ベラルーシへのビザ無しでの入国は、約1ヵ月前の2月12日から可能になったばかり。

 
しかし、いくつかの条件がある。

 
それは、出入国日を含めて5日間以内の滞在で空路に限る、など。

 
ネットだと

 
「今度ビザ無し入国が解禁されることになった。」

 

という少し前の情報ばかりで、

「実際に入国した」、

 
という実体験の情報は見つからなかった。

 
今回は実際にビザ無しで入国出来たので、詳しく書いておく(^^)

 

ウクライナのリヴィウ空港からのフライトで、ベラルーシの首都ミンスクへ着いた。

 
入国手続きの列の進み具合は、イギリス入国より少しマシな程度で、なかなか遅い。

 
自分の番になり、

「海外旅行保険に入ってるか? それなら見せて。」

 
と言われる。

 
旅行保険に加入している必要があることは、駐日ベラルーシ大使館のサイトの「ビザなしの5日間システム」というページ↓を見て知っていたので、準備していたスマホの画面メモで見せる。


しかしここで問題が!

名前はアルファベットで書かれているので良かったが、行き先が日本語で「ヨーロッパ」と書かれていた。

 
英語でないから、これではダメだってΣ(゚Д゚)

 
翻訳アプリで、「ヨーロッパ」ってのを見せてもダメだった。

 
仕方なく、すぐそばにある保険加入手続きのブースへ。

 
自分は3日間のみの滞在なので、費用は4ユーロだった。

 
少額だからまだ良いけど、入国するのに海外旅行保険の加入が必須っていう国は、今まで聞いたことがないし、国の小遣い稼ぎのための制度なのか? と卑屈になってしまうね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 (*後から知ったけど、自分がまだ行ってないイランやキューバでも必要で、海外でビザを取得する場合はロシアでも必要とのことです。)

 
で、また並んでカウンターへ行ったら、無事に入国出来た。

 
入国管理官に、「今回は並ばなくて良いって、言ったじゃん」

って言われたが、翻訳アプリで見せてもダメだったショックで、そんなの言われたこと覚えてないし( ͡° ͜ʖ ͡°) 

 
まあ無事に入国出来たからオッケーだけど(^^)

 

ちなみによくある、来た目的とか、宿泊先など、他には何も質問されなかった。

出国のフライトの予約票を見せてくれ、とかも一切無し。

 

まあ入国カードに書いてた通りだしね。

ベラルーシの場所はここ↓

 

今回の旅で30ヶ国目、人生のトータルで64ヶ国目!

 

●空港から街へ。

某ガイドブック情報だと300番のバスで行くと書かれていた。

でも空港の自販機に券売機があって、タクシーの他には「直通バス」と、「バス&電車」の2択があるようだった。

(シャトルバス的な車も見たけど、これはよくわからず。)

 
移動にかかる時間は10分も変わらないので、安い方の「バス&電車」のチケットを買って乗り場へ。

 
そしたら次のバスの出発は、約2時間後だってΣ(゚Д゚)


去年の4月に宮古島に行った時も、空港からのバスの本数が少な過ぎだったのを思いだした。

 
その時は、歩いて街に向かって、ヒッチハイクしたらすぐに上手くいったけどね( ͡° ͜ʖ ͡°)  

 
で直通バスの時間を調べたら、約1時間後と判明。


この時はまだ17時過ぎで外も明るくて、出来るだけ暗くなる前に着きたかったので直通バスのチケットを買いなおした。

 
空港のWiFiも使えなかった(表示はあったけど)から、2時間待つのも嫌だったしね。

 
なので最初に買ったバス&電車のチケットが無駄になってしまった!

 
日本円で、約140円だけどね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 
保険の4ユーロもだけど、ボクシングのジャブのようにジワジワと体力を削られた感じの入国だった。

 
今日からベラルーシに2泊して、その後はリトアニアに行く予定(^^)

 
※そういえばウクライナのリヴィウで、街から飛行場までのバス代は、昨日教わった通り2フリヴニャ(8.5円)で、本当に激安だった( ´∀`)
●「世界一周ブログランキング」に登録しているのですが、なぜかスマホからだとこの記事に投票ボタンを設定出来ないので、お手数ですがトップページからクリックしてもらえると嬉しいです(^^)