2010年12月5日(日)晴れ

今日は12ヶ所目の寄港地、ラスパルマスへ着く。

ラスパルマスは、スペイン領カナリア諸島のグラン・カナリア島にある都市の名前。

スペインにはこの前行ってるので12ヵ国目ではなく、12ヶ所目となる。

着岸予定時間は、朝の7時30分。

ラスパルマスの存在はこの旅で初めて聞いたし、ガイドブックにもほとんど情報が載ってなかったので、どんなところなのかが良くわからなかった。

常春

ガイドブックによると、ここは「常春の楽園」だそうだ!

「常夏の楽園」という言葉はよく聞くが、常春というのは初めて聞いた!

世界には本当に色々な場所があり、まだまだ知らないことが多いものだね。

デッキから見た街の明かりは思ったよりも多くて、想像していたよりもずっと都会なのかなと思った。

今回は自分はオプショナルツアーではないが、スキューバダイビングをするグループに加わった。

スキューバダイビングの経験はまったく無かったが、初めての人でも体験コースというのを出来るとのことだった。

ダイビングショップに行き手続きをしてから、車で30分くらい移動してダイビングスポットに着く。

ダイビング初体験の人は20人くらいいて、5人ずつ海に入ることになった。

体験コースの人は、耳抜きというのさえ出来ればインストラクターが引っ張って行ってくれるので、自分は何もしないでも海に潜ることが出来た。

ダイビング

海の透明度も高かったし、ウニやタコなどの知ってる生き物から名前を知らない魚まで、沢山の生物を見ることが出来て良かった。

3~4年前にドミニカでシュノーケリングをやったことがあるが、その時と同じかそれ以上に綺麗だった(≧▼≦)

あと3日前の天気予報だと今日は雨の予報だったのだが、良い方に外れて見事に晴れていたのも良かった(*^□^*)

ダイビングをやったあとは、普通に泳いで遊んだ。

ダイビングの機材が無くても、ちょっと潜って貝を採ったりして充分に遊ぶことが出来る。

ダイビングのあとは街に戻る。

戻る途中の車から見た虹が綺麗だった。

水平線に両端が付いている虹や、二重になっている虹が見えたりした。

虹

ラスパルマスでは虹がよく見えるようで、それぞれのツアーに参加していた人は、それぞれの場所から綺麗な虹を沢山見たと言っていた。

↓これは友達が撮ったもので、ピースボートと虹が一緒に写っているかなり良い写真!

虹とピースボート

街に戻ってからは、ショッピングセンターやスーパーマーケットで買い物をして過ごす。

ユーロを使うのも今日が最後のようなので、余った小銭も使った。

船に戻ってから出航式があった。

このラスパルマスで降りて日本に戻る友達がいたので、皆で見送る。

出航式のあとは洋上居酒屋波へいで、今日一緒にダイビングをした人達とのダイバー飲み会に参加した。

さすがに皆、昼間のダイビングの疲れが残っていたのか、珍しく早い時間に解散になった。

今日はダイビング以外は、あまり何もしなかったが楽しい一日だった。

他の人達は、ラスパルマスで有名な砂丘を見たっていう人や、トレッキングをしたっていう人が多かったかな。

今日でヨーロッパが最後になり、これから大西洋を横断して8日後に次の寄港地ドミニカ共和国を目指す。

※ピースボートの資料請求は、↓こちらの公式サイトからどうぞ(無料)。