メキシコ伝統料理はユネスコの「無形文化遺産」にも登録されてるが、そういえばまともにレストランに行ってない( ͡° ͜ʖ ͡°)

●メキシコの言葉

観光に関しては、英語だけでもほぼ大丈夫。

 

もちろんスペイン語も、挨拶や数学などだけでも覚えておくと尚楽しめる。

 

●治安

メキシコの中では、かなり治安が良い。

 

でも時々は、なにかと日本人も被害にあってるようなので、もちろん用心は必要。

●メキシコの天候

四月上旬は、毎日の最高気温が28度前後、最低気温が22度前後くらい。

 

ヨーロッパから来たので暑く感じたが、東京の夏ほどは暑くなくて過ごしやすい。

●メキシコのその他の情報

・肥満率が世界一!

テレビなどで聞いてはいたが、実際に来てみたら、太っている人の割合が本当に多過ぎると思った。

 

・他の都市

今回自分は、他の都市に行くとしたら首都のメキシコシティくらいだが、その他にも見所の都市が色々とあるようだ。

 

ちなみにメキシコには世界遺産が34箇所もある。

 

日本の約5倍の国土で、海(太平洋側、カリブ海側)、砂漠、高原、熱帯雨林など様々な気候の場所がある。

 

ちょっと面白い系では、メキシコの有名なお酒テキーラの生産地であるテキーラという都市や、チワワ州の州都チワワ、タバスコ州という場所なんかもある。

 

ちなみにもし自分がメキシコシティに行ったら、ティオティワカン遺跡と、ルチャリブレ(伝統的なメキシコのプロレス)が楽しみ(^^)

 

またピースボートが時々寄港するアカプルコにも支倉常長の銅像がある。

 

・コンビニが多く、24時間営業のスーパーなどもある。

●まとめ

最初の「お勧め度」で書いた通り、超お勧めの国・地域!

 

もし冬に旅をするなら、自分が行った冬のヨーロッパよりもカンクン周辺の方がずっと良いのでは?と思ったりもした(^^)

(アイスランドは氷の洞窟やオーロラがあるので、冬に行くのが特にお勧めだけどね)

 

↓その他の写真


  

↓コスメル島の港の近くで見た。ピースボートも寄港した事があるんだろうね。


 

◾️↓コメント欄の下にあるプロフィール欄に、「世界一周ブログランキング」のバナーとリンクがあるので、1日1回クリックしてもらえるとランキングが上がって嬉しいです(^^)